2014年05月25日

抽象画(BLUE WATER) (抽象画は単純でも芸術性がありそれを見抜くのはそれぞれの感性である)

 

抽象画(BLUE WATER)

(抽象画は単純でも芸術性がありそれを見抜くのはそれぞれの感性である)


blueeecool.jpg

blueeecool2.jpg

blueeecool23.jpg

水の勢い

抽象画の原画になるのはインターネットの中にいくらでもある。
ソフトで変化させればその原画はわからなくなるから著作権違反にならない
それは新たな創造になっているからだ
人間の創作には常に他人の応用がありそれがすべて悪いとはならない
明らかに著作権違反となるものがあるが微妙なものもある
だからあまりに著作権を言うと創作の発展にはならない

ただ本当に著作権違反だなというのはなんか自分でわかるんだよな
特に具象画はすぐにわかる
最近料金をとる画像販売が増えている
そこから借用したのであったが注意もされないので出しているのだ
インターネットは他人がどこで使っているかわかりにくいのだ
応用されていてもわかりにくいのがインターネットなのだ


この抽象画の原画になったのは外国だった
一瞬ただの目立たない興味をひきつけないいものに見えた
ただこれはやはり青の一つの抽象画になっていると見た
そういうふうに見るのは自分の芸術的感性である
パソコンはただ機械的に変化させているけどこれが芸術だとは見ない
人間だけがこれは抽象画でも何かを現していると直感することがある
これは一瞬青できれいだなと思ったのだ
このモザイク画のようなものはたいがいこれがいいと思ったものでできない
今回は瞬間的に感じたのだ

抽象画は感じない人には感じないだろう
やはり色にまず感じる、色の感覚が抽象画になる

でもこれは相当単純だから感じない人は感じないだろう
抽象画はこれが芸術なのというのが多い

でもやはり芸術は感性なのである
ある人が感じれば美として意味あるものとして感じれば芸術になる
芸術性は低いにしても芸術の創造を楽しむことができる
芸術は他に二つとないことを作っていることに意味があるのだ

パソコンで作ったにしてもその価値づけをできるのは人間なのである

とにかく自分にとって抽象画は暇つぶしにいいなと思っている
だかち暇な時、パソコンを操作している
やはり何であれ自分だけのものを創造していることは楽しいのである。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98030785
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック