2012年05月29日

仙台へ行く (名取から仙台空港へ-津浪の跡)


仙台へ行く

(名取から仙台空港へ-津浪の跡)

natukiii11.jpg

statinonend1111.jpg

夏菊や六号線を走りぬく


空港に海風吹くや夏着かな


夏の海飛行機飛びたつ外国へ


涼しさや中庭の花風にゆる


中庭の夏菊ゆれて喫茶店


ルピナスの中庭に咲く都会かな


仙台や木蔭に鳩や青葉かな


仙台の若葉や長く影なして風にそよぎて我が歩みけり


新しき本三冊ほど我が買いて青葉の影の通りゆくかな


仙台の喫茶店に休み鳩あゆみ青葉の写る窓の広しも

nakaniwahana1111.jpg
クリック拡大

今日仙台に行く途中、名取から仙台空港に津浪の跡を見に行った。空港線にのるのは初めてだった。仙台空港は海がすぐ近くで見えていた。あんなに近いと思わなかった。結構離れていたと思っていた。すぐ海が近くであり松林があり貞山堀が見える。そこはみな津浪で流された。大量の松も流された。松林になっていると海はみえにくくなる。でもあそこは高いから海が見える。
ともかくテレビだけごと必ず錯覚を生んでいるのだ。だから実地にその現場に立たないと見えないのである。津浪も現場に立ってみることである。そこで人間の五感が働き納得する。テレビの画面からだと何か錯覚を生んでいる。あれだけ海が近いとするともっと被害が大きくても不思議ではない、
自動車とか飛行機が流されたけど空港の建物自体は大きいから二階に逃げれば助かった。
それにしてもあんなに近いとは思わなかった。

仙台の空港からは沖縄に行っただけである。外国には行っていない、二三万高くつく、でも電車のことを入れればほぼ同じだったのである。名取の市街から仙台の方を見たら名取と仙台はつながっていた。もう完全に仙台圏内でありびっしりと家がたてこんでいる。あれを見たらあそこには住みたくないと思った。家がふえすぎたのである。仙台はさらに家が集中してくる。

仙台の駅前の中庭のあるところはいい、いかにも都会らしいくつろぎの空間を演出している。
やはり仙台には一か月に一回くらいは来るべきである。ただバスで二回のりかえたり今は二時間以上かかる。何か不便になってしまったのである。青葉の季節であり本を買ったりと買い物をした。

 
 

2012年07月07日

夏の日の松島の旅(俳句-短歌-詩) (松島の歴史は奥深い-中世に3000人の僧が修行していた聖地?)


夏の日の松島の旅(俳句-短歌-詩)

(松島の歴史は奥深い-中世に3000人の僧が修行していた聖地?)

futagoshima111111.jpg

horayottu.jpg


クリック拡大!

linegreeeeen1.jpg

夏菊の窓一杯やバスの旅
夏菊や波光りよす朝の海
草原のかなたに光る夏の海
夏鶯松島湾の光るかな
苔むして岩屋の涼し松の影
夏の日に修行の僧の雄島かな
夏日さし杉木立の道苔映えぬ
松島の木蔭の深く板碑かな
四つの洞風の通りて涼しかな
外洋の風に夏日さし仁王島
船を追う夏の光に鴎かな
目印の山の遠きも夏の海

島いくつ浮かびし影や夏の月

itahiiiii11111.jpg

linewaves66666.jpg



砂浜に波よせひびき夏の日や雄島によりて遠き島見ゆ

亀島と鯨島かなのびやかに夏の波光り双子島見ゆ
早世の若君惜しみ建てにける青葉に映える御霊屋に来ぬ
月光りたゆとう波に松島の島影浮かぶ夏の夜の夢

仙台の青葉にそよぐ夕風や若き等ととも歩み帰りぬ

shimatukiku11111.jpg

linewaves11111122222.jpg



夏日松島


松島湾巡船
波揺光海鴎
瑞巌寺門入
杉木立影深
青苔夏日射
岩屋洞古墓


zuigannjiiii1111.jpg

雄島の松陰


穢土厭離欣求浄土 生死無常自証悟得


松島の岩窟に老僧一人
瞑目深く岩により
松風鳴りて煩悩を払わむ
身を浄めつつ祈りける
松清くして波静かなり
浄土夢見てここに朽ちなむ
松島に人は死なむと
遠き世の人の思いの
ここにこもりて深し
我の齢も尽きなむや
身を清くして仏を待たむ
来迎の島にして聖なりや
一場の夢の世は離るべしかな
波に静かにゆられにつ
鴨はよりあふ友なれや
月さし明るし松影に
眠れる魂の安からむ
津浪にも残れる松や
苔むしにつつ石の仏は古りぬ

ojimanatu1111.jpg
クリック拡大!

linewaves11111133333.jpg


昨日は仙台から松島に行った。電車で相馬まで行きここで15分くらいまって亘理まで行きまた電車にのりかえてと前よりは一時間以上時間がかかるからめんどうになったことと一日しか出かけられないから宮城県が行くのにはいい。仙台で買い物するのも楽しみである。松島に最近歴史的に興味をもった。そもそも松島のはじまりは古く中世であり鎌倉時代前から天台宗の寺があり3000人の衆徒が集ったという、供養の板碑も実に古い中世のものである。それが頼朝が平泉をせめてきたときここも滅ぼされたという、ここまで頼朝の影響があったのかと思った。つまり松島というと伊達政宗しか思いつかないのが普通である。ところがこれだけで松島を語ることは本当の松島を知ることにはならない、松島は相当に奥深い歴史がありそれを知らないと松島は知り得ない、自然的に風光明媚というだけではない、そこにはもっと奥深いもの霊場としての松島がありその証拠が岩窟で修行した天台宗の僧とかこの聖地で死にたいと集まって来た僧たちだったのである。ここにはだから雄島でも死体が骨となってたくさん散らばっていたというときまた発掘されるというときそれを物語っている。


見仏聖人とか言う人もいたことでもわかる。松島というのも今という時間しか見ていない、そして観光というだけで来ている。ところがここはもともと聖地であり祈りの場所でありあまたの僧がここで浄土を願い死んだのである。松島は特に中世からそういう場所として選ばれた。それだけ美しい場所だったためである。なぜ今そういうことが閑却されるか見えてこないかというと仙台の市街から近く住宅街が迫っていてそういう霊場とかの感覚にならない、気楽に観光に息抜きにアベックが行く所でもある。そういうふうに今はすべてが観光地化してしまったからそこが歴史的にどういう意味をもっていたかわからなくなっているのだ。そして観光地で浮かれて遊んで終わるだけになってしまう。それはそれでいいとしてやはり自然と歴史の奥義を究めることがそこに長く住んでいれば必要になってくる。

近くであればそれかできるがまた近くであるが故に見逃すこともありうる。灯台下暗しになるのだ。松島は今回の津浪で被害をまねがれたのは幸運だった。松もほとんど倒れていない、そして福島県から浜通りまで一つの海岸地帯で津浪の被害を受けて海沿いは一つの文化圏を共有している地帯だとも思った。福島県から宮城県から岩手県の津浪に被害にあった所が一つの地理的一体感を感じたのである。福島県では会津とは地理的一体感が感じられない、宮城県の海沿いの方が地理的一体感を感じる場所だったのである。仙台に頻繁に行くし通勤圏にさえなっているから余計にそうだった。
だから宮城県と福島県の歴史はクロスするし重複して見ることができる。これは山形県も岩手県もそうである。この辺を詳しく調べれば遠くに旅に行かなくても一つの世界としてみることができる。


この三つの県でも全体を歴史的地理的にみることはむずかしいのだ。これは地理に精通して全体的俯瞰的にみることがむずかしいのである。歴史になると古代から中世から江戸時代とさらに通観することはむずかしくなる。だから松島が聖地だということも鎌倉時代前から3千人もの僧が集まっていたなど知らなかったのである。その跡に瑞巌寺が建てられた。それは禅宗の寺だった。ただ伊達政宗の時代になると伊達政宗の菩提寺の性格が強くなり見張塔やら墓でも華やかな墓が御霊屋があり伊達政宗をお参りしている感覚になる。とてもここが寺なのかと思ってしまう。伊達政宗にお参りしている感覚になるのだ。江戸時代までは寺は武家に所属する菩提寺だったからそうなる。でも本来の宗教の場ではなくなっている。そういう矛盾も内包している複雑な場なのだ。そういうふうに歴史が積み重なっている場なのである。これはヨ-ロッパのロ-マとかどこの都市でもそうだがにている。ロ-マ時代からの歴史が重層的になっているのがヨ-ロッパである。20歳で急逝した期待された若君が死んだ御霊屋は実に立派であった。そこにはフィレンツの花の水仙とロ-マの花の薔薇が描かれていたのも
ヨ-ロッパ的である。これは支倉常長の影響だったとかヨ-ロッパ式になっているのだ。それでバラの園を裏の方に作っていた。これも寺としては変わっている。それなりに歴史があって作ったのである。

伊達政宗は京都の伏見で愛姫が暮らしていたし伏見城がある所で秀吉に仕えていた。政宗は仙台より京都の秀吉の伏見城で伊達屋敷をもち長くそこにも住んでいた。最上氏も伊達と並んで屋敷をもく地名として残っている。そういう歴史も興味深い、政宗はそうして全国的に活躍して世界的にも視野をもちヨ-ロッパのロ-マにも使者を派遣した世界的視野をもった英傑だったのである。ただ政宗が死んで殉死者が七人いて円通寺にその墓がある。こういうことでも政宗は信長と同じく神のごとくなっていた。信長は部下に殺されたけど政宗はそうではなかった。70歳とか生きたのである。ただ瑞巌寺でも円通寺でもそこは伊達政宗にお参りするのであり仏教の寺とは感じられなくなる。中世は霊場であり聖地であったから歴史を知れば違和感を感じるのだ。伊達政宗をお参りして成仏するということはないだろう。でも政宗が寺の御本尊のようにありその妻の愛姫も子の御霊屋もそうなのである。
ここはもともと霊場であり聖地だったとするとき


linewaves11111.jpg

 松島で死ぬ人もあり冬籠(ふゆごもり)


この蕪村(六十七歳の時の作)の句は、「松島で古人となる歟(か)年の暮」
と同一時の作とされている。『蕪村全集一』の解によれば、「風流行脚の途
次、松島で死の本懐をとげる人もある。そんなうらやましい人のことを心に
思いながら、自分はぐうたらと火燵行脚の冬ごもりを極め込んでいる」とあ
る。


これは蕪村が松島の歴史を中世までさかのぼる霊場として僧が修行して死んだことを知っているからこの句を作った。もし知らなければ何の意味かもわからない。松島は死に場所としてもいい霊場として知られていたのである。松島で死ぬということは幸せなことだった。風光明媚な地で成仏することだった。でも芭蕉も蕪村も一回しかこれなかったのである。そこに現代との差があった。
ともかく歴史を知らなければこの句の意味もわからないのである。俳句短歌でも歴史を知らないと深く鑑賞できないのである。


次は円通寺の庭の俳句です


 

2012年07月31日

松島の円通寺の枯山水の庭(夏の俳句十句)


松島の円通寺の枯山水の庭
(夏の俳句十句)

ishibashi1111.jpg

ksredsnnssui2222.jpg

machiya111111.jpg

ikeayame111111.jpg


(円通寺)


石橋や夏の日さして枯山水
石橋に木蔭の深く枯山水

石一つ日陰の覆い枯山水
御仏や睡蓮菖蒲池の前
池写る菖蒲一本奥の庭
蕗の葉に孟宗竹や夏日射す
青色の涼しき花に岩屋かな

苔の道木蔭の深く待屋かな

影なして色合い深む種々の薔薇
御霊屋に薔薇の絵残り青葉かな


fukitake111.jpg

iwayahana22222222.jpg

otamayayaya1111.jpg

クリック拡大!

円通寺の庭は枯山水である。松島を模したというが川が流れているように見える。海とは見えにくい。枯山水は自然をそのまま模したのとは違う、抽象画的側面がある。川にも見えるし海にも見えるとかなる。石橋がポイントとなっている。あの石橋をわたった向こう側が何か別な世界がある感じになる。そういう場面があった。奥深く川が流れ丸木橋を籠を背負い渡ってくる人がいた。それは隠されるようにあった。キクザキイチゲの花が咲き春だった。川せみが飛んできたりしていた。それは宮城県であり仙台の近くでもあった。石橋にはそうした日本的風景をイメ−ジする。日本の橋は短い、小さい橋が多いからだ。


この円通寺にはいろいろ見るものがある。


19歳で早世した伊達光宗の菩提寺であり、光宗の霊廟である三慧殿が「圓通院霊屋」の名で国の重要文化財に指定されている。光宗は仙台藩第2代藩主・伊達忠宗の次男であり、仙台藩祖・伊達政宗からみると孫にあたる。
三慧殿の厨子には、慶長遣欧使節を率いた支倉常長が西洋から持ち帰ったバラと、フィレンツェを象徴する水仙が描かれている。


それでバラ園が作られている。和風の庭にバラ園があるのはそのためである。ただ伊達政宗の霊廟であり政宗にお参りしているような気分になる。瑞巌寺もそうであり寺と僧は政宗に付属した存在だった。武家に付属したのが寺と僧になっていたのだ。結局歴史的には武士道が社会のモラルとなり寺や僧は武士の菩提寺となり脇役となったことは松島の瑞巌寺一帯は示している。戒名でも院とか名づけられたのは武士であり武士の墓は立派であり庶民は墓も建てられなかった。ただ豊になったとき俺も墓を作ってみようかと姓と名前の記した墓がわずかに残っている。それは個人墓なのである。次に夫婦墓となり家族墓となった。戒名もなかった庶民が戒名をつけるようになったのは武士に習ったのである。日本人のモラルは江戸時代は武士道であり寺や僧にはない、戸籍の管理の役所みたくなっていたのである。江戸時代はそういう時代であり中世とは違い宗教は武家に管理された役所化したのである。あそこに政宗が死んで七人の殉死の五輪塔が苔むしているのもやはり政宗が神格化していたのである。

岩屋に青い花が咲いていたけどなんという花なのか神秘的で見慣れぬ花だった。なんとも涼しげな花だった。

2012年11月28日

二両の電車の不思議(続編) (久々に仙台まで電車で行った)


二両の電車の不思議(続編)

(久々に仙台まで電車で行った)


karekusaame111.jpg

枯草や二両の電車あわわかな
冬薔薇蕾五六輪開かざり
黄葉や電車のとまる悠里館
黄葉や郷土を語る品々や
朝散歩冬菜畑や野の広し
前畑に朝映えにける冬の菊
晩菊やみちのくの線路つづくかな
仙台や欅の黄葉夜に映ゆ
雲に月にじみ光りて時雨かな
淋しさや母は寝て待つ時雨かな


冠雪の朝の蔵王を我が望みその厳しさや胸に迫りぬ


今日は半年ぶりくらいで仙台から岩切から多賀城に行った。手術して自転車に乗るな、乗り物に乗るなと言われたときはショックだった。一瞬自転車にも乗れない、乗り物にも乗れないとしたら自分がしてきたことが何もできなくなると思った。手足がもがれるように一瞬思った。確かに脳卒中とかで倒れたらショックである。動けなくなるし脳もやられるからその衝撃は恐ろしい。特に介護する人もないとしたら悲惨極まりなくなる。介護する人がいない身寄りがないということはこういうとき最も悲惨な状態になる。なぜなら介護する人がいたとしてもその病気になったら自分自身も介護する人もその負担が大きすぎるからだ。元気で生きて10日くらい寝込んで死ぬのが一番いいというのは本当だろう。そういうふうに死んだ人を近くで二人くらい知っている。その人は10日前まで仕事していたのだがぽっくりとあとは逝ったのだから理想的死に方だったのである。


二両の電車の不思議は電車があわれと感じるとき機械でも人間化しているのだ。八両のときは全くそういうことを感じなかった。現代はそれだけ機械に圧倒されて機械と人間は全く分離したものとなっていたのである。二両の電車は人間的だし自然の風景にとけこむのである。八両でもたいして変わりないように見えてもそうではなかった。だからこの経験も不思議なものだったのである。


亘理の悠里館というのには入ったことがない、なかなか亘理ではみている暇がない、今日は夜に快速で帰れてから早かった。介護していると留守番がいないから困るのだ。なんとか仙台近辺は日帰りで行ける。岩切は仙台駅-東仙台-岩切になるから近かった。そして岩切は中世からの歴史がある場所だったのである。ここを見逃していたのだ。意外と近くを人間は見逃している。灯台下暮らしなのが人間だった。そこから多賀城にも行ってみて新しい発見があった。あそこの道は街道であり歩いてみるとみちのくの旅が芭蕉の旅でも実感できる。旅は歩かないと旅にならないのである。だから冬菜畑の道を散歩している人がいたがその歩いていることが絵になっているのだ。車だったらもう絵にはならない、車は二両の電車より何か人間的なものを感じないのである。車があわれだなどと感じたことがない、車に乗っている人はまた別に感じているのかもしれないが自分は車には何か情を感じない、もともと電車が好きで旅ばかりしていたから電車には思い入れがある。それで岩切駅の前の喫茶店から新幹線と普通車と貨物列車が行くのをながめていてああ、ここは平和だなとつくづく感じた。


常磐線は津波で寸断されて何かまだ津波や原発事故は宮城県でも影響している。宮城県は津波の被害は一番大きかったのである。だから多賀城の博物館の前にも仮設住宅が建っていたのである。長町にも建っていたがあんなところにも建っていた。結構あの辺は被害が大きかった。多賀城の近くに末の松山があるから貞観の津波は奈良や京都まで知られたのである。末の松山はそれで歌枕になった。そのことが再現したことに驚いたのである。


蔵王はすでに雪だった。ひさしぶりに見てその姿が胸に迫った。短くても結構な旅だった。仙台から岩切から多賀城は歴史の道だったのである。そのことは次に書く・・・


冬の岩切駅


新幹線普通列車も行き
長々と貨物列車もごとごとと
交わり通り過ぎ行く
岩切の駅前の喫茶店
冬の日さしてしばし休みぬ
駅前に菊の映えて
ここは平和なるかな
その営みの変わらずに・・・

iwakiriii1111.jpg
クリック拡大!


なんか自分は電車の旅が長いから相当に電車に愛着をもっている。電車を見ているだけで心がなごむし気持ちいいのである。車を見ていてそういう気分になったことはないのである。新幹線だってやはり乗ってもみていても気持ちいいものがあるのだ。だからやはり鉄道の写真をとるということが鉄道ファンの第一歩なのかもしれない、デジカメだと写真をとりやすい、ただ動いているものはとりにくいからとっていない、そこまでのめりこんではいなかった。電車を待って写真とるようなことはしていなかった。電車の旅でもバスでも自転車でも車でも歩きでもそれぞれ違った旅になる。ただ車では旅したことはないからわからない、車だと何か自然を感じないから好きになれない、雨風を感じて自然と一体化する、今日も帰りに夜に雲ににじみ月が光って満月だった。そしてぱらぱらは雨がふった。これは時雨だったのか?そうかもしれない、これも車だったら時雨も感じないのである。だから車だと風流を感じないから旅にもならないのである。

2012年11月29日

冬に訪ねる-見逃していた岩切(俳句連作) (岩切の歴史は古い-古代から鎌倉時代の要所)


冬に訪ねる-見逃していた岩切(俳句連作)

(岩切の歴史は古い-古代から鎌倉時代の要所)

iwakirichizuuu1111.jpg

360iwakiriiii111.jpg
360度パノラマ-クリック
toukopoujiii1111.jpg

usubiiiiii111.jpg

kekkafuza11111.jpg

干し柿や昔をたずね岩切に
あまたの碑ここに集めて落葉かな
岩切の石の仏や木の葉散る
瞑目す石の仏に冬日かな
なお残る冬の薄日に仏かな
結跏趺坐二体の仏冬日射す
東光寺石仏古りぬ冬紅葉
みちのくの塩釜街道冬の暮
今市橋海よりの風冬鴎
今市橋朝に渡るや冬鴎
今市橋朝に渡るや雪の嶺
岩切に中世語る枯芒
岩切の川沿い歩み葱畑
街道に三所と残る冬の暮


忘れらるや愛馬をまつる碑の一つここに残りて落葉たまりぬ

hihihihihihi2111.jpg

 


元禄2年(1689年)5月8日(新暦6月24日)、芭蕉は仙台を立ち、十符の菅・壺碑を見ている。  かの画図にまかせてたどり行ば、おくの細道の山際に、十符の菅有。今も年々十符の菅菰を調て国守に献ずと云り。
元禄9年(1696年)、天野桃隣は「十符の菅」のことを書いている。


 仙台より今市村へかゝり、冠川土橋を渡り、東光寺の脇を三丁行テ、岩切新田と云村、百姓の裏に、十符の菅アリ。又同所道端の田の脇にもあり。両所ながら垣結廻らし、菅は彼百姓が守となん。

[無都遅登理 五]


 元文3年(1738年)4月、山崎北華は『奥の細道』の足跡をたどり、奥の細道、十符の井を訪ねている。

是より奥の細道。十符の井を尋ねて。沖の井に行く。三間四方程の岩なり。周は池なり。里人は沖の石といふ。千曳(ちびき)の石も此あたりと雖も。里人は知らず。末の松山は此所より遙に海原に見ゆ。


『蝶之遊』
http://members.jcom.home.ne.jp/michiko328/iwakiri.html

 


岩切は仙台から近くても歴史があるところであり見逃していた。それはなぜかというと鎌倉時代から江戸時代になって急速に変化した。仙台市は伊達政宗が戦国時代を経て青葉城を築城して仙台市が繁華な街として発展した。鎌倉時代は原野だったのである。これは鎌倉市もそうである。江戸城は鎌倉に幕府があったとき原野であった。そのあと徳川家康が幕府の城を作り百万都市になった。その前は原野だったことがわからなくなっている。大阪だってそうである。あそこも湿地帯であり埋め立てて秀吉によって作られた都市である。秀吉の城は本拠地は京都の伏見城だった。そこに最上氏や伊達氏が屋敷を隣り合って構えていたのである。愛姫(めごひめ)もそこに長く住んでいた。つまり大阪であれ江戸であれ仙台であれあれだけ人口が増えると過去というのがその人口の多さによってかき消されてしまうのである。現代から過去をさかのぼり歴史をみるというとき常にこうした錯覚が生まれる。もう鎌倉時代の様相は時代がたって全くその環境が変わってしまったからそこから過去を偲ぶことは容易ではないのだ。岩切という所もそういう鎌倉時代の要所でありそれが仙台や塩釜が発展して過去が忘れ去られたのである。


鎌倉時代は今の七北田川と湊浜が結びついていて船で物資を運び河原市場や冠屋市場が栄えた。七北田川は前は冠川(かむり)であった。川を遡ると泉の方に冠橋というのがあるから地名が残っていることでもわかる。岩切が要所となったのは一つは川を通じて海と結びついていたことである。そこで物資が集まり安かったのである。鎌倉時代になると海の交通も開け始めていたからである。そこで川も重要な交通路になった。もう一つは奥大道とか秀衡街道とかがあり平泉まで通じていた。


社殿。この場所は秀衡街道(ひでひらかいどう)が通っていた場所で、街道に塚を築くために測量に用いた縄を納めて祀った、と言い伝えられています
http://sendai-jinjya.jugem.jp/?page=1&month=201008


こういう社があるのもやはりここは今と同じく道が交差する幹線道路だった。だからいくつもの道ができて交差していた。もともとここに多賀城の国府があったとか言われているから古代からもみちのくの道があった。十符の菅菰を調て国守に献じたというのもそのためである。地理的にも平泉や塩釜や松島やさらに湊浜にも通じている要所であることが地理的に納得がいくのだ。ここは福島県だと郡山ににている。郡山は福島県の入り口でありイワキにも会津にも福島市にも通じている要所だからこそ発展したのである。地理的要因がいかにその地の性格を決めるかわかる。


みし人も十府の浦風音せぬにつれなく澄る秋の夜の月


ここで浦風というとき海を意識しているのだ。ただ今は住宅が密集しているから意識できない、でも冬鴎が飛んできて自分は海から吹いてくる風を感じた。浦風だったのである。風から海が近いことを意識したのだ。冬になれば北風だがあの風は海から吹いてきたから東風(こち)だったかもしれない、この風は春になると吹き始める風である。でも七北田川の海の方角から吹いてきた。今回の津波で海が奥深くまで入り込んでいたことが証明された。多賀城駅の砂押川を津波がさかのぼり潮水があふれて被害にあったことには驚いた。古代から鎌倉時代は冠川と砂押川が一つであり結びついて湊浜に流れでていた。砂押川でも高砂でも砂を押すだから海の波によって砂が押されるという地名である。そこに津波が押し寄せたというのもつながっている。高砂というのも砂が高く積もっている地域だからこの辺は海岸地帯の砂原だったのである。津波が来た地点に貝場という地名があるがこれも縄文人が貝をとっていた所かもしれない、丁度津波が来た境目だったからである。八幡地区には「塩入り」「塩窪」「塩留」笠神地区には船塚がある。これは南相馬市の鹿島区の真野の草原とにている。なぜなら津波で塩崎まで津波がおしよせてそこには船着とか市庭という地名が残っていたからである。ここもそれとにているのだ。船塚は船着と同じであり船がそこまで入ってきていたのである。そしてこの川は多賀城とも結ばれていたのである。だから末ノ松山が多賀城に近いしそこで津波にも流されず残ったから都にもみちのくの歌枕の地として知られたのである。あそこの前がかつては海だったし沖の石が残っているのもそのためである。


ともかく歴史というのは常に変わりやすい無常の世界を示している。かつて繁栄したところは早々と忘れられてしまい何なのか不明になる。一つは交通が変わるということである。宮城県は交通に恵まれていた。特に松島や塩釜など入江や島が多く海からの交通が早くから開けた。石巻が繁栄したのもそのためである。それは鎌倉時代から始まっていたのだ。古代の多賀城にはすでに大道が作られていたというのもそのためである。岩切には古い道から新しい道も作られて幾重にも道が重なっていた。紙屋道とあるのは紙も生産していて重要な産物となっていた。金売吉次の屋敷跡もありここを本拠地として活躍していたらしい。当時のいろいろな産物が岩切に集ったのである。そこで一遍などもここにより浄土なる松島を目指した。信仰者、巡礼者の一団が松島に向かいそこで命を終えることを願ったのである。だから松島は中世の修行場であり死に場所でもあった。


ただすでに江戸時代になると中世の市場は河原などに埋もれてしまって不明になった。古市とか古町になった。今市とは新しいようで江戸時代にできたのだから新しいのである。今の市場だから新しい。そういうことでも錯覚する。今市が古いと思っているけどそうではない、すでに中世の繁栄はここにはなく移動している。古町というのは全国でどこにでもある。古町と新しい町は距離が離れていない、隣り合っていることもある。狭い場所で繁栄の場所が移っているのだ。古町温泉とかあったけど山の方にもそういうふうに常に古くなってしまう町があった。小さな町でも村でも古町になりやすいのだ。今でもシャッタ-通りができたようにス-パ-や巨大ス-パ-に買い物が移って町自体が古町になるのと同じである。交通が変わるとまた都市はたちまち衰退するのである。江戸時代船運で栄えた湊はみんな廃れている。そこで遊女が増えて船乗りを引き留めようとしていたとかのいろいろな伝説が残っている。人間の社会は交通によって栄枯盛衰があるのだ。それは世界的にも同じである。シルクロ-ドは海の交通が開かれると衰退して砂に埋もれてしまったのとにている。世界的に見ても交通が変わると急速に衰退してしまうのである。原発事故の被害にあった相馬地方なども常磐線から六号線から交通が断たれたから物資の流通が断たれたからそれが回復しない限り衰退してしまうというのとにている。古代からでも現代でも交通は重要であり都市の栄枯盛衰をになっていたのである。

 

shiogamakaidou.jpg

sannshooooo1111.jpg
塩釜街道

三所は細所であり細工場であった。中世の地名だった。川沿いに葱畠があり今市橋から泉岳とか雪の嶺が望まれた。ここが住宅が密集していて昔を偲べないと思った。多賀城の方には密集している。ところどころ畑があり今の季節は葱があっている。葱は冬の季語だった。葱は魚の臭みを消すとかいろいろ使い方があった。塩釜街道沿いには何か昔のものが残っているのか?神社などがあれば偲べる。
ここを仙台の方に歩けば昔が偲べる、多賀城跡の方がまだみちのくの道が偲べる。

俳句作るにしてもこうして歴史を知らないと作れない、「十符の菅菰」というものも何か良くわからないけどこれも相当に古い由来があることは察せられる。枯芒が冠川になびいていてこの辺はまだ昔の面影が残っていたのである。多賀城の方に行くと砂押川があっても住宅が密集してとても昔の風景は市街に埋没した。でも津波で砂押川があふれたからここが海が近いとあらためてわかったのである。末ノ松山もそれで再び脚光をあびたのである。他にも東光寺にはあかぎれ地蔵とか愛馬の碑が忘れられるようにあった。あかぎれはしもやけのことかなぜあかぎれとしたのか何かあかぎれと碑がにていたからだろう。かぎれとかしもやけは良く母が洗い物してなっていた。昔の洗い物は冷たくあかぎれとかしもやけになりやすかった。今は温水でありならないから死語になった。まずあかぎれと名づけられたのはあかぎれに悩まされたから連想したことはまちがいない、他にも地蔵には青麻・・というのは眼病にきくとかで祈られたり下の病気は地蔵に小便すると直るとか何か必ず病気と関係しているのだ。東光寺と相馬は古くから関係していた。東光とういう刻まれた碑が台田中になった。中世から関係していたのかもしれない、その伝説も残っている。明かに僧侶が来ていたのである。青麻という碑も相馬にあり伊達と相馬は関係が深いのである。


岩切の古城
http://www.stks.city.sendai.jp/sgks/WebPages/miyaginoku/09/09-12-01.htm


冠川は昔はいづこ石仏の冬日さし眠り枯芒かな


いづれにしろ岩切は中世からの霊場でもあり市場でもあり歴史が交差する場所だった。明治以降では愛馬の碑というのもめずらしい。太平洋戦争では馬が必需品でありそれで当然馬も死んだのだから碑があっても不思議ではない、でも愛馬の碑とか戦争にまつわる話はあっても碑はここではじめて見た。そもそも馬頭観音碑が全国に無数にあるとき戦争で死んだ愛馬の碑がまれだというのもかわいそうだとなる。戦争というのは馬まで意味なく死んだともなる。実際に馬頭観音碑は平和なときに人間と共に働いたから助けてくれたから碑がある。戦争というのは動物にとっても無惨だったとなるのだ。人間は本当に忘れやすいのである。中世ともなると本当に遠い過去だが確かにそこに生きていた人々がいたのである。それを偲ぶことが容易でなくなる。現代だってたちまち人はわすれさられてゆく、一見そう見えないにしろ同世代の人がすでに一割五分死んでいることでもわかる。次々に死んで忘れられてゆくのである。そして何が残るのか?わずかなものしか残らないのである。
aiba111.jpg

2012年11月30日

冬に訪ねる多賀城跡(俳句、短歌) (1)


冬に訪ねる多賀城跡(俳句、短歌) (1)

fuyumomijiiii3333.jpg
クリック拡大!

nihonnmatu1111.jpg

我が踏みぬ南門跡や冬の暮
たずぬべし廃寺の跡や冬の暮
街道に二本の松や冬の暮
街道に二本の松や雪の嶺
いしぶみや街道の松に冬紅葉
古き碑のここに並びて刈田かな
冬の暮多賀城にも仮設かな

(旧今野家住宅)

konnnomonnn111.jpg

umayaaa111.jpg

konnnomaki.jpg


薪積みて母屋の古りぬ落葉かな


中門や馬の名を呼び親しかな薪積む家の冬のくれかな



岩切と陸前山王多賀城と歴史の道や冬のくれかな
多賀城の跡をたづねて冬のくれ末の松山都に知られぬ

冬の山遠く望みてはるけきや都を離れ多賀城に来ぬ



多賀城を訪ねたのもひさしぶりだった。多賀城の正殿跡に立ったのは何十年ぶりかであった。近くでもこうして一回限りで寄っていなかった。近くが意外と見逃されているのだ。曇っていて写真でははっきりしないけど遠くに山が望まれて雪も見えた。蔵王や泉が岳などが見えたようだ。
多賀城跡から平城宮(ならのみやこ)や京都を望んだらずいぶん遠い感覚になる。ひさしぶりで行ったからみちのくは奈良からはどれだけ遠かったか?その感覚は古代では今の十倍くらいの距離感があった。世界の果てに来たような感覚にもなっていた。その遠さがみちのくだったのである。
人間はやはり年よっても感じ方が相当に違っている。若いときは何かこうした歴史的な場所でもあまり感動しないし良くみていないのだ。人間はどんなに美しい場所でも歴史的な場所でも感じないものは感じない、外国旅行でも同じである。感じることはやはりその人のもっている力量である。
芭蕉はあれだけみちのくの旅で感じたのはやはりそれだけのものをもっていたからである。
旅しても感じないものは感じないからである。


今回印象に残ったのは街道の二本の松であった。二本松という地名があるがなるほどなとこの松を見て思った。ここの道は細いから奥の細道がまだ偲ばれる。実際はかなたの山に雪が見えたのである。写真ではやはりとりきれないものがある。遠くのものが見えない感じられないのである。山が遠くに連なり見えた。それがみちのくの遠さを感じたのである。今は冬紅葉の季節であり壺の碑がにあっていた。これの解釈もいろいろあり謎である。

今回は移築した今野家が興味深いものがあった。蕪木門があり中門があり母屋がある、中門は馬小屋になっていた。その馬小屋には今にも馬が出てきそうな感じだった。名前を呼べば馬が顔を出す、いかに馬と人とが一体化していたかこの家から感じた。本当に馬は家族の一員だったのである。
薪が積んであって冬支度でありいかにも今の季節にふさわしい、冬紅葉も映えていた。
母屋がどっしりとあり中に土間をあがるとおかみの部屋になりそこで家族が集まり食事をする。
旅館のおかみはここからきていたのである。母屋の中心がまさに母でありおかみだったのである。
日本では女性の力が結構大きかったのである。おかみにはさからえないとなっていたのだ。

多賀城についてはこれまで自分が地元で調べたものなどを合わせて次に書いてみよう

2013年01月05日

新年に仙台に行く (仙台平野の津浪の範囲は広かった-高速道路を行き実感した)


新年に仙台に行く

(仙台平野の津浪の範囲は広かった-高速道路を行き実感した)

keyakusora111111.jpg

natoriiiii111.jpg

名取川の河口

仙台や欅を仰ぎ冬の空
新年や青葉通りに鳩飛びぬ
仙台に古本また買い新知識
故郷に巣ありて帰る寒烏
新年やバスの眺めに変わるかな


泉が岳蔵王と見えて津浪跡仙台平野に冬日没るかな

新幹線駅にとまりて新年に仙台に来て人と交わる
新年に蔵王の山影名取より夕陽眩しく見えつつ暮れぬ

冬の日や蔵王の山影さえぎつつ宮城よりし山形思ふ

zaooo1111.jpg

蔵王が見える-名取辺り

クリック拡大!

今日は直通のバスで仙台まで行った。あれは途中で乗り換えないから便利である。本数も一日十本くらいでているから便利になったのだ。正月もあるが乗客が一杯だった。2時間近くかかるにしても直通だから便利である。あれだと仙台に行きやすいからまた軽い気持ちで行ける。ただ今日も電気をつけっぱなしで怖かった。一つのもち焼くのがコンセントをはずさないときれないのだ。それを忘れるとものすごく熱くなる。あれが熱くなっていたら火事になると気がもめてしょうがなかった。
前は携帯で連絡できたけど今は耳も聞こえないから連絡できない、その連絡できないことで犯罪にもあった。いかに家族がいないことが困るからかぞくがある人は考えないのである。困ったことがない人は困った人がいることを知らないのである。消防署に連絡したがどうにもならなかった。
帰ってみたらやはり電気がついていたがモチ焼くのはゼロに回していたから助かった。携帯で連絡つけば簡単に電源を切れで事がすんだ。介護は本当に一人だとつききりになり離れられなくなるのだ。認知症の時も一人でいると不安になるので離れられなくなった。どうしても気晴らしに近くすら行けなくなっていたのである。一人暮らしとかこうして留守にする時一番恐いのか火事なのである。


仙台では古本をまた買った。前は一か月に何度も行って本を買いに行っていた。専門的な本は仙台で買うほかないからだ。詩の本が相当にあったけど新しい本は高かった。詩を作ることでわかったことは詩をかなりの数を集める必要がある。詩はなかなか読めないのが多いのである。有名なのは読めても他は読めない、最近アマゾンで集めた。ただ高いから金がかかる。他に絵本とか安いので買った。古本の世界も広いから何があるかわからない、本の世界はそれほど広いものだったのである。
本ははすでに天文学的なものが出版されているからとてもそれらを利用することすらできない。
本は今は素人でもオンデマンドなどで簡単に作れるみたいだ。だから自分もそうしして本を作ってみたい。ただ書店には並ばない、書店では無名の人の本など置かない、出版社ル-トでしか本は置かない、ただ地方の小さな町の本屋など消えてしまうだろう。

海側の高速道路を仙台まで通ったけどかなり海に近い、亘理の鳥の海も見えたし阿武隈川の河口や名取川の河口も見えた。あの東部高速道路を越えて津浪が来たのだからあの辺の被害も大きかった。
バスから見てその被害の広さを実感した。結構海に近い場所だったのが亘理であり名取りだった。
そしてわかったことは昔の街道が山際に作られたことは偶然ではなかった。その前は昔は湿地帯とか海だったのである。だから道を作らなかった。開拓して田んぼになったのは政宗の開拓奨励の結果だったのである。でも現代は海に対する危険な感覚を失っていた。どんどん宅地開発であの広い仙台平野に家が建っていったのだ。それで地震学者が津浪が千年前にきているとか400年前に来ていたと警告したら土地開発業者にそんな危険なことを言うなと脅迫されたという。自分たちがもうからないからそう言ったのである。これは東電の体質と同じだった。ただただみんな頭にもうける金のことしかなくなっていたのである。そしてあれだけ広範囲な地域が津浪にのまれてしまったのである。
津浪の被害では宮城県が本当に大きかったのである。


みちのくを ふた分けざまに聳えたもう 蔵王の山の雲の中に立つ 齋藤茂吉


これはみちのくではない、宮城県と山形県を分けるものとして蔵王があった。

今日は高速道路からの眺めが気持ちよかった。あそこは一段高いから見晴らしがいいのだ。だから津浪も防ぐことができた。津浪の防波堤になっていたのだ。津浪の被害の傷はなかなか消えない、ただ津浪の後でも米作りはしていたから塩害でも米は作れるらしい。放射能被害とは違っていたのである。

烏が巣に帰るというのは当たり前だけどこの辺では故郷を失い故郷の家に巣に帰れないというのも悲劇だった。自分にはまだ家があり辛うじて家族も残っている。それでまだ故郷にいる。
故郷を喪失することの傷は相当に深いだろう。だから福島市とか他でも都会の団地に避難して住んでいる人はどう思っているのだろうか?大内村の人たちは郡山市などにすんだから便利で帰りたくないというのもわかる。仙台でインド料理のパンのナン料理を食べた。カレ-にひたして食べた。
チェ-ン店になっていた味が洗練されていた。あのパンがインドで好きになったので食べたかった。
外国旅行ではそういうことがある。でも外国旅行で料理通にはよほどなれた人でないとなれない、
レストランに入りにくいし金がかかりすぎるからだ。外国のレストランは簡単に入れない場所だったのである。

2013年03月06日

高速通り仙台へ-(春の俳句十句) (フェルメ-ル展を見る)


高速通り仙台へ-(春の俳句十句)

(フェルメ-ル展を見る)


sprinhriver12312.jpg

ferume-ru111.jpg

広々と海に注ぎ入る春の河
広々と河口の光る春の朝
田起こしや仙台平野を一望に
復興や仙台平野に春の雲
通り行く少女の髪に春の風
ハイヒ-ル高く少女や春の街
大通り吹き抜けにけり春の風
春日さし鳩一列にフェルメ-ル展
喫茶店外国人や春の街
北へ行く新幹線や春の夕

一時や街灯ともる春の街

gaitouuu111.jpg


仙台まで直通のバスで仙台へ行った。このバスは東部高速道路を行くので見える景色が違うようになった。鳥の海とか阿武隈川の河口が見えるのだ。それがまた違って気持ちがいい、同じ景色だとあきるのだ。東部高速道路は高いから見晴らしがいいのである。これで津浪がさえぎられたというのもわかる。かなり高いからである。もしこういう道路がもっと買い海岸線近くにあったら津浪をさえぎった。それだけ高いのである。これを作った時は津浪のことなど考えもしなかったろう。
仙台平野は本当にバスで行くと広いことを実感する。ここの米が江戸に船で送られたのである。

この広い稲作地帯が実は江戸と結ばれていた。江戸の庶民でもその腹を支えていたのである。
昔も田起こししていたらそれは江戸へ米を生産していたとなる。江戸時代でも江戸の食糧は遠くの人たちが作り支えていたのである。その食糧を供給する人を実際に見ることは労働を実感するからいい。実際はそうした労働を見ることを実感することもできないのが現代である。外国から食糧が入ってきてもそれを作る労働の現場を知り得ないのである。 宮城県は一番津浪の被害が大きかった。
一万人近く死んでいた。その復興はまだほとんど進んでいない。仙台の津浪の被害は今回は仙台の郊外の新住宅地に大きかった。山元町すら実際は仙台に通う人が多かった。仙台に勤める会社があって通っていたのである。だから仕事をなくしたわけではないというのは救われているのは本当なのだろう。三陸とか気仙沼とはまた事情が違っていた。


仙台市は東北では唯一街らしい街である。東北では仙台のように街らしい街はない、この辺では原町とか相馬市でも街らしい感覚はない、
人さえ通り歩いていない、仙台は若い人が大勢歩いている。
若い熱気が感じられるのは東北では仙台くらいかもしれない、あとは何か都会でもいなかじみているだろう。通りに春の風が吹いて少女の黒髪をなびかせたように何か若さを感じるのである。
喫茶店に外国人が日本人と英語でしゃべっていた。でもあの外国人はイタリア人なのだろう、カプチ-ノを飲んでいたからだ。ヨ-ロッパでは英語をしゃべる人は普通にいる。ただあの人はいかがわしい外国人かもしれない、今や外国人も普通にいるからいかがわしいのも多くなったのである。

ただ仙台辺りだと外国人と交流する機会は多くなる。田舎では英語教師くらいだろう。なかなか交流できないのだ。東北では仙台に住みたいという人は多い。ただ大きなマンションとか見るとあんなところにつめこまれるのは嫌だないつもみている。やはり一軒家の方がいいのだ。

住んでみるのと一時的によるのとはまるで違ったものとなるのだ。仙台あたでは住環境がいいとはならない。でも仙台のデハ-トの地下では食べものが豊富だからオカズには困らないだろう。ただ高いから金はかかる。一人暮らしは明かに都会の方が暮らしやすいのだ。原町とか相馬市だったら簡単に外食できるからいいのだ。

「孤独が一流の男を作る-川北義則」とかを書店で買った。何かお一人様とかそういうのが普通になる時代だというのは本当だろう。一人暮らしが膨大にふえてくるからだ。今は一人暮らしでも食事でも困らないようにできているのだ。ただ野菜不足になるから新鮮な野菜をとるように心がける必要はある。一人暮らしは特殊な変わり者ではなく普通の状態になってしまったのである。ただ老後は共同生活しというのはそうかもしれない、一人暮らしはいろいろと困る。そういうことを身をもって経験したから人ごとではない。高齢化というのはなぜ老後をいろいろ問題にされるのか、それだけ数が多いからである。そしてこれだけの人が長生きする時代を経験していないからである。過去は参考にならないからである。60代辺りでは男女とも健康な人が多いのだ。回りを見回すとそういう人がいくらでもいる。何をしていいのかわからないような一人暮らしの男女がいる。女性なんか60代でも若いから処置に困る。だから男を求める欲望の強い人もいる。枯れていないのが今の時代なのである。まだぎらぎらはした欲望に満ちているのだ。


ともかく仙台には最低一か月に一回は行く必要がある。ただ留守もいない、連絡もとれないから不安なのである。春になったからどうしてもでかけるようになる。自分は手術してから普通にもどっている。旅行だって前と同じくできる。体に支障がないのだ。もちろん病気ではあるが普通の人と同じく行動できるのだ。このことは自分にとって大きかった。前は身体障害者でありこのままどうなるのか不安でしょうがなかった。今はそういうことがない、自転車でも別に疲れるとしても前のように走れるのだ。体そのものがそんなに弱っていない、健康だから人に頼らなくても、一人暮らしは病気になったら最悪になる。人に頼ることは前に書いてように誰かいじわるな人の奴隷にされてしまう。そして病気だからさからえなくなるのだ。そうして脅されたから本当に恐いことだった。人間は弱みをもったらその弱みにつけこまれ非情なものであることを知った。そういうことで人間は恨み犯罪が生まれている。

老後で一番大事なのは健康なのである。健康をなくしたらすべてを失いかねない、例えば病気になったら高額なうまいものすら味がなくなりうまいとはならない、何でも食欲がそもそもないのだから食べたくないのである。性欲だってそもそも肉体が弱体化すればなくなる。人間の欲望は実はその体にあり体が弱ればもういくら金があり欲望の対象がいくらあっても何の意味もなくなる。
人間は実は外部のものを感じるのは美でもすでに内部で心で感じることがそなわっているからともいえる。もし心に備わっていないなら外部の美に反応することもいなだろう。それは食欲でも性欲でもあらゆる欲がそうである。内部で反応する力を失いば外部がいくら豊でも意味がなくなるのである。

仙台にいるのも今は束の間である。何か追われるように束の間の時間を過ごすだけである。ほとんどが買い物の時間である。でもその一時だからこそ街灯がともりそれがなんとも貴重な時間だともなる。一種の短い旅なのである。

2013年04月12日

船岡の一目千本桜と蔵王の短歌20首 (山は場所によってまるで見え方が違う)


船岡の一目千本桜と蔵王の短歌20首

(山は場所によってまるで見え方が違う)


zaouuuufunaoka11.jpg

クリック拡大!
zaoshinkansenn111.jpg

クリック拡大!
sakuraaaaa11111.jpg
クリック拡大!

hanakumo11.jpg
クリック拡大!

funaokasss11.jpg

dennsha1111.jpg

ooedatanpopo11.jpg
クリック拡大!

春の日やキジが見送る逢隈駅

岩沼や線路交わり燕来る
ぽかぽかと春の雲浮き電車待つ
伊達領の船岡城跡花に雲
途中下車北白川や蛙鳴く
一本の椿の木や北白川
北白川待つ人一人春の昼
花に雲ゆうたり歩み花尽きじ


歩む道千本桜尽きず咲く大枝ゆれて長き道かな

延々と千本桜咲きつづき尽きることなく日々移るかな
城跡に登りて高き花に雲さえづり高く山にひびきぬ
蔵王映え吹き下ろす風なお寒し千本桜八分咲きかな
蔵王なお雪打ち煙り年輪を重ねし桜咲きつづくかも
みちのくの千本桜やなお寒し蔵王は雪に打ち煙ぶるかな
みちのくに千本桜咲きにしも畑耕す人のありしも
雄大に蔵王の映えてみちのくの千本桜咲きにけるかも
雄大に蔵王の映えてみちのくの千本桜春なお寒しも
蔵王映え雄大にして新幹線走り去るかな樹々の芽吹きぬ
雄大なる心をもてや蔵王映ゆさえづり高く山にひびきぬ
雄大な蔵王の映えて何か言う千本桜の咲きてこそあれ
瑣末なる生活に痛む我が心蔵王を望み明日をたくさむ
雄大な蔵王を望み人の世の悩みそいかに心晴れにき
みちのくの心とあれや蔵王映え春にしなおも雪打ちふぶきぬ
何故に人の心のいやしきを花と咲き蔵王を仰ぎ忘るべきかな
貧しくも蔵王を仰ぎみちのくに住みし幸い春のおとずれ
美しき心となならむ花に映え蔵王を仰ぐみちのくの春
人の世の心はただに金のみやみちのくの宝蔵王にそあり
人生きるこの世の闇の深きかな蔵王を仰ぎ忘るべきかな
今更に蔵王ありしと我が仰ぐ近くにありし宝なるかな
ゆうたりと桜の大枝ゆれにつつ千本桜にたんぽほの映ゆ
みちのくに大いなる詩(うた)の起こらむや千本桜に蔵王を仰ぐ
啄木の歌碑一つあり船岡に蔵王を歌わず死する悲しさ
この世の々誰か背負わむみちのくの花の盛りやしばし忘れむ
みちのくに桜前線電車のり追いて旅せし時のしあわせ
蔵王映え雄大にして新幹線走り去るかな樹々の芽吹きぬ
仙台の人と語りぬバスを待ち桜はまだと夕暮れにけり
仙台に来しも長きや時流れ世の移るかな花また咲かむ


岩沼から船岡へは近かった。前にも千本桜を見ていたけど実際は良くみていなかった。意外と近くを良くみていないのだ。こんな近くに蔵王あれほど雄大に美を極めて聳えているとは思わなかった。
船岡城跡から見た蔵王は最も映えていた。山は富士山でもそうだが見る地点によって全く違ったように見えるのだ。山は大きく見える所が一番いい、蔵王は確かに電車で阿武隈川を渡るとき見えるのだがその山はいつも見ているのだが感動しなかった。今回はあんなに雄大に見えることに感動した。
ヒマラヤでもそうだが3000メ-トルまで上らないとヒマラヤの山の雄大さはわからない、3000メ-トルまで上ったときまるで天に到達するようにヒマラヤ見えるのだ。見る場所によって全く違ったように山は見えるのだ。富士山にしても日本橋から見える富士山を浮世絵に描いているが富士山がぼつんとでているふうにしか見えない、蔵王にしてもぽつんと出てるのしか見えない場が多い、肝心な山形県側から見るとあそこはまるで蔵王の雄大さ美が全く見えないのだ。蔵王の裏側になって全く映えない。

今回見た船岡と穴場として北白川駅をおりて見た蔵王は本当に荘厳だった。北白川はたまたま乗り違い下りてしまったのである。それがかえって良かった。そこから新幹線が通っていたし最近でたはやぶさも走っていた。緑色の車体が新鮮だった。あそこは仙台に近いのに鄙びた場所だった。駅も無人駅だった。あの辺なども電車では通っていたがあそこに下りたことはなかった。あそこで新幹線と東北線が交わっていた。人間はつくづく近くのことを良くみていないのだ。船岡はあれだけ蔵王が雄大に見えるのだからあういう所に住みにはいい、浜通りの最大の弱点はこうした大きな高い山が見えないことなのだ。あういう雄大な山を毎日みていれば心に必ず影響する。そこから雄大な詩でも絵でも芸術が生まれてくる。


この六年間世間のことでせめさいなまされてきた。今も継続中である。人間の世の中はあまりにもささいなことで悩まされる苦しめられるから嫌になる。つまり蔵王のような雄大な山とはにてもにつかなささいないことで責められる場所なのである。人間である限り死ぬまでそうなのだろう。ささないことも無視はできないものにしろ最近は嫌になってしまう。だから30年間この世と交わらず生きていたときは本当に幸せだったことがわかった。桜前線を追って電車できままに悩むこともなく旅した時が自分の最高の幸せだった。その気分が今回の小旅行でよみがえったのである。春の雲が浮いて途中下車して思わぬ景色に遭遇したのもそうである。やっぱりこの世のわずらいから離れて自由に旅しているときは最も幸せだったのである。それが一日でも近くでも電車にのってよみがえったのである。人間はつくづく幸福が何かわからないのだ。

そんなに自由に旅していたときそんなに幸福なことか思わなかった。それが全くできなくなったとき何と幸福だったろうとかなる。それは別に

自分だけでなく今回の津浪や原発事故で避難者になった人たちもそうである。故郷を追われ狭い部屋におしこめられている。すると故郷で大きな家に家族一緒に暮らして庭いじりもできた。そんな家族と家と故郷を失ってはじめてあの時は幸せだったなとなるのである。それが当たり前のときそんなことを思いもよらないのだ。そういうことはこの世で長く生きれば経験しているだろう。突然境遇が変わることがあるからだ。人間は一生恵まれたままでは終わらない、どこかで必ず災難があり苦しめられるのである。苦しみのない人生などなかったのである。今や自分もなにやかやと詰問される身になったのである。それも自業自得といえはそうなのかもしれない、ただ人間は雄大なもの大きくなりたいというのがある。ささいなことにぐじぐじ生きたくない、蔵王のように雄大なものになりたい、そこに自然の意味がある。


船岡には啄木の歌碑が一つホ-ムにあった。あれは何なのか?啄木は別に東北でも故郷の渋民村と盛岡とかを短歌にしたけどあとはしていない、松島であれ蔵王を歌っていない、それだけの時間がなく死んでしまったのである。なぜ東北では啄木と賢治がぬきんでているのか?それはやはり天才の独創性があったからだ。それはまねできないものでありあれだけの若さで生み出した独創性があった。
芸術は独創性がなければ何の価値もない、その独創性は簡単に出せるものではないのだ。


斎藤茂吉などは「.陸奥をふたわけざまに聳えたまふ蔵王の山の雲の中に立つ.」などの短歌があるがこれも確かにいいとしても何かしっくりこない、蔵王はみちのくを二つに分けるほど大きな山だというが分けるというより山形県と宮城県から見えるという山である。だからそれほどこの短歌から雄大なものを感じるというものではない、つまり斎藤茂吉にはどうしても正岡子規の写生の継承者であり地味だということがある。それは自分も写生からはじめたから同じである。茂吉には啄木や賢治の独創性はない。詩人というものでもない、短歌の専門家のうよなになっていた。だから意外と芸術的評価は低くなるかもしれない、芸術の評価は相当にむずかしい。ただ時代的にやはり変化する。かえって評価があがるものもあるし全くかえりみられなくなるのもある。啄木と賢治はこれほどなお文学的生命をもっているのは天才の独創性がありそれがまねのできないものだからである。それもあの若さで成し得たということが驚きなのである。もちろんその批判もある。でもやはりその独創性がまねできないということである。


宮城県美術館で「高橋英吉展」見てきた。やっぱり実物を見ないとわからないことがあった。芸術にしろ自然でも実物を見ないかぎり本当の感動はない、彫刻とか建築は特にそうである。
「潮音」は潮風を深く吸い込んでいる感じが良く出ていた。あの像からは潮風がふきつけ潮風と一体となっているものを感じた。もう一つの漁夫像は体が丸み帯びて豊かな肉体の安らぎを感じた。


潮風を深く吸いつつかなた見ゆ海の広さや春は来にけり

漁夫像の肉のまるみや働けるものの喜び充足のあり


高橋英吉もこれだけの独創性と才能があった。それも若くてそうだった。もし長生きしていたら世界的彫刻家になったかもしれない、その才能も戦争で奪われたのである。戦争では相当の才能ある人の命が奪われた。生き残った人たちはずるい人たちだったかと言われ、その人たちが本当は日本をだめにしたのだとかも言われる。実際に戦犯の人もいて読売新聞社の原子力発電の父と言われた正力松太郎がそうだった。その時も裁かれるべき人間が裁かれなかったのである。今度の原発事故でも誰も裁かれないのとにている。


ともかく一目千本桜は八分咲きであり昨日は寒かった。もう今日明日は満開である。ただ仙台は一分咲きにもなっていなかったのは不思議だった。たいして距離もないのになぜ咲かないのかと思った。やはり桜前線は寒暖の影響が距離で起きているためである。だから桜前線を追って旅することが日本の春でもある。この辺は交通の便悪くなった。帰りは直通のバスだった。これは便利であるからいい、やはり電車は楽である。バスは何か疲れるのである。
逢隈駅ではキジがでてきて電車を見送った。あそこは山になっているから野鳥がさえづったり蝉がなく、やはり自然があると違っている。電車の旅は駅にとまり駅を楽しむことが旅でもある。
でも今は通りすぎるのが多いから旅にならない、やはり時間をかけて途中下車するのが楽しいのだがそれだけの時間がない、そして今はロ-カル線は一旦途中下車したたら次の電車がいつまでも来ないとなるから簡単におりられないとなる。東北線は本数が多いから途中下車しても白石-仙台間は困らないからいいのだ。まあ、春は旅したい季節なのである。一日でも近くで楽しむことができたので良かった。

2013年05月06日

新地から丸森へ夏の旅(新地編)


新地から丸森へ夏の旅(新地編)

kaidouuu111.jpg

shinnnchika11.jpg

shinnchitakadai111.jpg

bunnroku1111.jpg

kayabukiii111.jpg

ojika11.jpg
クリック拡大!

funeeee1212.jpg
クリック拡大!

hanakiyama111.jpg
hanakiennnn111.jpg

rikyuubaiii111.jpg
利休梅

松影の街道行くや夏の朝
相馬より新地に来れば燕飛ぶ
臥牛城夏草埋もれ何語る
リキュウバイ手入れの人や開園す


新地なる高台に水張りぬ海を望みつ夏の朝かな

文禄の碑こそ古りぬれ新地なる社訪ねて燕飛ぶかも
新緑に風のそよぎて望む海牡鹿半島連なり見ゆも
新地より金華山見えにしや船も行くなり夏の朝かな
山路来てなお残れる花あれや風に吹きちりあわれ深まる


新地から丸森まで電動自転車で行った。新地で火力発電所の近くで田に水張る人がいた。この辺は津浪の被害があったはずたと聞いてみたらここは高いし塩分は気にしないという、新地火力発電所は地形の関係で原町火力発電所より被害が少なかった。あういう大きな建物があると津浪を弱めるのにはいいだろう。ただ見晴らしよくなくなるから問題なのだ。一見田はみんな同じ高さに見えるが違っている。鹿島区では烏崎や小島田の方が低いから塩崎まで六号線を越えておしよせたのである。あの辺は万葉集にも歌われた地だからやはり低くかったのかなと思う。真野の入江が津浪で再現したのである。


新地にくるとここは伊達領と相馬藩の領地にもなった境で争いがあった。臥牛城ともう一つの新地城もそうである。新地はもともと谷地小屋が中心で谷地小屋要害とかいものが残っていた。新地城から臥牛城へ相馬藩をおさえるために城を造った。でも臥牛城はあまりにもその跡も小さいのでこんなところに城があったのか、ちょっとした砦のようなものだったのか?それでも城下があったとか新地についても良くわからない、新地にくると確かに宮城県に半場入ったような気分になるのだ。
相馬市までは相馬藩だけど新地はまた違っている。今でも伊達藩の武士の子孫で相馬市との合併を拒んでいたという人が駅の近くに家があった。それが津浪で流された。


実際に鹿狼山から太平洋を眺めると牡鹿半島が見えた。写真でははっきりしないが金華山も確認できる。高い山の上だからあれだけ見える。しかし新地の海岸からも牡鹿半島は見えたのである。あれくらい見えれば航海があの山を目印にするのだから意外とここは方向は間違うことがない海である。
船乗りが山を目印にするというとき牡鹿半島は一番わかりやすい目印になる。あれだけ見えれば方向は間違うことがない、だからここの海は鎌倉時代辺りから船で行き来があったとしている。

古代でも石巻の真野の萱原が港だという説もやはりこの海も見ればわかるのだ。波は荒いにしても方向を間違うことのない海なのである。

新地の街道から少しそれた上の町というところに社があり文禄の碑があった。これは今まで見た碑では一番古い。なぜここに?というときここが伊達領だったから古い碑があるのだ。松島にはすでに鎌倉時代の碑があった。伊達領には相馬藩より古いものがある。相馬氏は伊達氏よりは新興の勢力だった。だから伊達領よりは新しいから古い碑も少ない、文禄となると豊臣秀吉による朝鮮出兵=文禄の役があった朝鮮出兵である。そして文禄の後にすぐ慶長の津浪に襲われたのである。
戦争もあり津浪もありと動乱の時代だったのである。


新地の地形の特徴は貝塚が写真の海が見える辺りの高台にあったように海が近く海と山の間が狭いのが特徴なのである。これだけ海が見える場所は浜通りでもない、手の長い神がかい貝をとって食べていたというのはこの高台に貝塚があったからである。まさに地形の特徴がありここは山の幸海の幸に恵まれた所であり縄文人が住むには最適の場所だったのである。


菜の花が植えているのはここも放射能汚染でそうしているのか?別に相馬市から普通に田畑も作っている。あの茅葺きの家は特別残しているのか?まるで写真とるためにある。ただいくら茅葺きの家でも今は昔の生活がないのだから何か生活感ない、結局昔はどんなことしたって再現できないということである。なにかこれみたら写真をとらせるために人工的に作った、映画のセットのような感じすらするからだ。そういう場所は中山道の妻籠宿、馬籠宿にも感じた。まるで映画のセットになっていて生活感覚がなくなる。だから昔を再現すふることは容易ではない、観光化するとどこもかえって昔が偲ばれなくなることすらある。観光客ににぎわっているからここがいつもそんなににぎわっていたと錯覚するのである。だから最近名所観光はつまらないと言う人が多くなっている。歴史はかえって何か忘れられてしまった道の辺の古い碑のようなものに感じるのだ。仰々しく観光客用に再現してもそれが作られすぎてかえって歴史をそこなうということもある


鹿狼山に作った花木山の花園ではリキュウバイの手入れをしていた。利休梅だというのもめずらしい。堺辺りでは外国のものがいろいろ入ってきたのである。
壺でも茶碗でも外国製の高価なものが入ってきた。利休はそうした外国製の高価なものを嫌いわび、さびの茶道を確立した。みちのくあたりだったらそんなことはない、そもそも堺のように高価な陶磁器などすら入ってこない、平泉にあったにしろ普通は見ることもできないものだった。
利休梅は明治以入ってきたのだから利休が生きたときにはその名はないしこの花自体見ていない、
この名は相当新しい名でありそれだけなじみのない花だった。花の名前は万葉時代からあり古いのが多いからだ。

新地から峠を越えて丸森に向かった。丸森では森に迷い出れなくなる恐怖を味わった。だからそのために体が今も痛い。新地は福島県だけと宮城県の部に入れた。丸森まで旅がつづいたからだ。
 
 
 

丸森の秘境へ (夏の旅-新地からのつづき)


丸森の秘境へ

(夏の旅-新地からのつづき)


nokoruhanaaa11.jpg

yamabukiiiiii1212.jpg

aszakura121212.jpg

sannshokusakuraaa.jpg

zaoooooo111.jpg



山吹や峠を越えて丸森へ

丸森へ峠越えるや朝桜
戦死塚訪ねてみればスミレかな
丸森や山路の深く落椿
丸森に海を望むや桜散る
イノシシの左右に駆けぬ夏の闇
丸森ゆ相馬へ飛ぶや夏の蝶
丸森の奥に家あり夏の星


峠越え蔵王の見えて丸森やなほ雪厚く新緑映えぬ

昼暗き旗巻峠相馬へと下りゆくかな椿散りにき
丸森の森の深きに黒揚羽舞い出て消ゆる山路ひそけし
大内の部落やあわれ天明の碑のあり夏に我が来る
分け入りて二筋の滝岩伝い流れし奥や新緑に映ゆ
二輪草木洩れ日さしてあまた咲く人に知られずここに映えにき
丸森の森の深きに鳥の声かすかにひびく夏の夕暮

丸森に蛙の鳴く声ひびきあう山間深く数軒の家

futasujitakiii111.jpg
二筋滝

nirinnnsoummm.jpg

nirinnnnsou444.jpg
クリック拡大!


mominokiiii111.jpg
樅の原生林

stonemaromoriiiiii111.jpg
忘れられた石

鹿狼山から丸森へ峠を越えてゆく、山吹が咲き桜がまだ咲いていた。ここの坂は帰りの方が辛い。ただ今回は電動自転車だから楽である。庭に三色桜というのが咲いていた。蔵王はまだ雪が厚い。
丸森の景観は変化に富んでいる。阿武隈川があり山が深い。蔵王も見える。金山城など歴史もある。戊辰戦争の戦死塚もある。大内部落に子安観音があり天明の碑があるのも相馬藩の飢饉の影響があるかもしれない、天明山というのも飢饉のとき名づけられたのかもしれない、ただ当時は飢饉だからといって伊達藩で援助することがなかったのである。


今回は手倉山の方に入って行った。そこに流れがありでこぼこの悪路がつづいた。電動自転車だからなんとか上れた。マウテンバイクのオフロ-ドのみちだった。そこは誰も入ってゆかない、車が一台通ったので道が通じていると思ってどこまでも進んだ。あそこは本当に秘境なのだろう。二筋の滝が岩を伝い流れていた。「二筋滝」という命名がいいみたいだ。誰も知らない奥深い谷間に二輪草が一杯咲いていた。あの二輪草を見る人もまれである。何か神秘的であり秘境に入る感じがした。

実際に樅の原生林というのがありそこに十数本の樅の林が確かにあった。樅は一本か二本しか森でも見られないからここは樅の原生林だったのだろう。原生林など今はない、丸森も名の通り森の町であり森が思った以上に深い、ただ杉の森である。もともとここは森林資源で米沢と伊達と相馬が争った境界の地帯でもあった。江戸時代から森林資源が豊富だった。その森に迷ってここの森がどれだけ深いか豊であるか知った。わずかに道のようなものをたどって下って行ったら道が尽きていた。
その時電動自転車をおして前の道にもどるのに大変な労力がかかった。そして森から出れなくなる恐怖を感じた。樹海にまぎれこんだみたくなってしまった。5時過ぎてくらくなりつつあったから余計に恐怖だった。こんな近くでこんな恐怖を味わうとは思ってもいなかった。必死で自転車をおして元の道にもどった。そしたら運良く下る道がありそこを一路下った。この道を下れば前の道に出れると思い安心した。誰も見ないようなコブシの花がひっそりと夕べの闇がつつむなかに咲いていた。


6時ころになりすでに暗くなっていたときまた相馬へゆく道をまちがいた。別れ道があり大きな道の方を行ったらそこは坂になっていてどんどん進んで相馬へ出れるのかと思ったらあの道は相馬に出れない、車の人に聞いてわかった。丸森の奥は深い、あんなところに家があった。それから引き返してやっとこの道をゆけば相馬だと聞いて一路帰った。星が光り蛙の声だけが山間に高くひびいていた。丸森はまだまだわかりにくい場所である。地形に変化があり魅力ある場所だと思った。

相馬に出たの8時過ぎで帰ったの9時ころだった。これだけの運動をしたからぐったり疲れた。
でも自分は身体障害者でなくなったからこれだけの無理ができるし結構無理ができると思った。
登山もできる。今まではこういうことは絶対できない、身体障害者であり小便でなくなったら死にいたるからだ。そういうことはないから安心した。やはり今は手術して正常に戻ったことで体に自身がついた。ヒマラヤ登山すら苦しいけどでるかもしれない、3000メ-トルまで上れば9000メ-トル級の山を見れるのだ。もう一度見てみたいと思った。


こうして家に帰ったら母が足を悪くして動けなくなっていた。トイレにも行けなくなっていた。
食事もほとんどとらないからもう寿命なのかもしれない、90以上になると突然弱るとパタパタと死ぬ人が多いらしい。だから死ぬ時期がきたのかもしれない、明日は入院とかの相談でありちょっと忙しくなるからプログの方は休みになるかもしれない、ただ自分は体が正常にもとったのでその点これら一人でものりきれるなと安心した。やはり介護は第一に健康であり健康がなくてはとても介護はできない、自分も介護されるような状態では介護はできないのだ。

こんなわけでこれからしばらくまた母のことで追われるかもしれない、人間はともかく死ぬまで手間がかかるものでありそれが大変なのである。
 
 
 
 

2013年10月02日

宮城県人と福島県人の違いは何なの? (宮城県人は東北人ではない?)


宮城県人と福島県人の違いは何なの?

(宮城県人は東北人ではない?)

宮城県人は、東北人でいて東北人ではない。福島県より東京には遠いのだが、100万都市・仙台はもちろん、そうでなくても、かなり都会っぽいのである。なにせ、「仙台の如きは当時繁昌の地なる故、風儀上国に習へり」(『新人国記』)とあるように、江戸時代初期からすでに、上国(京都に近い畿内の国々)に似たところだったのだ。気質も、淡白でさっぱりしている。
http://www.k2.dion.ne.jp/~nipoon1/miyagi.htm


県民性は明治維新から作られたものだから歴史が浅い、江戸時代だったらその気質もその土地に密着しているから相当に違っていた。飯館村とかが明治以降合併したとき佐須村と大倉村は民情が一致しないから合併しないと村誌に書いてあった。なに、大倉と佐須はすぐ近くだ、民情が一致しないとは何なのだろうか?
詳しいことはわからないが人間が何かしら違っていた。それにしても同じ山の村でありなぜそうなったのだろうか?それだけ隣り合う村でも交流がないから違和感を感じていたし
付き合うということもしなかったのかもしれない、つまり江戸時代はいかにそれぞれの村が小単位で自給自足していたかである。今の時代にはそこが理解できなくなっている。
そんな狭い村でどうして生活できたのか?それが理解できないのである。


ただ最近南相馬市では小高区の人がどうのこうの鹿島区の人がどうのこうのとか言うのは原発避難民が押し寄せてきたために目立つからそう言われるようになった。双葉町の人はあつかましいとか批判されたりするのもそのためである。別に原発事故がなかったらそんなこと言われなかったろう。ただ原発で金が入ってくるのでうらやましがられただけなのである。それが今になるとただ金に汚い奴らだとか批判されるだけになったのである。
小高の人は人がいい人が多いとか鹿島の人は人が悪いとか言われるのもそのためだった。全然気質が違うという。そんなこと考えもしなかったが何かそういうことがあったのかもしれない、今でも隣り合っても民情が違うことがありうる。
でもそもそもそうした民情とか気質とかはわかりにくい、ただそういうことは常に話題になる。


福島県では特に浜通りでは相馬地方では仙台のつながりが強いから宮城県人とかかわる人の数が多いのである。結婚する人も宮城県の人が多いのである。それで面白いのは新地に伊達氏の家系の武士出身の人がいて相馬市との合併を頑固に反対していたという。
なぜ新地が相馬市と合併してもいいようでもそうなっていないわけがこんなところにもある。新地は伊達藩と相馬藩の境目だから特殊なのである。あそこに文禄の碑があったことでも伊達藩は相馬藩より古いのである。その碑はやはり伊達政宗の朝鮮出兵と関係して記念に建てられたのかもしれない、なぜなら新地は伊達領にもなっていたからである。
わざわざ文禄の碑とか記念に残すのはそのためだったかもしれないのだ。

伊達政宗は本当に東北人とはそもそも思えないのだ。それはやはり仙台がすでに繁華な都会でありそこでそうした気質が養われたとなる。本当に宮城県は東北ではないというときその気質がそうなのである。東北人は鈍重で真面目であり融通がきかいなとかず-ず-弁で世渡りが下手だとかが常にイメージされる。宮城県人にはそういうことがないのである。伊達政宗は現代に現れてもたいして違和感がない人間だったのである。
ただそうした都会人的気質が福島県人からすると嫌われるということがある。
それはなぜか?福島県人はまだ宮城県人より素朴なものが残っているためだという。
そんなことあるのかと思うがそういうことは類型的にある。宮城県人は仙台を中心にして拡散した都会なのである。岩沼や亘理あたりまでも仙台の延長なのである。だから仙台中心の県なのである。工業都市であり商業都市であり東北の中心の交通の要である。
それが江戸時代よりそうだったのである。仙台平野の米は石巻から船で江戸に送られていた。そういう商業都市として江戸時代からあったことが違っていた。
商業的だということは人と渡り合うことに優れている。それは関西と似た気質を形成する。


人間は不思議に国の訛りでおさとが知れるというのは変わっていないところがある。
なぜか、宮城県に住んだり宮城県人とかかわった人が・・だっちゃ・・だっちゃと語尾になる。この言葉でまずこの人は宮城県人だとわかる。相馬ではんだ、んだでありだっちゃは異質なのである。それで丸森になるとんだちゃになっていた。これも丸森が一時期相馬藩になっていたから相馬とかかわりが深いからそうなった。んだ-ちゃと宮城県と福島県の方言が一緒になってしまったのである。方言は山形でも青森でも相当に違っている。
訛りが強いと聞き取れないことがある。秋田弁でも山形弁でもなまりが違うのである。
雪国の方言はなまりは何か内にこもるような鈍重な声になっているみたいだ。

宮城県のだっちゃは何か明るい感じがしたのである。方言はまず何か地域で育った人間を感じさせるのである。江戸っ子になればあれだけの都会で生きるのだからぐずぐずしては生きられないからはっきり物言う言葉になる。それは都会だから仙台と宮城県人とにているのだ。んだんだ・・というのは何か鈍重で機敏性がないのである。
京都弁だと言い方やけにやんわりしているのである。女性的でありなるほど京都なら常に人ととかかわるからそうなったし大阪だともうかりまっかとかが挨拶になる。それは商業都市だからそうなる。京都弁は政治都市だから本音と建前を分けた言葉となる。
本音を簡単に出したら権力者に抹殺されるという恐怖があったのだろう。


結局言葉にも常にその地域性が現れていたのである。京都ではどうしても権力者の天皇も住んでいた都市だからそうなった。上のものに気づかうためにあのようなやんわりとした言葉になっていた。そのやんわりとした言葉は表向きで実際は刺があり本当の心は表に出さないのが京都人だとなる。権力者と絶えず接していればそうなってしまいそういう気質と言葉が生まれたともなる。
福島県というとき広いから一様化できない、会津はまた山国であり別個の世界である。でも山国であり強情だとか融通性がないというのも地理的歴史的に培われて気質が育てられたのである。福島県は宮城県と比べると素朴なところがまだ残っている。それは保守的な気質にもなっている。ただ浜通りとか会津ではまた違っている。


祖先につながりを感じる(全国統計)
http://i.imgur.com/MahLH.jpg

これでみると宮城県だけがあまり感じていない、福島県は一番祖先とのつながりを感じている。島根県とか宮崎県もそうである。結婚は当たり前とかいうのも東北では多く宮城県だけがここは違っている。どうしても跡継ぎなどを重視すると結婚は当たり前という風土になる。つまり宮城県は東北ではとないということがこの地図からもわかるのだ。福島県は保守的な県である。これは会津があるから統計的に余計にそうなる。一般化すると会津の影響でそうなる。ただ先祖を重んじるという時相馬藩でもそういう傾向がある。なぜなら野馬追いがあるからそれは先祖の祭りでもあるからだ。それでなかなか原発事故でも他所に移りにくいということもある。福島県はまだ素朴で土着的傾向が維持されている。ただ浜通りはまた違っている。イワキになるとここは東京の湘南だとか言われ東京と通勤電車も直結しているからここの風土も人間も浜通りでも相当違ったものとなっているのだ。

2013年11月28日

平泉の金色堂と京都の金閣の相違 (金色堂は意外とつまらないと感じるのか)


平泉の金色堂と京都の金閣の相違

(金色堂は意外とつまらないと感じるのか)

hikaridouuu11.jpg
クリック拡大

永久の金閣の美


金閣の朝日に映えてまばゆしや
常磐木の松の緑の添えにつつ
水面に写るその影の夢ならじかな
朝の冷えしも千年の都に
塵はらいその姿永遠に保たむ

kinnkakuphoto1.jpg


kinkakumoyou2.jpg


三代の栄耀(えいよう)一睡のうちにして、大門の跡は一里こなたにあり。秀衡が跡は田野になりて、金鶏山(きんけいざん)のみ形を残す。まづ高館(たかだち)に登れば、北上川南部より流るる大河なり。衣川は、和泉が城をめぐりて、高館の下にて大河に落ち入る。泰衡らが旧跡は、衣が関を隔てて南部口をさし固め、夷(えぞ)を防ぐと見えたり。さても義臣をすぐつてこの城にこもり、巧名一時の草むらとなる。「国破れて山河あり、城(じやう)春にして草青みたり」と、笠うち敷きて、時の移るまで涙を落とし侍(はべ)りぬ。

 
 夏草やつはものどもが 夢の跡  卯の花に 兼房見ゆる 白毛(しらげ)かな    曾良

 
 かねて耳驚かしたる二堂開帳す。経堂は三将の像を残し、光堂は三代の棺(ひつぎ)を納め、三尊の仏を安置す。七宝散りうせて、珠(たま)のとびら風に破れ、金(こがね)の柱霜雪(そうせつ)に朽ちて、すでに頽廃空虚の草むらとなるべきを、四面新たに囲みて、甍(いらか)を覆うて風雨をしのぐ。しばらく千歳(せんざい)の記念(かたみ)とはなれり
 
  五月雨の 降りのこしてや 光堂

光堂を奥州の雨露から守るためには、膨大な財政的負担がいる。ほぼ10年か20年に一度は、金箔の張り替えを繰り返さなければいけない。結局、政子死後、50年ほど過ぎてから、光堂を守るためには、これをすっぽりと覆うことが一番経済的という判断が下された。そして正応元年(1288)、現在の鞘堂が建立されたのである。本来であれば、金色堂は、金箔を張り替えながら、金色に輝く姿で、関山の中央に黄金の蓮のごとく、光り輝いているべきものかもしれない
http://www.st.rim.or.jp/~success/sayadou02_ye.html


金閣と平泉の金色堂は同じ金色でも相当に違っている。平泉の金色堂は鞘堂が残っているが覆堂というものに隠されていたのである。雨風にさらされていたら金色には保てない、いちいち金箔も張り替えるものもいなくなっていた。千年の都今日とではそういうことができた。金色堂が残ったのは覆堂や鞘堂があったからである。隠されて残っていたというのに魅力が生れた。だから芭蕉も良くのこっていたなとふりのこしてやの句ができた。
でも芭蕉が見たのも鞘堂に入っていたものだったのである。
だから平泉の金色堂は荘厳な内陣の装飾に魅力を感じるという人もいることはわかる。
そこにアフリカの象の牙まで使い贅をこらして作りあげた最高の工芸品だったということである。平泉の金色堂はやはり奥の細道のみちのくのわび、さびの風情なのである。
それは何か孤立しているそこだけが華麗な美を極めて残ったという感じがする。

一方京都の金閣は趣を異にしているのはそれがいつもあからさまに何も覆われず金色が映えていることにあった。だから日の光に映えるし前の池にも写っているし雪の金閣もすばらいし美を現している。四季の移りで金閣が美を極めて映えているのだ。
だからこの美に魅せられる人がいても当然である。

京都には金閣があれば銀閣があり秀吉の黄金の茶室があれば利休のわびさびの茶室がある。秀吉の黄金の茶室をいちがいに否定はできない、それもまた美でありそれと対象的に金閣の美がある。そこに千年の都の豊かさがある。平泉の金色堂にはそういうものがない、単体であり孤立している、金色でもそれが京都の金閣とは全く違ったものなのである。
やはり美というのは自然が根本的に作るのであり自然の背景がないと本当の美は生れない、金閣は自然に映えるということで魅了されているのだ。朝日にまばゆく輝く金色は鞘堂に覆われた中で輝く黄金の輝きとは違っている。
金の魅力はやはり色あせないものをもっている。ヨーロッパなどでは黄金は富の象徴であり美の象徴というものでもない、日本は黄金を美の象徴としたともいえる。


平泉が意外とつまらない、見るべきものがないという時、金色堂にしても単体であり七堂伽藍も消失したしただ柱の礎石のみか残っていた以前として廃墟の跡なのである。廃墟の魅力が平泉なのである。だから金色堂の輝きは確かに華やかさがあっても金閣とは違っている。確かに金閣のように自然の中に映えるようにしてあればまた違っていた。
朝日に輝く金色の色が見えることになるからだ。その相違は大きいということである。

だから金閣にしても自分でも訪ねたとしても一回くらいであり一日の時間の変化で季節の変化で見ていない、他の人たちも地元でない限り関西近辺でないとそんなに見れない、だから本当の美がわからない、自分はただ想像で今は詩を書いている。

また旅というのは旅する行程で違って見える。芭蕉は繁華な石巻を見て淋しい平泉に向かって行った。


十二日*、平和泉*と心ざし、あねはの松・緒だえの橋*など聞伝て、人跡稀に雉兎蒭蕘*の往かふ道そこともわかず、終に路ふみたがへて、石の巻といふ湊に出。「こがね花咲」*とよみて奉たる金花山*、海上に見わたし*、数百の廻船入江につどひ、人家地をあらそひて、竈の煙立つヾけたり。思ひかけず斯る所にも来れる哉と、宿からんとすれど、更に宿かす人なし*。漸まどしき小家に一夜をあかして、明れば又しらぬ道まよひ行。袖のわたり・尾ぶちの牧・まのゝ萱はら*などよそめにみて、 遙なる堤を行。心細き長沼にそふて、戸伊摩*と云所に一宿して、平泉に到る。其間廿余里ほどゝおぼゆ。


不思議にこの行程は今でも一致している。石巻から石巻線は面白い、その駅の名前も・・・何かものさびている。


冬田の中の石巻線、短歌十首と詩
http://musubu2.sblo.jp/article/35518385.html


石巻線枯野のあわれ城あれや小牛田につきて平泉へゆく


湧谷には伊達藩の城があった。あの辺は何かもの淋し地帯である。
奈良時代に黄金がとれた地帯としても知られていた。

遙なる堤を行。心細き長沼にそふて、戸伊摩*と云所に一宿して、平泉に到る。其間廿余里ほどゝおぼゆ

長沼というのは大きな沼だったのだろう、品井沼とか干拓した場所もある。・・もある。干拓される前だから日本では湿地帯が多く沼が多かったのである。海岸沿いでも沼とつく地名が多いのである。平泉までいたるにはそこに大きな野が原が田んぼが広がっていたのである。ただまだ田んぼではなく沼や野や原が多かったのだ。
そういう荒寥とした風景の中を平泉の金色堂にいたりその輝きを見たのである。
それはこのみちのくにこれほどの輝きを見た驚きがあった。
芭蕉が見たみちのくは荒野の風景だったからである。だから旅は新幹線で東京から二時間ちょっとだと来ても旅にはならないし金色堂の感動もないのである。


− 中尊寺の金色堂と鞘(さや)堂 −
http://www.el-saito.co.jp/cafe/cafe.cgi?mode=res&one=1&no=2972

2014年02月15日

仙台に約一年ぶりに来る (浮世絵展を見てバスで帰る-阿武隈川の短歌)


仙台に約一年ぶりに来る

(浮世絵展を見てバスで帰る-阿武隈川の短歌)

FUYUOMIII1.jpg

ABUKUMAAARIVER111.jpg

クリック拡大

津波跡駅舎もなしや冬の海
阿武隈の川面に写る冬の雲
冬の雲津波の爪痕消えぬかも


冬の浪荒く打ちつけ津波跡駅舎いくつか消えてなしかも

阿武隈の川面に写る冬の雲なかなか消えじ春はまだしも
街の灯の連なりともり仙台に久しく来じも今日我が歩みぬ

仙台の街の灯ともりなお冬やコートを着つつ歩む人かな

SENDAICITYYYYY1.jpg
これは縮小したものです

bigsendai1.jpg

これを拡大して見てください

やはり大きい写真でないと見栄えしないものがあります


クリック拡大


UKIYOETENNNN1.jpg

直通のバスで仙台に行く、途中新地とかは駅舎が津波で消えて荒い浪かしぶきをあげて打ちつけている。東部高速道路に出ると高いので眺めがいい、必ず阿武隈川などが見える。河口になるので広くゆったりと流れているのは外国の川を見るようである。
こういうふうに大きな川を見れないのが日本である。

阿武隈川というときそこには歌枕となった川でもあり阿武隈川についての古歌を知ると
また見方が違ってくるだろう。


 阿武隈に霧立ちくもり明けぬとも君をばやらじ待てばすべなし(「古今集」)
 よとともに阿武隈川の遠ければ底なる影を見ぬぞわびしき(「後撰集」)
 行末に阿武隈川のなかりせばいかにかせまし今日の別れを(高階経重「新古今集」)
 秋の夜の月はのどかに宿るとも阿武隈川に心とまるな(藤原実清)
 思ひかねつまどふ千鳥風さむみ阿武隈川の名をやたづぬる(定家)


阿武隈川せやはり地理的に一つの境である。川は境にもなる。だから阿武隈川はみちのくの一つの境になる。特に亘理から岩沼にわたるところは境である。
底なる影とはなにか?確かに河口の方になると広いからそうした影が写しやすい、
冬の雲が今回は写っていた。つまり阿武隈川は大きいし底が深いということで影も写りやすいからこれはもしかしたら想像でもないかもしれな、ただ京都の人が歌ったのは実際に訪れたより想像で歌ったのが多いからわからない。
ただこれは想像にしても阿武隈川の特徴をとらえているのだ。

古歌を鑑賞するには相当な歴史的背景がありまた深いものがあるからなかなか鑑賞するのがねずかしい。
ただ阿武隈川にしても長い川だからどの辺を歌ったのかもわかりにくい。
みちのくに住んでいるものとしては相馬からだと必ず亘理で阿武隈川を渡るから一つの境意識がつちかわれる。


現在の「あぶくま」の地名は、平安時代の文献に「あふくま」と呼ばれていました。『三代実録』貞観5年(865年)の項で「阿福麻水神(あふくまかわのかみ)」が出てきます。この神は『延喜式』(912年)の陸奥国亘理(わたり)郡に出てくる、あぶくま川河口の「安福河伯(あふくかはく)」神社と考えられています。『延喜式』の「安福(あふく)」は、本来は「安福麻(あふくま)」であったろうと『大日本地名辞典』を編集した吉田東伍は言います。また「河伯」は『和名抄』に「かわのかみ」と記されいます。したがって「安福麻河伯」神社は9世紀には「あふくまかわのかみ」と呼ばれたと考えられます。仙台藩の『封内風土記』によれば地方民がこの神を「阿武隈河大明神」と呼び、昔は「阿武隈川神社」と呼んだと記しています。

aukumaaaaa111.jpg

逢隈(あふくま→おおくま)となっていて駅もできた。そこに実際に逢隈という地名が残っている。やはりここが名前の発祥地だとすると川を渡る場所としての名だったのか?
大きい川はわたるのに難儀したから逢うと別れるとかがテーマになりやすいのだ。


仙台で浮世絵展をやっていた。北斎の浮世絵を現代的手法でよりきれいしにした。
赤富士が暁に染まるのがリアルな絵があった。普通は何かくすんでいるのだ。
ただ富士の迫力は自分の眼で実際に見ない限り感動しない。

ソニーのRX200は夕方とか夜景がきれいにとれる。写真の魅力がこれでました。
こんなふうにきれいにプロ級にとれていることに感動した。

仙台にはやはり一カ月一回くらいは来る必要がある。
やはり展覧会でも文化であり得るものがある。
インターネットやテレビの画面だけからは得られないものがあるのだ。
音楽でも生演奏を聞かないと音楽はわからないというのは確かである。
ただ最近7年間は介護に追われそうした時間の余裕がなくなっていたのである。
現実に水道管が壊れ大量の水漏れがしていたと連絡があった。
子供を家に置いて火事になったとかハチンコして遊んでいて車の中で子供が死んだとか
何か家族でも家を留守にして留守番がいないと問題が起きる。
そういうことかつづいたのがこの7年間でありまたつづいているのである。

 

2014年05月04日

春から夏(松島俳句十句)


春から夏(松島俳句十句)

matushimaaaa111.jpg

tubakiiii222.jpg

この上の二つはクリック拡大

ochiyubakiiiii111_FotoSketcher.jpg

ochitubakiiiiiii123.jpg

ennresouuu11.jpg


落椿散りて一つに赤きかな

椿散り赤き誠にスミレ咲く
初夏や金華山望み鴎飛ぶ
鴎飛ぶ夏の日ざしに白しかな
レストラン活魚の泳ぎ夏の海
島に眠る鴎あまたや夏の夕
幻の島も浮きなむ夏の海
五大堂陽翳り涼し夕べかな
夏の陽の海面に写り五大堂
政宗の京の行き来や夏つばめ
春日さしアベック行くや赤き橋


初夏や松の緑も麗しく金華山見え鴎飛び交ふ
赤き橋渡り飛びかふ鴎かな夏の日ざしにまばゆく映えぬ

波光り松風鳴りて椿咲き南し思ふその赤さかな
人入らめぬ島の渚やまばゆくも波の光りて鴎飛ぶかも
残る花延齢草の葉に散りて名残りを留む小径行くかな

seagullssss333.jpg

seagullssss22.jpg

seagullssss1.jpg

この上の三つはクリック拡大

godaiiii111_FotoSketcher.jpg

sunshineeee1.jpg

kamomeeeeeeialand1.jpg

ここはクリック拡大すると大画面になり鴎が生き生きと見える
 
katugyooo111.jpg

松島の松が津浪でも残ったので観光には影響がなかったのは救われた。
他のように松がなぎたおされたら松島の景観も喪失したからあまりにも衝撃的だったろう。
松島では島にさえぎられて水が徐々に高さを増しただけだったという。
だから波の衝撃がないから松も倒れなかったのである。
高さも低いし写真にとった島の上までは波は来なかった。


松島は前は椿に雪が残っていてきれいだった。
今回は季節が進んで初夏になっていた。
椿はもともと南国産であり沖縄のような南国にふさわしい花である。
今回は椿がいたるところで散っていた。
椿は一つ一つ が咲いているときと散った時は落椿となり
一つになった感じになる。一つの赤さに染められる。
赤はやはり誠を示しているのである。


鴎が夏の日ざしを受けて奔放に飛んでいた。
その光を受けて白さを増していた。
そして島にあれほど鴎が集まって寝床にしているのははじめて見た。
いかにも夏らしい風景だった


福浦橋からは必ず金華山見える。
あの赤い橋は印象的である。
アベックが多かったからあの橋も一段と赤いともなる

夏には前にも書いたけど松島は島が多いから
幻の島でも浮かんでいるような錯覚に陥る。
蜃気楼のようにありもしない島まで浮かんでいる錯覚である。
それだけ島が多いということである。
その島は奥松島まで広がっているのだ。


伊達政宗は京都の秀吉の伏見城にいることが多かった。
当時では江戸であったからそこから日本や世界を見ていたのだ。
だからグローバルな視野をもちえたのである。
その妻の愛姫もし伏見にいて伏見で死んだ。


レストランで貝の料理食べたけど貝がわずかでこまかくした氷の上にのっていたのだけど
それでその氷を食べるのかと思うほど貝が少なかったのである。
一興と思って入ったけど期待外れだった
そもそも貝とか高いし津浪のあとで魚介類はそんなにとれていないだろう
どうも牡蠣にしても小さく今までとは違っている
一般的には観光地の料理は高いだけで中味がないのが普通である
仙台の方がうまいものが食べられる


松島には快速で行くと近いなと思った。
直通になるから近くに感じる
松島は相馬からでも一番行きやすいのである
ただバスになったから出るには億劫になったのだ
それから介護しているから余裕がないのだ
それでも4、5月は一番旅にも外出にも向いている。
この月を逃すとあとは梅雨になのから出かけられない
だから無理をしても出かけたいのである

どうしても今は津浪の被害にあったところに足がむく

福島県の浜通りから宮城県の沿岸部は津浪の被害地域であり
連続したものとして見るようになったのである。
だから次は陸前小野駅から石巻から女川の方に行ってみたい
陸前小野駅までは電車が通っていた。
あれも常磐線と同じで途中が途絶えているから不思議になる

やはり観光として景観としては松島から奥松島から鳴瀬川から
石巻から牡鹿半島から気仙沼は魅力があるところなのだ。

次は奥松島の短歌などを出す・・・
 

2014年05月05日

奥松島から鳴瀬川、浜市、牛綱村(春から夏の短歌十首)


奥松島から鳴瀬川、浜市、牛綱村(春から夏の短歌十首)

shimaaaaa1.jpg
この線路はなくなる

shimaoku1234.jpg
線路があった所から写す

shimaoku123.jpg

nanohanaaaaa1.jpg

koukakyou1.jpg
線路はかなた高くなる


風そよぎ海に面して山桜ゆれつつ散らむ朝に映えにき

夏の日や奥松島の島影の変わらず見ゆやここに住みなむ
奥松島その静けさや島一つ心に残る夏の夕暮
奥松島菜の花映えて島影や津浪の跡をバスに行くかな
夏の日に牡鹿半島望みつつ野蒜の沖に船を行くを見ゆ
鳴瀬川河口に浪の打ち寄せぬ夏の日明るく鴎飛び来ぬ
津浪跡耕す女や牛綱村浜市の名夏の日さしぬ
津浪跡形見と残る社なれ古木の一つに我はよりにき
白萩の通りの消えて松一つ形見と残りあわれなるかな

菜の花や陸前小野駅終点に電車とまり津浪の後かな

naruseee1.jpg


鳴瀬川の河口

yashiroooo111.jpg

残った社の古木

matuuuuuuu111111111-5cb25-thumbnail2[1].jpg

一本だけ残った松


松島を旅行する時、松島だけを見ると印象が薄いものになる。
松島という領域は実際は相当に広いのである。
塩釜から松島に行っただけではわからない
これは一般的にどこの観光地でも言えることなのだ
点だけではなく線としての旅こそ旅になる。
今は交通が便利だから途中を飛ばしてしまうから名所がつまらないとなる
芭蕉の旅もみちのくの未知への長い旅の行程の中で生れたのである。
もし今のように新幹線で東京から二時間で来たら「奥の細道」は生れなかったのである。

仙石線で印象に残る場所が東名駅とかある海沿いをすれすれに走る線路であった。
その車窓がいつも見えるのがあの島だったのである。
あの線路はなくなり高い所に線路が作られる。
だからこういう低い所から写真はとることはできなくなる。
それでこの写真も貴重なものとなっているのかもしれない。


とにかくあの島はいつも見えるから印象に残る。
つまり樹でも石でも人間が長く見ているものは人間化するのである
あの島は何か母とか姉とかでも人間的になるのだ。
名前がつけること自体人間化している。
ペットに名前で呼ぶのは人間と同じになっているからだ。


菜の花が咲いていたのも何か奥松島らしい。津浪の跡に菜の花畑にしたのだろう。
桜もまだ咲いていてそれは山桜だった。
海に面して咲く桜だから山桜でも違った感じになる。

そしてし野蒜から鳴瀬川に出る。

あの鳴瀬川はまさに鳴る瀬であ名前がいい、あの河口に注いでゆくときが何とも気持ちがいい

東松島の白萩の通りだったのか、浜市だったのかわかりにくいがあそこに一本の松が残っていた。
あれだけが形見のように残っていたし社にも古木が一本残っていた。
牛綱村とか浜市とかの名前も良かったし白萩文書とか天保時代のものが残っているから
古い場所なのである。野蒜村というのも江戸時代にあった。
一般的に伊達藩は相馬藩より古いものが残っているのだ。


ただ仙石線は仙台からの延長であり通勤圏であり漁業とか農業で暮らしているという感じはないから
何か外から見て新しい町に見えてしまうのである。
ただ今は別に漁業とか農業で暮らしているいるわけでいなから仕事を失っているわけではないないから
津浪の被害から立ち直りやすいということがあるかもしれない。
それは相馬などでもみんな農業でも漁業でも一部が専業なのであり
ほとんどが会社員になっているから昔とは事情が違っているのだ。


松島海岸や高城から陸前小野駅までは代行バスがでている。
ただ陸前小野駅からは電車が通じていたのである。
あれは相馬市から原町駅まで通じている線とにていた。
短い距離になるからにていたのである。

次はあそこから石巻から女川を見てみたい、石巻はすでにみている。
津浪の被害はやはり宮城県が一番大きかった。
だから津浪が何かを知るには宮城県を見ないとわからないのだ。


2015年07月10日

青葉風 (仙台の青葉通りの俳句十句ー都会と田舎が融合すると文化が育まれる)



青葉風

(仙台の青葉通りの俳句十句ー都会と田舎が融合すると文化が育まれる)

aobaaa12355.jpg

aobagou1111.jpg



夏菊の雨ぬれバスに六号線
高速を一路走るや夏燕
駅よりや通り吹き抜け青葉風
仙台に外人交じり青葉風
若き等の街を闊歩す青葉風
鳩歩む通りや青葉の影涼し
影なして青葉通りや学都かな
雨しとと青葉の濡れて喫茶店
新幹線仙台に着く青葉かな
夏日射し人々あまた熱気かな
夏の陽の雲に映えるや街の朝
新幹線仙台に着く青葉かな
仙台や青葉の日影朝歩む
仙台や朝サイクル車青葉かな



仙台は青葉である。今頃が一番青葉映えて青葉通りになる。
青葉風が通りをふきぬける、バスを待っているとふきぬける
いろんな人が歩いている、外人も歩いていたし杖ついた老人も歩いていたし
昨今の事情なのかホームレスも歩いていた。
外人も今どきはどこにでも歩いているが仙台はやはり多い。
仙台は東北では一番の都会であり交通の要所である。
だから東北仙石ラインが新しくできて石巻まで50分だった。
青森までも二時間かからないのである。それは今は南相馬市と同じ時間である。
人間の距離の感覚は交通の便で変わってしまう。
石巻が50分か、青森が二時間もかからないのかとなる

仙台にと来たのもひさしぶりだった。やはり人間は田舎だけでは生活が豊かにならない
文化も生まれない、田舎的なものと都会的なものが融合すると文化を育む
田舎的なものだけだと何か精神も沈滞してくる。
都会での刺激が必要なのである。それは歓楽街とかではない
青葉通りの道路に面した喫茶店で歩いてゆく人を見ているだけで何か活気を感じる
それはなぜか、人が歩いていることを車社会になって見ないからである。
道路を人を歩いていないのである。
その象徴として駅前がシャッター通りになったことである
人は全然あるいていない、車が素通りしてゆくだけである。
人間が仙台のように歩いている姿が見れないのである。
それは結局車社会になったとき駅前通りでも歩かないからである。

今日ひさしぶりで原町の駅前の大きな病院でみてもらった。採血して糖尿病の検査をした糖尿病ではなかった。
そこに若い女性が多い、田舎で一番にぎわっているというと変だけでそこは病院であり
介護施設なのである。他では若い女性はいても少ないしだから病院だけで若い女性に接することができるとなる。
あとはイオンとかスーパーに人が集まるくらいである。
一番若い女性が多いのは病院なのである。
仙台では青葉通りを若い人も老人も歩いている、病院はどうしても老人が多い
そこに若い女性が看護師だけではない、事務員でも多いのである。
田舎の勤め先は病院と老人の施設が一番多いのである。

仙台の特徴は東北の中心都市でありそこにが学都でもあり森の都であり学生も多い。
若い人が働く場でもある。だから青森の津軽鉄道の終点の中里のタクシー運転手の息子は仙台で働いているとか仙台は東京のように若い人が集まっているのである。
震災後は余計に避難者などが仙台に集まり人口が増えたのである。
本でも大きな本屋がありそこで立ち読みするとなにか頭に入るのも不思議である。
書店の効用はなぜか本を買うというのではなく立ち読みすることにある。
ある意味で図書館的な役割を果たしている。そのためにある量がないとできない
そういう書店はもう東北では仙台くらいしかないのである。
通販だとどうしても中味が読めない、立ち読みがうまくできない、一部紹介されていはいる。
でも書店での立ち読みのようなことはできないから困る

それで石巻のことを知りたくて古本屋に入った。
その書店でめずらしく経営している人が郷土史に詳しかった。
郡山の安積疎水とかで明治以降開拓に入った人が親戚にいて良く・・・バイとか九州弁をしゃべっていたという、・・・バイとかはオイドンとかはテレビなどで聞く
明治から百年以上たってそれだけまだ九州弁をしゃっべっているということはそれだけの人数が開拓に入ったということである。
相馬藩でも越中などの移民が天明の飢饉以降入っているからその風習、真宗の火葬などが入ってきた。
ただノバとか裸というのは真宗の方の方言だったらしい、それを子供の頃使っていた。
他の土地の言葉が入り伝えられることは相当な歳月が必要である。
百年過ぎてもやはり九州の方言をしゃべっていた人がいたというのもそれだけの人数がいたということだろう。
そうでなければ数人単位だったら方言も残らないだろう。
アメリカなどはメキシコ辺りから移民が多いから英語とスペイン語が半々くらいになっている。だから英語だけでは通じないからスペイン語も習っている人がいるのである。

新地が伊達藩だったということを言ってその方面の本が郷土史研究であったので買った。戊辰戦争のことが駒ヶ峰の攻防戦のことが出ていたので買った。
郷土史研究はまず資料をそろえないとできない、その時は必要でなくてもあとで必要になったりするからである。
その人はしきりに郷土史研究でも売れないと言っていた。
ネットでも販売している、まずそうしたものは興味ある人でないと売れない
仙台市は大きくなりすぎて歴史を調べるのも容易ではない
かえって今は小さな範囲だと郷土史というのもにも興味をもつ
範囲が広くなると興味あるものをしぼれないのである。
だから石巻市とか女川とかは興味をもったのである。
仙台の人が言っているが仙台では観光する場所がない、案内する場所がないと言っている仙台は何か目立つものがない、青葉城だって石垣だけだし何か60万石となるものが残っていない
あそこは一回上ればあきるのである。
ただ青葉通りというのが都会では気持いいのである。
その青葉には何か都会的なものを感じる、青葉風というとき仙台のイメージにぴったりのなのである。
新幹線がその青葉から仙台駅に到着したときあっていたのである。

仙台ではなにすることなく喫茶店でコーヒーをのみ通りの人を見ていると何か都会的な雰囲気にひたれるのである。
自分はともかく喫茶店が好きだったのである。そこで瞑想して書き物をしたりする。
何かそれが気分転換になる。食べ物も仙台はいろいろある。
ナンとかもありインドの旅行を思い出す、今回と中華料理店で焼き飯を食べたけどそれはチャーハンと違っていた。
中国人が経営している店だから中国的な焼き飯だったのである。
最近は遠くに旅できないからなにかそうした料理にも注意を向けるようになったのである本を買わなくなったので仙台には行くのはまれになったがやはり都会的雰囲気を味わうことも必要である。
田舎的なものと都会的なものが交わるとき文化が生まれるのである。
ただ盲点は文化というのが都会的なものであり都会だけの志向の人が多いのである。
田舎的なものがあり都会的なものがあるとき文化なのである。
欅の並木は自然でありその自然を活かして通りがあるから文化の街となるのである。
タグ:青葉

2015年07月11日

石巻の歴史 (東北の港でもあり様々なテーマがあった)


石巻の歴史

(東北の港でもあり様々なテーマがあった)



雄勝の硯
この石は玄昌石(げんしょうせき)とよばれています
http://www.mediaship.ne.jp/~elsoshu/my%20home%20p/suzuri.htm


ほまち

「帆待ち」「外待ち」と書く。
このあたりでは「ほまちかせぎ」と使われることが多く、「ほまづ」と濁ります。方言ではなく、国語辞典にも「出帆を待つ間の船頭さんの稼ぎ」「臨時の収入」「へそくり」と載っています。多く東北地方で言われてきた言葉と但し書きがついて。相馬に行くと「小遣い」「駄賃」の意味となるそうです。
 http://archive.ishinomaki-support.com/index.php?gid=10161

この難破船事故の積荷には仙台藩の城米が主力では有ったのですが、その他には荒銅、堅炭、辛子、大豆、和薬等も積んでいたのですが
http://red.ap.teacup.com/hangui/1498.html

仙台藩は 石巻、 気仙沼などの良港にめぐまれ あわび ふかひれ
などの高級海産物を長崎を通じて 輸出して 外貨を稼いだ。 さらに 鉄、
金などの鉱山を持っていた。 仙台藩の経済力は 幕府にとっては 脅威
であった。


石巻の人がしきり言っていたのは「雄勝の硯」のことだった。この職人の一団が住んでいたところに津波が来てその職人の一団が死んで困ったという。
スレートという材料が出てこの硯の歴史は相当に古い、それで石巻から江戸に出していたのかと思ったらそういう記録はない、すると伊達藩とかで使われていたのか東北中心に使われていた硯だったのかとなる。
スレートでは新しい東京駅の屋根に使われたとかテレビで放送されていた。
石巻で興味をもつのはそこは東北の港ともなっていることだった。
北上川は平泉に通じてそこからいろいろな品物が運ばれたと言われる
特に名古屋の常滑焼が多いのである。
他に象牙などはどういう径路で入ってきたのか未だに謎にされている。
江戸時代は北上川が交通路になり盛岡の方まで通じていて物資が運ばれた。
だから石巻は東北の港とも言える、一伊達藩の港ではない、そこも魅力なのである。
石巻の港には南部・八戸・一関といった東北諸藩の蔵が次々と建てられ、
だから穀町とか千石町とかの地名がある。主に米を積み出したからである。

 
彼は、薩摩藩士で安政年間に東北を歴訪し、見聞をもとに『東北風談』(風譚とする写本もあり)を著し、東北諸藩の藩政と海防について的確な批評をした。
肝付兼武は仙台について、広い平野に水田が広がり、諸藩に冠たる米の大産地だが、米以外にみるべき産物がなく、およそ衣服器材はみな他国に求めている、と産業の実情を述べている。
 これ自体、現在にも通じる宮城の産業構造を的確に捉えているが、もっとビックリするのは、次の民情の批評だ。
 http://plaza.rakuten.co.jp/odazuma/diary/200604020000/
 
江戸に送られたのは主に米であり江戸の米相場まで左右したというから仙台米はそれだけ江戸で食べられていたのである。
北上川沿いとか仙台平野は米倉となった。それは広いからそれだけの米がとれたが米ばかり作って飢饉のときに米がとれなくなり苦しんだとなる。
コーヒーだけ作っている国が飢饉になれば苦しむのと同じである。
米は商品作物となっていたのである。

もう一つ面白いのは鋳銭場があったことである。仙台藩で経済が困窮したとき「寛永通宝」が作られた。それによって一時的に藩の財政を支えた。
でもそのことが日本経済全体に影響した。これも何か経済学のテーマだった。
ここから探求すれば一つの論文が書けるだろう。
つまり学問は必ず一つのテーマをもって追及することからはじまるのである。
そういうテーマは身近にいくらでもあるのだが見いだされないだけなのである。
海の民、漁師の影響は日本では海に囲まれているのだから古くからあった。
「ほまち」というのが帆待ちから来ていたのか?
シケているというのは海が荒れているということで伝わっていることはわかる。
他にも漁師の言葉が他にも伝わっているのである。

石巻はいろいろ探求することがある。
そこで聞いた話で自分の母親は山形の人で北海道に船に向かう途中船酔いで石巻におりてそこで嫁になってしまったという。
これも嘘のような話だが人間の運命はみんな数奇なものなのである。
どうしてその人と結婚するようになったかとなるとそれも数奇であり不思議としか言いようがないことが多いのである。
特に戦後になると広域化して全国の人が交わり結婚するからこういうことも今ではめずらしくなくなったことでもわかる。
ただ石巻は港であり他国の人の出入りが多いからそうなりやすかったことは昔からあったことはわかる。

石巻に関してのネットの情報はかなりある。、仙台藩についてもあった。
やはり大藩だから歴史の集積があるからそうなる。
ただ広すぎてなにかしぼれないということで仙台では郷土史に興味を持つ人は少ないとなる。
でも石巻とかにしぼればそこから興味が広がるのである。
仙台はどうしても大藩だから東北とも関係して江戸とも関係して全国的に伊達政宗の時代からなっていたのである。
伊達政宗にしてもその歴史の裏話としては伊達政宗だけが脚光をあびるが伊達政宗によって滅ぼされた武家もいる。葛西氏は石巻を支配していたが伊達政宗に滅ぼされた。
その逸話も残っている。月鑑斎(げっかんさい)などもそうである。
相馬氏は伊達政宗に滅ぼされなかったのはなぜかというのもまた歴史のテーマになる。
石巻から登米(とめ)には行ったことがないのは鉄道が通っていないためだった。
行きたいと思っても行けないのである。車がないと行けない場所だったのである。
自転車で旅するにしてもそれは一部しかできないからぬける所が多い
鉄道が通っていれば何度でも行けるのである。

葛西氏の伊達に追われて殿入沢逃れざるかなここに果てにき
鉄道の通じざるかな登米遠くなお行かじ我が齢も尽きむとすも
万石浦浦宿すぎて女川や百羽の鴎夏に舞ふかな
石巻津波の被害なおあらわ空地のめだち夏も淋しき
石巻ここに住み着く親のこと語るも奇しき海風の吹く


タグ:石巻の歴史

2016年08月22日

推理ドラマで写された昔の仙石線の陸前大塚駅 (春の日の思い出の短歌十首)


推理ドラマで写された昔の仙石線の陸前大塚駅


(春の日の思い出の短歌十首)


rekuennnnn1.jpg

堤防で島が見えにくくなった

rekuennnnn12224.jpg

trainnnnnnssss1.jpg


trainnnnnnssss122.jpg

trainnnnnnssss1223344.jpg

trainnnnnnssss12233.jpg


この辺の家は津波で流されないだろう

trainnnnnnssss122334455.jpg


rekuennnnn1222.jpg

消えた東名駅



奥松島湾の水面の穏やかに春の光にきらめきにけり

島一つ車窓に見えて奥松島春の日静か乗り合わす人

奥松島植田に湾や島一つなごみけるかな電車の行きぬ

我が一人陸前大塚おりたちて島一つ見え桐の花咲く

島一つ車窓に見えて落ち着きぬ奥松島や通う人かな

東名駅今はなしかも春の日に望みし海と遠き山かな

春の日の野蒜駅や松原をぬけ海広し鴎飛ぶかな

野蒜浜波音ひびく砂浜を歩めば貝あり心地良しかな

鳴瀬川電車わたりぬ春の日に海にそそぐや鴎飛び来る

奥松島海沿い走りひびく音心になおもひびきけるかな


仙石線の旅情は奥松島にある。湾になっていて島々が穏やかにある。
特に真ん中にある一つの比較的大きな島がポイントになる。
それが陸前大塚を通るとき車窓から見える
海沿いの低い所を行くから海が余計にまじかに見える
なかなか鉄道でも海をまじうかに見る所は少ない、ここの海は穏やかであり
湖のようにも見えるから春の光がまばゆく水面にはねかえる
そしてここから仙台に通う人が多い線である。

今日見た推理ドラマではここが舞台になっていたので興味深かった
最近昔の推理ドラマを見ていると昔の光景がでてくるのでなつかしい
すでに30年前とかの映像なのである。
その時の俳優は若いし死んだ人もいるから不思議だとなる
この年になると何か回顧すること記憶をたどることが仕事になる

それにしてもあまりにも変わってしまった。陸前大塚駅が残っているが次の東名駅はなくなり高い山陰になってしまった。あの辺の家はねこそぎ津波にやられた。
だからあんな高台に駅を作りその前にまた新しい街を作る
でも山陰で海が見えないから嫌だなと思った。

野蒜駅も駅をおりるとすぐに松原がありそこをぬけると広々と海が広がり砂浜がある。
あそこもいい場所だった。松原は根こそぎ流され今は山のような堤防を作り昔の面影はなにもない、駅も高台であり全く前の光景とは違う。あの辺は仙台の憩いの場所だった。
野蒜から鳴瀬川にでると川が海にそそぐ、瀬が鳴るというのは川の名としてあっている。外から見れば松島だけが注目しているが奥松島の方が何か情緒がある
松島は観光だが奥松島になると日々の生活の場としてもあり違ってる
仙台に仕事で通う人が多いからそうなる

自分は最初は鉄道の旅でありだから何か鉄道に愛着がある。鉄道マニアになると電車の音にも魅力を感じる、何か電車の音を聞くと記憶がよみがえりその場所を走っている気分になるのだ。車だと音にまで愛着を覚えるとはならない。
人間は生きるということはこうして最後は記憶となる、そこでそこを走っていた電車の音までなつかしいとなる、そこを通り生きた記憶がよみがえるからである。
だから昔のテレビドラマは特に推理ドラマは映像的に貴重になっているのだ。

奥松島から鳴瀬川、浜市、牛綱村(春から夏の短歌十首)






2016年11月22日

秋から冬-山寺から磐司岩ー二口渓谷ー秋保大滝 (紀行文ー記憶は面と線と点でする)


秋から冬(短歌十首)-山寺から磐司岩ー二口渓谷ー秋保大滝

(紀行文ー記憶は面と線と点でする)

大師が山寺に住んでいた磐司(ばんじ)という狩人と遇って色々と土地の状況を問われたという所がある。そこを対面石といって山寺一の名石とされている。

futtakuchiiiii12334.jpg
クリック拡大

akihooooooo1.jpg
クリック拡大

moonvalley1.jpg

facedotlll1.jpg


(二口渓谷)

岩風呂や奥山の月我がながむ


トンネルをぬけて山形に春なお白く雪の山見ゆ

山寺に冬や籠もりぬ杉木立岩に御堂や千歳経ぬらむ

山寺に北畠神社の社かな落葉しあわれ掃き清む人

大輪の菊の映えにき磐を打ちひびく流れや朝日さすかな

雪残る対面石や清らかに流れのひびき朝の清しき

山寺に大岩古りて御堂かな杉木立暗く冬に入るかな

山寺に雪そふるなり仰ぎ見るそそりし磐に御堂隠りぬ

雪うもる馬形部落たずねけり雪に踏み入り蔵ある家かな

磐司岩そそり迫りぬ紅葉映え流れうずまき隠さる道かな

道あれや落葉を踏みて月の出る山間深く下り来ぬかも

倒れ木を踏みて下りぬ道あれや山陰に隠る月誰か見む

ひびき落つ大滝にあれその下の水澄み流れ木の葉沈みぬ



記憶は人間にとって重要なものである。認知症になるとそれがわかる。今が記憶できなくなって過去に記憶したことが生きることになっていたのである。
そもそも人間が記憶を失われたらどうなるのか?
これが相当に重いテーマであり人間そのものを問うことにもなる
歴史はいろいろあっても基本的には記憶されたものである。
だからエジフトでもヒエログリフで執拗に記録したのである。エジプトがもしヒエログリフで記録されなかったらただ謎に終わっていたろう。

その記憶というとき一人の人間でも記録されたこと記憶されたことが人生になる。
そして記憶がどうして記憶されるのか?
旅をしても今では電車であれ車であれ通りすぎるのが多い、すると何か記憶されないのである。
そのことは前にもいろいろ書いてきた。旅がいかに記憶されるのかが重要なのである。

そして記憶は面と線と点で記憶することが残ることなのである。
地理を知ることはまず地図を見てもできない、実地にそこを歩まない限りできない
特に電車とか車だと高低差がわからなくなる、これも便利なるが故に記憶からぬけおちるのである。地理は立体だからである。
坂でも峠でも苦労して上れば体で覚えていることがある。車だとバイクすら簡単に上れるから覚えていないとなる。

地理をいかにして知るか、それは近くでもなかなかできない、福島県でも広いから地理を知ることは容易ではない、自転車で会津の方に行ってもわけわからなくなった。
会津は山が多いからわかりにくいしその地理を知ることが容易ではない
宮城県になると仙台は相馬からは身近である。だから地理の連続性としてとらえやすい、仙山線があり面白山をぬけると山形県なのである。
それで春になっても宮城県側は雪が消えても山形県の山々は面白山のトンネルをぬけても雪の山なのである。面白山のトンネルが国境になる。
トンネルをぬけると雪国だったというのは日本的な新しい境を越えることになった。

グーグルの地図で大東岳とか雪になっていた。これはいつ更新したかわからないが最近のことだろう。自分のユニットバスを作った人の一人が作並でありそれも山の方だというとき土地が安いから仙台の方からそんな山奥に土地を買ったのである。
仙台は高いからである。そして愛子とかあの辺は仙台から都市が膨張している、家が密集してきているからだ
今回ユニットバスを仙台の人に作ってもらったように高速もできて仙台から福島県に拡張してくる、仙台の影響が仕事の面でも大きくなってくるのか、買い物などでは福島市から今度は新幹線で影響があった。
交通が便利になると広域的になる、青森まで新幹線で行った時も近いなと思った。

でも旅をするとなるとその間は途中はとばされて記憶されない、点すら記憶されない、電車の旅は点の記憶であり残ったのは駅名だったとかなる
線とは道ではあるがその道が電車でも車でも早いから記憶に残らないのである。

今回はなぜ記憶に残っていたかというと面と線と点として記憶された旅をしていたからである。でも実際はこれも30年前とかなるとあいまいな記憶になる。
道をたどっても途中でとぎれたりしている、記憶はそうなりやすいが思い出すと面と線と点で結ばれていた。途中はあいまいでもなんとか一つの記憶として構成できたのである。それは宮城県は相馬からだと地理的一体感が会津よりあるからなのだ。

ともかく現代は山寺でもそうだがあまりにも観光化しすぎるようになった。
山寺などでも修行の場であり観光する場ではなかった、それは京都でもどこでもそうである。本来修行の場として選ばれたところが観光になってしまったのである。
松島だってあそこが一遍聖人などの念仏宗の修行の場でありあのような美しい場所を死に場所に選んで各地から集まったという。
何か山寺でも松島でもそういう神聖な自然の場所だったのである。
それが観光化したことがその本来のもの自然と融合した宗教が失われたのである。
あの辺でもどうしても仙台の市街が近いように思うからである。
鎌倉でもそうである。密集して家並みが山に登ると埋めつくされて迫ってきているのである。東京から鎌倉まで家で埋めつくされる、それで神聖な修行の場とかがそこなわれてゆくのである。あのユニットバスを作った一人も作並のさらに山の方の土地を買ったと言っていたから仙台はそうした所まで拡張しているのである。そこではすでに雪がふっていたからである

そして秋保温泉でも何かそこはもう観光であり俗的な世界であり深山幽谷があっても何かその近くまでそうした俗世間が迫っている感じになる。
自分はその時大東岳や磐司岩を歩いたから記憶に残っている、ただどうしても時間がすぎると記憶がとぎれとぎさになりあいまいになるのである。
ただふりかえり思い出して短歌にしたりすると何かかえって深いものとなる。
旅しているときは集中できないがふりえると深化できるのである。
ここはまだ地理的連続性があり記憶をつなぐことができたとなる

山寺の北畠神社は新しいものだった。南朝に由来するとしても明治以降に建てられたものだからそれほど価値あるものとはならない、霊山とは違っていた。
ただ明治以降も南朝と北朝のことをひきづっていたのである。
それだけその争いは根が深いものだったのである。
南朝とか北朝も山寺と関係あったらしい、あそこの歴史は相当に古いからである。



タグ:二口渓谷

2017年02月12日

一つの地点から360度の視界を得るのはむずかしい (山下駅から山形、宮城、福島の三県を見る)


一つの地点から360度の視界を得るのはむずかしい

(山下駅から山形、宮城、福島の三県を見る)

yyyyyynnn1.jpg

旅と保養は違う、現代の旅は保養なのである。旅館でうまいものを食べて温泉に入りゆったりしたいとかなる、旅とはそうしたものではなく延々と江戸時代のように道を歩きたどってゆく旅である。
現代はそうした旅人となることはむずかしい、車であり電車であれバスでもある場所にゆく、到達することが目的になっている
それは実際は旅ではない、その途中がぬけているからである。
それでも途中下車の旅というとき旅らしくなるのはそこに土地土地の何かを感じるからである。景色でも何か違ってくる、江戸時代だと土地土地で食べ物でも言葉でも何でも違ったものを感じたのである。
現代は便利だけどなんでも一様化しているから旅も平凡なものになりやすいのである。
ただいくら現代でも旅に出れば景色も変わるから新鮮なのである。

旅は道が未知であるとき江戸時代なら交通が発達していないから未知の世界にゆくことになっていた。隣の村さえ未知の領域になっていた。
今はどこにでもいつでも行けるとなるとそうした未知への期待が消失した
でも逆に何度でも行けるからその中で体験を深めることはできる
岩沼駅などは何もない平凡な工業地帯であり観光するものはなにもない
でも線路が二つに分かれて貨物列車がいつも止まっている
そこでそれも冬景色となり情緒があるとなる、それも岩沼駅の特質を知っていればそうなる

長々と貨物列車の過ぎ行きぬ病院の窓に枯野広がる

やはり亘理駅でもあの城は新しく作られた観光用でも立派であり見応えがある。
つまり何か目玉商品がないと外からの人を引きつけられないのが普通である。
鉄道の旅だったら城が駅から見えることは観光しやすい
福山駅などは実際に昔の城が駅につながっている、それは昔からあった城なのである。
城はやはり観光の目玉になる、目安になりやすい、わかりやすいからだ
外から来た人にはその土地の歴史などを理解するのがむずかしいのである。
なぜなら鉄道だと駅が玄関口になりそこからその街をイメージするからである。
ただ福山城というのは海に近く荷が海から運ばれていた。
そのことが鉄道の旅ではわからなかった、鉄道の旅はそうした盲点もある。
線路というのは固定していて変わらない、その視野も限られているからだ。
海からの視点が欠けていたことはその地理も歴史もわからないということだったのである仙台藩の船も入っていたとか記録にも残っていたみたいだ。
なぜこんな遠くまで仙台から船が来ていたのか、それは良く調べないとわからない

現代の旅は線の旅である、鉄道も線であり面を知ることはできない、面の旅はどこでもその地点から円をえがけば三六〇度の視点から見れば複雑であり広いのである。
線として横切ればそうした円の視点は得られないのである。


iumigggtakeee1111.jpg
山下駅


冬の朝泉が岳見ゆ山下駅

山下駅からは泉が岳が見えた、あの山は結構高いから見える、蔵王は山の陰になっているから蔵王ではない、山下駅になるとさらに宮城県の中に入った感覚になる
ただこうして360度の視点と視界が得られるのはもう百回とか日常的に行き来しているからである。
そして自分の住んでいる鹿島まで蔵王は見えるからである。蔵王というき二つの蔵王町がある山形県と宮城県側にもある、みちのくを二わけざまにという茂吉の短歌は山形県と宮城県だとあてはまる、福島県も見えるからかかわっている、でも秋田とか岩手県は関係ないのである。
宮城県と山形県の境界は面白山にさえぎられているから明確である。
あのトンネルをぬけると山形県であり雪が春でも残っている
宮城県と福島県の境はわかりにくい、相馬と宮城県の伊達とは地理的なものではなく歴史的境界になっている、でも文化的には伊達藩との交流が深い、小牛田とか山神系統でも
館腰という駅があるが館腰という碑もあったり金華山の碑もあったり交流が深く江戸時代の碑が残っているのでわかる。

いづれにしろ現代の旅は点と線の旅であり面の旅はなかなかできないし地理を理解することは一番むずかしい。日本は山が多いので余計にわかりにくくなる。
峠を越えると異界になってしまうのである。
旅というのはやはり距離感覚も大事である。
自分が柴田の千本桜を見に行った時自転車だったから遠かった、そしてやっとついたときあの千本桜はみんな散っていたのである。そこに深い感懐がありまた自転車で去って行った
せっかく自転車でやっときたのにみんな桜は散ってしまったということが心に残る
それは距離感覚から生れた感懐なのである。もし車をもっていたらこうはならないし現代は距離感覚が希薄になるから旅もまた軽いものになる、かえって印象に残らないのである

はるばると千本桜を見むときて散りにしあとや虚しく帰る

平泉まで新幹線で二時間だとなったらとても芭蕉のような深い感懐をいだくことはできない、平泉についたな、なんだ金色堂かこんなものかつまんねえなとかなってしまう。
それは距離が短く途中がはぶかれてしまっているからそうなるのである。
だから不便なときは不便なときのように得るものがあった。それはその時代でしか感じられないものだったのである。だから芭蕉の「奥の細道」は古典になったのである。
江戸時代まで距離感覚がまるで違ったものだったからである。






2017年02月13日

阿武隈川と蔵王(春の短歌十首)



阿武隈川と蔵王(春の短歌十首)


春の日に阿武隈川の広々と海に注ぐや蔵王を仰ぐ

雪厚く仁王のごとく蔵王かな噴煙吐きて怒りともならむ

荒々し蔵王にふぶき積もる雪磐(いわほ)も埋もれ樹氷映えにき

雪厚く蔵王光りぬ春の日に丸森町に坂越え来たる

阿武隈川蛇行し流るたぎりつつ吾妻嶺も仰ぎ桜咲くかな

阿武隈の川面に夕日光るかな春の日あわれ丸森暮れぬ

梁川の城跡古きあわれかな丸森越えて春にしのびぬ

桃桜阿武隈川の岸に咲き流れたぎちて吾妻嶺仰ぎ桜咲くかな

国境玉野に古き碑の並び春の日さして旧き道行く

我が町ゆ蔵王は見ゆるみちのくの重しとあれななお雪おおふ

春の日にさそわれ遠く行きにけむ道は分かれていづこに行かむ


旅だと遠くゆくことが旅だと思っている、でも近くでも旅なのである。
その旅は自由でないとできない、また車とか鉄道の旅となると違ったものとなる
本来は旅は道を行く、道は未知なのである。
だから歩くのが最もいいのだが次に自転車だといいとなる

自分は本当にそういう旅をしてきた。ふらりと出て行って道をたどり旅していた。
この道は分かれてどこに行くのだろうと誘われるように旅をする
その道は尽きずあったのである。阿武隈高原にはそういう道がある。
丸森を越えて梁川に出る、梁川に古い中世以来の城跡がある。ただそこには古い庭があったというだけでほとんど何も残っていないが歴史がある。
あそこは福島県と宮城県など伊達藩と相馬藩とか会津藩でも米沢でも代々の城主となっていた。そういうせめぎあう所に城があった
玉野でも森林資源で伊達藩と米沢藩と相馬藩が三つ巴で争っていたことでもわかる
そういう位置に梁川があった、それはやはり地理を知らねばわからない
それも自転車だと峠でも越えてゆく下ってゆくとかでその地理が記憶されるのである。

この辺には高い山がない、阿武隈山脈は高原であり山というものでもない、ただ蔵王は自分の町からも見える、だから蔵王は意外と身近なのである。
福島県の吾妻山は相馬からは見えないからだ。
阿武隈川とか蔵王は景観を作っている、阿武隈川でも船運があったから暮らしも川とともにあったとなるがもう一つその実感がない、それは最上川のようにはなっていなかったからである。ただ福島市辺りから米が運ばれて荒浜から江戸に船で運ばれたことは確かなのである。そこで丸森が港としてあったとなる

玉野は伊達と相馬の境である

伊達と相馬の境の桜 花は相馬に 実は伊達に

この玉野というのはもともとの地名ではない、笹町とかなっていた。もともとの地名を新しくすると歴史が喪失することがある。美里などが多いがこれもただ地名の歴史的由来はなくつけられているのである。

ともかく自分は春の日に阿武隈高原などこうして自由にさまよっていた。
それができたのも家族に恵まれたからである。今になるとみんな死んだから何か自由にまたなったとしても帰っても待っている人もいないから安心しして旅できない
誰もいない家でもその家が何か不安になるのである。火事になるのではないかとか盗難とか現実にあったし不安になる
つまり自由とは実際は誰かが自由にしてくれるから自由なのである。
その誰かが人がいなければ全部自分でやるから自由がなくなる、家事も全部自分でやる他ないし自由がなくなるのである。

蔵王は春になっても分厚く雪が残っている、それがやはり蔵王がいかに大きな山であり長く雪に閉ざされた山なのかを示しているのである。


旅をふりかえり詠む桜の短歌 (白石千本桜-阿武隈川の桜-梁川-丸森)

相馬藩玉野村の境界争いはなぜ起こった?

2017年12月20日

丸森の春(詩と俳句)


丸森の春(詩と俳句)

丸森の全体的な写真

marumoriiii123.jpg

桜花夕日に映えて山の里

春の暮水面に夕日映えるかな

鶯や岸辺に鳴きつ日の暮れぬ

川岸の砂地に春の日碑の古りぬ

蛇行する流れや遠く春の暮

丸森に河口想うや春の暮

丸森の峠越え去る夕桜

(金山城)

山吹や峠を越えて丸森へ

木の根古り石垣残りシャガの花

橋渡り水面に秋の夕日影

川下りいわれの石や秋の暮

石の風呂栄し家や冬の暮


丸森の春

新地より峠を越えて丸森へ
広らかに流れる阿武隈川
その岸辺の砂地碑の古りぬ
春の日さして我がそぞろ歩めり

川は悠々と流れゆく
その長々とした川も遂にかなた
波立つ太平洋にそそぐかな
港に船や海にい出るも

金山城の石垣古りて残りぬ
伊達と相馬の攻めぎあい
城主も変わり境の城かな
蔵王はなおも厳しく雪に閉ざしぬ

流れの岸に謂われを語る岩々
船は下るや岸に鶯の鳴く
橋を渡りて丸森の街並
斉理屋敷の栄えし跡かな

丸森を去るやまた越ゆ峠かな
伊達と相馬の境かな
夕桜の色濃く心にしみぬ
我が通いし道の親しも

写真を見ればわかるけど丸森は地形的に景観的に魅力がある,山間を阿武隈川が流れてくる,その山の向こうに厳しく威厳のある蔵王が聳えている,春でも雪が厚くとおっている新地も景観的に海と山が迫りいい,丸森は阿武隈川と山々と蔵王が映えるから景観的にいい,新地の峠を越えると景観が一変するのである。

日本では川というと短いし船も行き来しないから川が景観として映えない
外国では川がなければそもそも文明すら起こらなかったのとは大違いなのである。
ラインは父なる河というときそうであり四大文明が大河から生まれたのでもそうである。川なくして文明もありえなかったのである。川が文明を作ったのである。

阿武隈川はそれなりに長いし大きい川としてある,だから丸森辺りでは舟下りがあり楽しめる,川では東北では阿武隈川とか北上川とか最上川がある
阿武隈川でも一応船運があって荒浜に出て江戸へ物資が運ばれた,でもそれほどでないから知られていない,阿武隈川とかでも途中船の通りにくい場所がありそこを工事したので有名になる,最上川だってそういう場所がある,日本の川は外国のように舟運に適していないのである。

ただ丸森辺りから川は広くなってすでに海が近くなっているのである。
丸森まで来ると海も近いなと感じる,でも亘理からでも河口まで自転車で行ったが遠い,相馬市から丸森までも自転車で行けばそれなりに遠い
でも自分は何度も丸森には行ったのである。
最近の発見では森の中へ入る川がありそれをさかのぼった処は秘境だった
そしてその森の中に入って出れなくなったのは恐怖だった
それだけ丸森は地名のごとく森が広く深いのである。杉林だけどその木材資源は江戸時代から豊富だった,それで米沢藩と伊達藩と相馬藩でその木材資源をめぐって争っていたのは有名である。

丸森は石でも有名であるがそこまで自分はわからない,丸森は地形的にまだわからないところがある。だからこそ森に入る川がありそこに秘境を発見したのである。
秘境は飯館村にもあった鹿島にも橲原(じさばら)を上った奥にある,そういう場所がまだこの辺ではあるし他でもあるから外からきたときそういう場所には入りにくいのである
ある地域を知るときたいだい常磐線とか六号線にそって行く,でも福島県は会津まで横断しないとその魅力がわらないのである。福島県はそれだけ広いかである。
ただ六号線にそって行くと行きやすいから自転車でも飯館村とか丸森の方へは行かない人が多いのである。
ただ最近は六号線を自転車で通れないから飯館村とか遠回りして行く人が増えた
でもあの八木沢峠を自転車で上るとなると辛い,電動自転車だと上れるからいいが人力となると容易ではない,そういう処があるので自転車旅行は問題なのである。

いづれにしろ自分は丸森へは何度も坂を越えて帰ってきた,それが記憶となっている
それは自転車で行き来したからそうなっているのである。
自転車だと坂が記憶に残りやすいのである。あそこを苦しいけど上ったなとかが記憶として残るのである。丸森はあの峠を境に景観が一変するからそれが魅力である。

丸森の秘境へ

2018年06月22日

丸森町の地名と歴史


丸森町の地名と歴史

marumorinirinnn111.jpg
クリック拡大(手倉山への川を上る)

oohariiii123.jpg


marumorimap1111.jpg
oohariiii12344.jpg
クリック拡大


丸森は伊達氏の城があった丸山城から発しているという、丸はここから来ていたのであるテレビで見た旧亀岡家住宅の贅沢に使用した木材は丸森から供給されていた
保原はなじみがないが丸森と近かったのである。
丸森はもともと木材の供給地で伊達藩と米沢藩と相馬藩で争っていたことは有名である

丸森は地理的に歴史的に相馬藩と密接につながっている、金山城は伊達藩と相馬藩で交互に城主となっていたからである。伊達藩との攻防が繰り返されていたのである。
そして相馬藩が明治維新の時官軍についたとき伊達藩は仙台藩は対抗して戦った
旗巻古戦場には仙台藩士の墓がある、最後まで戦ったのが仙台藩士だったとなる
それはやはり藩が大きかったせいもある、相馬藩は小さいから早い時期に官軍に従ったのである。
あの場所に木製の大砲を備えたりしていたからやはり武器でも官軍に劣っていた
ただ敵を防ぐには崖のようになっているから守るにいい場所だったのである。

丸森と相馬藩が密接に関係があったというとき方言で如実にそのことを示していた
相馬総合病院に入院していた丸森の金山の人が んだちゃという言葉を使っていた
これも奇妙だがんだんだは相馬の方言である,でも仙台弁は語尾にだっちゃだっちゃというからだ
それが何かかわっているなと聞いていた
んだちゃんだ+だっちゃちゃがついたものだった
そのことがまさに庶民として普通の人でも密接な交流があったことを示しているのだ

丸森は地形的に魅力ある場所である。入り口として相馬市の宇多川をさかのぼり筆甫(ヒッポ)に入る道がある

太閤検地や江戸時代前期の検地によって石高が定められた田畑のことは〈本田畑−ほんでんばた)または(古田畑−こでんばた)とよばれていた

この地名は古い地名なのである。

なぜなら伊達政宗が領内検地した際、最初に記入した土地である由縁で「筆の甫(はじめ)」を意味して名付けられたとされる。
検地は全国的に行われた大事業だった、だからその事業を記念した碑が多い
新地に文禄の碑がある,ただ文禄としか記されていないのである。
だからこれが何の碑なのかとなると検地をした記念なのかとなる
たいがい検地が大事業であり検地によって新しい時代が始まり百姓の家が生まれたとなればそれを記念するのは当然だとなる

前に古田のことについて書いた、古田口とあり入り口の地名である。
こんなところに田があるのかと見た
ただ地名の問題はそれが古いのかどれくらい古いのかが問題なのである。
田でも新旧を知ることが大事なのである。
なぜなら古町とあれは新町がある、古町は小さな町内でも一時栄えた町だった、にぎわった町だった、そういう街の変化は常にあるからだ
古田というのは学問的には検地とかかわって古いものだったのである。
それは筆甫の由来でもわかるようにその中に古田があったからである。
地名は地名だけから見ては歴史的に混乱してくる、まず歴史的に学問的にたどりその由来を知れば知識になる,ただあれこれ推測していると間違った解釈になる

丸森は地勢が複雑である。手倉山とあり天明山の近くに細い川がありそこをさかのぼって行ったことがあった、樅の木の原生林かある所にきたがそれはたいしたものではなかったそれよりそこで迷い樹海のような森に入って出れなくなったことだった
丸森はそれだけ森が深いのである。
天明山とあるのは飢饉の時なづけられたのか?天明の碑とかもあり天明というとき飢饉の年だと特に相馬藩ではみる
他に曲木などという地名があり木を曲げるから木の器を作る集団が住んだ、木地師の集団となるがこの辺では会津のような由来はない

四重麦(よえむぎ)とは麦の種類からきている、八重麦坂がある南相馬市の片倉村に入る所の地名でありその種類は長野県とかからもたらされたとかある
ともかく麦を栽培していたことは確かである。

他に丸森の地名の特徴として川張とか革踏石とかの地名がある、川張村は大きな村である川張は皮張であり動物の皮を張ってほしていたところとなる、川の岸でその作業をしていた、私の父親は一時戦後皮なめしをしてい、イタチとかとってしていた
だからそういう仕事は山でもイノシシとかほかいてそういう仕事があったとなる
それが生業としてあったとなる

日本の場合、大陸から渡来した「熟皮高麗(おしかわこま)」「狛部(こまべ)」といった呼称の工人たちが革の加工技術を伝えた。つまり、日本の革の歴史は、1000年以上も前にさかのぼることができるのだ。播州姫路地方で当時より革のなめしが盛んに行われ、なめしの工程は、瀬戸内海産の塩による原皮処理→浅瀬で洗い流し→石河原での川漬→脱毛→塩入れ→加湿→菜種の油付け→揉み→さらし→革洗いの反復作業で行われていた。海が近い姫路は、まさに革の加工にピッタリの土地だったのだ。

こんなものまで渡来人が関係していたのである。
ここでは石河原での川漬とかあり川がある所でしていた
阿武隈川という大きな川があるからそういう仕事が生まれたのか?
生業が地名になることはある
欠入(かけいり)は欠けた土地に入ったからその名になった
荒地化したような土地に入った、そういう土地は日本全国にある
相馬藩も天明の飢饉などで欠けた地に越中の移民などが入って定着したからである

丸森は地形が複雑であるから魅力がある、蔵王も見えるし阿武隈川が流れ森が深いのである。丸森は飯館村と隣り合っているのだからそれなりに放射能汚染があったが補償金は宮城県とかになっていてされなかったから損だったともなる
飯館村は被害が大きかったから補償金は手厚いから一億円もらったら若い村民は帰らないとなってしまったのである。
新しく建てられた住宅に住んでいたのは老人だったからである。


丸森町筆甫の古田口の地名の現代的意味 (田より水芭蕉が価値ある時代)

丸森の秘境へ(夏の旅-新地からのつづき)

2018年08月18日

丸森短歌十首(森の国で地理がわかりにくい)


丸森短歌十首(森の国で地理がわかりにくい)

marumorimap2.jpg
クリック拡大

みちのく戦国絵巻、金山城攻め、伊達輝宗、真冬の山城を攻める



春日さしなお雪厚く蔵王見ゆ金山城跡に我望むかな

長々と阿武隈流る丸森に海の近しも春日さすかな

一時は相馬の城と金山城夕べ桜や坂上り帰る

白石へさえぎる夏の山なれや丸森の領地伊達に属しぬ

森深く影なす中に陰々と苔むす岩に流れ清しも

阿武隈の川をそい下り瀬音かな山吹咲きて広き川かも

秋の日に大張りの名や舟に乗り岩の謂れを聞きつつ下りぬ

阿武隈の川の岸辺に栄えたる斎理屋敷や秋の日暮れぬ

丸森に展示したれる仙台銭伊達の歴史や秋の日暮れぬ

丸森の遠きや森の影なして帰りて相馬の秋のともしび

丸森の金山城を後にして相馬の城跡我がより帰りぬ



ある地域をみるときまず地理をみなければならない、ところがその地理といっても知ることが一番難しい、丸森とかなると近いから自転車で何回も行っている
ただ丸森は遠いと常に感じていた、飯館も遠いがそこには峠がありそれを越えることが容易ではないからである
ただ坂を峠を越える距離を行くということで心にその地理が刻まれるのである
車で行ったらあまりにも簡単に行けるからかえって坂を越えるとか峠を越えるという感覚はないし心に記憶されないのである。
だから旅は歩くのが一番いいがそれだと距離は行けないから自転車がいいとなる

丸森は風光明媚な変化に富んだ地域である、丸森とあるように森に深い場所なのである
それで米沢藩と相馬藩と伊達藩で森林資源をめぐって三つ巴の争いがあったことは有名である、それだけ森が深いのである、それでその森にまぎれて出れなくなった恐怖を経験した、この辺は阿武隈高原は飯館でもそうだが森の国なのである。
森がつづいているのである。飯館村でも7割は森なのである

ともかくその土地を知るには地理だというとき例えば鉄道だけではまたわかりにくいのである、坂を峠を越える感覚は鉄道にはないからである
そして丸森は相馬藩と伊達藩が争った場所だった
金山城は一時相馬藩の領地として城主になっていた
金山城は石垣は当時のまま残っているから貴重である
ここで伊達藩と相馬藩が実際に戦闘があり相馬藩は敗れて追い出されたのである
それをゲーム化したのがyoutubeに出ていたのも面白い

丸森を知るには相馬も知る、地理的にも知るというときやはりその距離の感覚も知るべきだとなる、それが鉄道と車ではわからないのである
丸森には相馬からだと三つ四つくらい入る道があるからだ
宇多川をさかのぼって行く所は山を分け入りダムがあるところから古田という地名の所から丸森に入ってゆく
他には森の中の細い道を分け入り上る道とかもあり青葉温泉の方に行く道もある
そして丸森も広いからわかりにくいと思った
丸森はまだ未知の領域が広がっていた、白石の方に行く所も山深い
丸森から入ってゆくが山にさえぎられていた、丸森は白石と近いから白石には伊達政宗の忠臣だった片倉氏がいた、そういう地理的感覚もわからないとその土地のことはわかりにくいのだ



タグ:丸森

2018年11月04日

常磐高速の鹿島のSAで丸森の人の手作り展 (丸森の猫神のお守りなど売る)


常磐高速の鹿島のSAで丸森の人の手作り展

(丸森の猫神のお守りなど売る)

samarumori222.jpg

catmarumori1.jpg


養蚕が盛んだったころ、養蚕の大敵のネズミを駆除してくれる「猫」を大切にし「猫神」として祀ってきたようです。
 猫神の全国的な分布を見ると東北地方や長野県など養蚕地帯が多く、その中でも宮城県、さらには丸森町に数多くの猫神が祀られています。
なぜ、丸森町に多いのかまでは分かっていません

猫神巡礼−猫神の碑(30個)


鹿島のSAでいろいろな手作り展が開かれていた、猫の手招きのおもちゃとかあった
あれも面白い、手が動くからだ
それにしてもなぜ丸森町に猫の碑が多いのか?
時代的に天保と弘化とあるからその頃に増えたのかせしれない、50もあるとしたらなんなのだろうか?
養蚕が盛んにしてもそれだけ猫を碑にするのは金もかかるし手間もかかる
その労力をかけてこれだけ猫を石に彫ったからである

その女性は丸森町の金山の人だった、金山には城があり石垣が残っている

築城年代は定かではないが永禄年間(1558年〜1570年)頃に相馬氏の家臣井戸川将監によって築かれたと云われる。
丸森・金山・小斎一帯は相馬氏と伊達氏による争いが行われ、永禄9年(1566年)相馬氏がこの辺り一帯を支配し、家臣井戸川将監が金山城を築いて籠もった。

そこの人で相馬市の総合病院に入院していた人と一緒になった
その人がんだちゃといっていた
仙台の人は語尾がだっちゃになり相馬だとんだとなる
それが一緒になってんだちゃになった
その女性もんだちゃと使うという、やはり相馬弁と仙台弁が一緒になってそうなった
方言はやはり一つの文化なのである、訛りは国の手形なことは変わらない
ここには原発事故以後いろいろな人が全国から来た
やはり訛りが違っていたのである
おそらく他でもこうしてなまりがいろいろあるのは人が混じり合うからそうなる
それがまさに文化なのである、ただ東北弁は何か馬鹿にされるので嫌なのだけど
やはり方言は地域性があり面白い、みんな標準語になったら面白くないのである
これから何でも地域的なものをまた発見してゆくようになる
明治以降の中央集権時代は終わったからである

丸森については書いたが魅力ある場所である、森が深いしその森の中に深く踏み入れ出れなくなった恐怖を書いた、実際に今でも森が深いのである
阿武隈川も流れているし蔵王も見えるし景観的にもいいのである
飯館村は森に包まれているにしても川とか高い山がないから今一つ景観的には変化がない丸森は景観的に変化がある
何度も新地の坂を越えて自転車で行ったのである

鶯の夕べ鳴きにきゆるやかに川の流れて丸森暮れぬ

丸森はいろいろ歴史的にも興味ある場所である、相馬藩との歴史もあり興味深い場所なのである
タグ:丸森の猫神

2019年05月17日

荘厳な森の詩(丸森町の森からイメージされたもの)


荘厳な森の詩(丸森町の森からイメージされたもの)


荘厳な森の詩

樅の木が忠実なる友とか同士のように
厳かに立ち並び歳月を森に重ねる
まるでゴシック建築の神寂びた石の柱のように
森の奥処に山雀がリズミカルに鳴く
それは森全体にひびき木霊する
つつじが赤く新緑の中に歓び映える
新たな命の再びここに芽生えぬ
藤の花がさわに長々と垂れ咲く
首飾りのように神は木にかける
その美は文明の華美なる濫費にあらじ
清楚にしてつつましきもの
重厚なる厳(いか)つしの森は鎮まり
錚錚と風は鳴りここに樹々は連なる
ここに我らの精神は形成されぬ
力強く樹々は信をもて結ばれる
原始組成の自然(じねん)の紐帯
人はそに付け加えるもののなかるべし
我々は文明の中で真の精神の拠り所を失う
その心はただ物質文明に消耗されぬ
真の自然の声を聞かず形姿を見ない
我々は深遠なる森に還り深く木のごとく根を張り
そのよって立つべきものを心から感得すべし

み吉野の象山(きさやま)の際(ま)の木末(こぬれ)にはここだもさわく鳥の声かも

山部宿禰赤人

丸森は名前のごとく森の国である、樅の木の原生林とかもある、確かに樅の木が多い
それだけ原始の森があった所である、その森は相馬市からつづいていた
ただ樅の木となると丸森とかに多い、松の木も混じっている
そこで聞いた鳥の声がまさにこの万葉の歌だと感じた
樅の木が暗い森からひびきそこに荘厳な樅の木が立っていたからである
そこは森が深い、前にそこに迷い込んで出れなくなった恐怖を書いた
それだけ森が深いとなる、ただ杉の林だとあまり荘厳さを感じない
それが樅の木だと感じる
それはドイツの黒い森に通じるものがあるからだ
しかしドイツに行っても黒い森はほとんど消失している
でもヨ−ロッパはドイツでも樅の木の森におおわれていた
そのゲルマンの深い森からあの荘厳な石のゴシック建築が生まれたのである

万葉集の歌が何なのか感じにくいものがある
それは万葉集には原始的な人間が実際に生活していてできたものだから現代人の感覚ではわかりにくくなる、その自然だって今とはまるで違っていた
神道が日本の原自然から生まれたことでもわかる
ヨ−ロッパでもそうだが中東辺りですらレバノン杉の森があった
それが船の材料とかで切って残っているのは数十本とかになってしまった無惨がある
自然がどれだけは消失したか、破壊されて来たか、それはドイツに行ってみても森が見えない、でもあの平原は黒々として原生の森だったのである

日本では森が70パーセントとか残されたのは牧畜などをしなかったからか山が急峻でできないということもあった、日本語の野(の)は斜面の意味だからである
そこが外国の感覚と地形と違っているからである
それだけ日本は山国でありヤマトなのである

いづれにしろ木暗い、奥深い森にひびく鳥の声はこの歌と同じだった
ここだも騒ぐというとき鳥の声がここに鳴き合い共鳴したということである
それは奥深い原始の森があってこそなのである
そこには樅の木とか松とか杉だけではないものがある森だから感じたともなる
ブナの木の森でも感じるものがあったがブナの木はこの辺ではなくなっている
小山田の奥の森にブナ坂とあったから前はブナがあった
それはどこでも杉の木だけではない、杉の木は木材として作られた林であり本来の森ではないのである
森という時縄文時代が森を住処として生活していた、日本全体が森でおおわれていて縄文人は森で生活していたのである
それで縄文人は前期では満遍なく森に割拠していた、縄文人が争わなっかったというとき農業ではなく森を生活の基盤としていたからである
稲作になると土地をもつものがそれだけ財を貯えるから土地争いとかが起きてくるからだ

いづれにしろ文明人はもう自然と共鳴しない、自然というときそれはただ木材としてしか見ないからである、その収入となるもの金となるものしか価値を見ていないからである
だから容易に森も破壊されてゆく、ただこれは世界的にそうである
グロ−バル経済になればますます森は資源となり金となるものとして伐採されて熱帯林すらなくなっている
その時人間の精神も文化も消失するのである、消失しているのである
鎮守の杜(もり)が日本にあるのはやはりそれだけ日本は森の国だったのである
日本語に森ということばがない、それはもる(盛る)であり盛り上がるとかになりもりではない、ではなぜこれほど森におおわれていたのに森という森林という言葉が日本語にないのか?
それはあまりにも森に覆われていてそれは当たり前であり意識しなかったともなる
一本一本の木は意識しても森全体を意識できなかった、意識できないほど森に日本は覆われていたとなる

いづれにしろ飯館から丸森は森がつづいている、丸森はまだ回らない知らない所がある
飯館でも広いから行っていない場所がある、それだけ森が広いからそうなる
必ず自転車で行くと道に迷ってしまうからである
そして森に迷い込んで森から出れなくなった恐怖を経験したのである   

jyomonmap111.jpg

この地図をみれどわかる、縄文時代は東北地方が人口が増えて関東から長野県地方が東北より増えている
でも西は増えていない、同じままなのである、だから東北地方はそうして人口が一時増えたがそのまま増えない
西は縄文時代は全く増えていない、つまり人口面から見れば東北関東地方が縄文時代は中心地域だったのである
そしひてそこは蝦夷の地域であり出雲に通じていて日本の原型を作っていた
実はここかヤマトの起源であり西から弥生時代に日本が作られたというのは違っているのである
それは征服したものがそういうふうに歴史を記したからそうなっているだけなのである

とにかく最近でも日本は森が多いと思った、山を見ていても森か見えないけど山と森は一体なのである
山全体が森になっているのが日本の自然だったのである、そして今でも70パーセントが日本の国では森なのである
こういう国は大陸と比べると珍しい、ネパールが山だけの国になるが日本は森の国なのである

2020年04月13日

新地の海の公園から山元町まで自転車で行く (桜咲く六号線を行く)

  
  新地の海の公園から山元町まで自転車で行く
  
  (桜咲く六号線を行く)

      sakurakoi1111.jpg
八幡神社の池の錦鯉
nanohanasakura1_FotoSketcher2.jpg

shinchnewpark1.jpg
新地の新しい公園
zaotaihakum1.jpg                  
  山元町へ入る-ここにまだ津波の被害があった小学校が残ってる

sakuraroad6.jpg 
山元町(6号線)

全部クリック拡大
              
 
                  
春の雷仕事張り切る大工かな 

(八幡神社)

錦鯉異なる色や花盛り

朝日さし桜を写して錦鯉

農家あれ桜菜の花紫木蓮

遠くへと海の展けて朝雲雀

六号線桜咲きつづき山元町
                                          

新地町装い新た公園に朝鳴く雲雀海にひびきぬ

太白山海より望み目印や春の日遠く見えにけるかな

山元町六号線をすすみきて夕暮れあわれ桜の色濃し

山元町夕べ桜の咲きにつつ海を望みて金華山見ゆ


津浪で海の村は消失した、その後に広々とした海の公園が生まれた
松が植えられていた、あそこには風力発電の風車がなく広々としていた
だから前より気持ちいい場所になった
蔵王から太白山が見え牡鹿半島と金華山が見える
ここではまだ大きくは見えないが山元町から大きく迫って見えた
新地町は津波の前より駅で都会並みの駅であり良くなった
津浪は悲惨だったけど復興したと感じる
あの新しい公園は広々として見晴らしが良く気持ちいい場所になったからだ

仙台市や名取市の沖合いからも太白山を確認することができ、江戸時代には千石船がこの山を航海における目印の一つとして見ていたと伝わる。また、閖上周辺の漁業では太白山を基準の一つとして漁場の確認を行っていたという

新地から山元町に入ると蔵王と太白山が見える、この景観が電車からだと見えない
だから電車では百回以上行き来してもその景色がわからなかったのである
だからつくづく電車でも旅したことにならないのである
その地勢とか地理でもわからなかったのである
近くですらわからなかった、交通の便が良くなりすぎて近くがかえってわからなくなっていたのである
太白山は300メートルくらいでも海から見えるから目印になった
ここから見ても平坦な地にぼつんと小高い山となって三角形で見えたのである
だから海からも見える山だったのである 

地理からみれば南相馬市とか相馬市とか新地から山元町から亘理町から仙台から石巻と海岸沿いは一体感を感じる、津波の被害にあった所が一体として感じる
でも阿武隈山脈(高原)にさえぎられるから福島県の福島市とか中通りは一体化を感じないのである

なぜ伊達政宗がヨ−ロッパまで太平洋を渡り船で使節を送り出したのか?
そんな発想自体東北から生まれたのが不思議である
ただ地理から見ると宮城県は海と密接に結びついて港があるから入江もあるから海に展ける地の利があった、だからこそそれだけの発想が生まれた

正宗雄想
春望千里
太平洋哉
欧州渡船

こういう展望がひらける、新地から山元町は伊達藩の領域であったといとき、やはり金華山とか牡鹿半島が近づいて大きく見えるのである
蔵王を大きく見えるから山形県ともそこで一体化するということがある

とにかくこうして地理を知るには電車でも車でもわからない、そこが現代の盲点なのである、自転車で徐々に山が迫り大きく見えたり海が陸地から展望する
地理を知るには車でもわからない、早すぎることもある
徐々に見える時、心にまさに迫って印象深くなる、記憶されるのである
ただヤマハのYPJ-XCは何度も言うけど走り安いから行けるのである
体力なくても行ける、ただ疲れるようになり腰が痛くなる、だから遠くまで行くとなると限界になったのである



2020年06月20日

青葉繁る仙台の写真十枚


青葉繁る仙台の写真十枚

sendaistation11end.jpg

sengaistation10.jpg

sendaistreet9999.jpg



錦町公園

dovepark99.jpg


himarayasugipar;88.jpg
ヒマラヤスギ
tutujipark6.jpg


勾当台公園

parkflower555.jpg

terassforest3.jpg

traintree11.jpg
この蒸気機関車と木があっている
やはり何かまだ人間的なものを感じるからだろう
新幹線とかなったら木には合わない

aobajyoo1.jpg


つくづく高い所にあるなと見た
これも本当に見たのは10年ぶりくらいかもしれない
不思議なのは人間は何度見ても違ったように見えるのである
こんなふうに見えていたとは思わなかったからである

べてリック拡大しないと見映えがしないです,

広角レンズでとっているので余計に拡大しないと写真が活きない



夏の朝鴎群れ飛ぶ山下駅

車窓より遠望の景色夏つばめ

そちこちに若き等休むつつじかな

車窓より蔵王を望む夏の暮


喫茶店のテラスに休み風涼し青葉繁りて樹々の高しも                                

我が歩む青葉の影の通りかな若き等と交じり風の涼しも

深々と青葉繁りて石垣の高きにありや正宗の城 
                            

山下駅に鴎が群れて飛んでいた、やはり海が近いからある、それで山元町の津波の被害が意外と大きかったのもわかる、駅まで鴎がむれて飛んでくるということはそれだけ海が近いのである
常磐線沿線には鴎が飛ぶのが見える

仙台市はやはり若い人が多い、学生も多い学園都市でもある
だからそちこちに若い人が歩み休んで読書したりする、今はみんなスマホだったからなんか変だとなる

とにかくこれだけ市街に木が多いというのもめずらしいだろう、この木を維持するのは結構大変らしい、それは車の排気ガスとか汚れた場所にあるからそうなる
第一ヒマラヤスギのある場所はヒマラヤだからである
そこにこそ最もふさわしい木だからである

今回は広角レンズでさっそくとってみた、やはり見栄えするのがとれた感じがする
何か写真はちょっと角度を変えただけで違ったものになる
だからいろんな角度からまた接近してとるといい、でも写真をとるということを目的すると結構疲れる
今は写真を趣味とする人が膨大である、写真をとるために旅をしているとかカメラなしでありえないのである

写真のむずかしさは旅しても何か撮影ポイントがわからないのである
そこに住んでいればここから写真をとったらいいとかわかってくるが他だとなかなかわかりにくい、そして写真は車がないと運ぶのに重いからめんどうになる
自転車だと倒れてカメラを一部損傷したことがあるからだ
それで本格的にカメラはしていなかった
ただ旅もしなくなったのでカメラにこるようになったのである
最低広角レンズは必要なものだった、今回それでいいものがとれた感じはする