2014年06月04日

マスコミの報道の違和感 (避難民はそんなに暮らしに困っているの、その逆じゃないの)


マスコミの報道の違和感

(避難民はそんなに暮らしに困っているの、その逆じゃないの)


 
一家の大黒柱として、避難先での暮らしを守らなければならない。生活費をどうやりくりするか、悩ましかった。看護師の栄子さんは避難に伴い、浪江町のクリニックを4月末で退職扱いになった。毎月の収入がなくなり、預金を切り崩すしかなかった。住宅ローンも800万円近く残っていて、金利は増えるが返済を5年延期してもらった。喜一さんはため息をついて元の暮らしをうらやんだ。「浪江に帰りてぇな」
http://blogs.yahoo.co.jp/sasaootako/62979544.html
2014年6月4日 (水) 福島民報


この記事なんかも本当なのとなる。浪江町では一人十万からさらに五万追加されとか交渉でなるようだ。
どうしてこの人がこんなに困るのだろうか?
ローンさえ払えて得した人もかなりいるのではないか?
一人十万もらえればそれで五人いれば50万とかなる。
そんな収入をこの辺では得られない

だからNHKでも福島県のメデアでも何か本当のことは放送されない

ただ浪江の有名な人が仕事を斡旋してもらえいたけど
「あんたたちは多額の補償金もらっているから仕事しなくてもいいだろう」
そう言われたというのはなるほどそれは真実だと思った。
工場経営した人となると億の金は入ってくるから別に仕事探しに汲々する必要ないのだ。

小高でも一軒はじめている理髪店のことを放送したけど
もう一人の人が言っていたけど
なんか自分の家が一時泊まる宿のようになってしまっているんだよ
だから仮設のホテルが自分の本来の棲家のようになってもいる
人間も三年間も家を離れるとそんなふうになるかものなのだろうか?
自分のように旅ばかりしていたら家すら一時の仮の宿のようになっ
遊牧民だったらそういう感覚になる


つまり避難民は三年も他所で過ごしていると遊牧民的感覚になっているのかもしれない
仮設とは仮の宿でありまた自分が長年住んだ家も仮に泊まる宿のようになっている
そしてその人がかえって仮設の仮の宿の方がなんかいいような気分になっているとまで
言っていた。
それはなぜなのか?
つまり補償金で遊んで暮らしていいけるということがそんな気分にさせているのだろう。
もし家にも住めなくなり暮らしもままにならないとしたらそんな気分にはなれないだろう
だから仮設暮らしがいいという人まででてきているのだ

一方で孤独死とか負の側面も報道されている

だから新聞であれテレビであれメデアの放送にはなかなか本音が言われない
ただすべてがそうではなく、ちょっとした独り言のようにもらした言葉を深く考えると
そういうことなのかと地元で納得することがある
だからこの辺のことを全国に放送して見ているのと
地元で見ているのとはかなり違っているのだ


「失業補償金」や「田んぼや畑の補償金」 「家と土地の補償金」は別に東電使って税金から支払われていて、 さらに「家賃タダ!」「税金タダ!」「医療費タダ!」 服や靴・なんでも「支援物資でタダ!」ですからね〜。 さらに浪江町の連中は、おこづかいである精神的補償金を「1人毎月@35万円に増やせ!!」と言ってブチ切れてますから 1人600万円じゃ足りなくて、 さらに「1人1500万円」 4人家族ならもう「6000万円のこづかいよこせ!!」と言ってます。


一人十万だけじゃない、例えば小高でもただ一時宿泊に行くだけでも何らかの支援金が支払われたりしているとか
何かというと補償金がでているのである。

ではなぜ福島民報とかNHKでもそういう問題点を放送しないのか?

それは取材される人が注文している、困っているように報道してくれるなら
実名でも報道していいとなるからその報道する人のいいように報道することで取材できているのだ。
それは誰でも自分に不利になることは報道されたくないなのである
それは個々人でもそうであり町自体でもそうである
イメージを悪くすることは報道するなとなるから実情がわからなくなるのだ


ただ国民はただそうした原発の補償金にたかる人たちをいい目では見ていない
するとそういう方面の放送や報道もしていいのだがまずテレビではしない
事前に了解をとるものしかしていないのである

自分が原町区の石神の人に何度もいくらもらったのかと聞いても教えない
それは鹿島区などより多額の金をもらっているからそうなる
特に石神地域は原町区でも放射線量が高いからもらっているはずなのだ


結局報道というのは何か一面だけをきりとり取り上げるから誤解が多いのである
それは全国放送でもそうでありその土地の事情がわからないからそんなものかと
放送された画面から頭にすりこまれてしまうのである。
そしてテレビは映像中心でありなんてひどいことをとか感情的にする

飯館村の人が相馬市の農家にあんたちは雇わない、津波被災者の方を優先すると
不満を言っていたがこれも地元から見たら当然なのである。
飯館村の人も事情は違っていても補償金はかなりもらっているからだ。
一方相馬市では南相馬市に比べたら原発の補償金は全然もらっていない
だからそうした避難民が贅沢していると不満が多いのである


「浪江に帰りてえな」気持としてはわかるが本音はもっと一億でも補償金をもらって
新しい生活を別なところではじめたい、そうすればローンも簡単に返せるしとかということもあるかもしれない、
そもそも浪江に帰ること小高に帰ることすら何か大きな壁ができている。町自体が前とは違っていて崩壊している
そんなところで金をもらっても金を有効に活用できないのである。
だから飯館村の人が除染などに金を使わないでその金を補償金でもらって
別なの所で牛を飼いたいという人がいて反発されたみたいだ。

飯館村でもあんなに草茫々になったらもう住めないとあきらめる人が出るのも当然だと思ったからだ。

こんなことを震災のすぐあとに一カ月後くらいに盛んにネットで原発乞食だとか言っていた人たちがかなりいた
でもそれは一カ月後では混乱しているのだかその時はそんなに言うのもどうかと思った。
しかしもう三年も過ぎたらかわいそうな人たちとはもうならないだろう。
かえって補償金で恵まれていると見る人も国民には増えるし地元でも増えているのだ
だからこうした記事には何か違和感を感じたのである。

posted by 老鶯 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98909204
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック