2014年05月13日

牡丹、ツツジの加工写真


牡丹、ツツジの加工写真
(花の命は短い)


botanntutuji1_FotoSketcher3.jpg


botanntutuji1_FotoSketcher2.jpg
クリック拡大



  • ラステーク


roseeeeee111_FotoSketcher2.jpg

roseeeeee111_FotoSketcher111.jpg

蝦夷紫

ezomurasakiii1_FotoSketcher888888.jpg

ezomurasakiii1_FotoSketcher6666.jpg

tutujiieee1_FotoSketcher2.jpg


大輪の薔薇十数輪に蕾かな

朝日さし牡丹に映えるツツジかな

蝦夷紫その名の良しや我が庭に

ラステーク内より赤らみ十数輪若き日のごと咲き満つるかな



ラステークという薔薇が一杯咲いているのを買った。
それが一万だったがこれは買った時だけが良く映えていたが
あとは花の重みで垂れ下がり見栄えしなかった


次の蝦夷紫というつつじも5000円で買って庭に植えたがこれもすぐに散った
花は切り花でもそうだかすぐに色あせたり散ってしまう
だから一番いいとき、写真に残すとあとでも鑑賞できる
鉢植えでもすぐにしぼんだり見栄えがするのが短いのがある
生き物だからどうしてもそうなる

花の命は短いというときまさにそうである。

今は花が何か品種改良などして増えている
だから花を鑑賞するのも増えている
外国産も増えている
特に春から夏は一番増える
だから花で一杯にできる


写真に出したものは塀のツツジの写真の他は見栄えするのは短すぎた
それでも一時で見栄えする時写真をとっていたからいいのである
今は写真の時代であることかこれでもわかる
デジカメをいつも持って歩いてその時々の瞬間の映像をとらえる。
それはその時しかとれないということがあるのだ


これはfotoskecherで加工したものである。
加工技術も優れているからさらにいい写真がとれるのである
俳句が写生だというときもはやデジカメなしの俳句は普通になる
写真がないと何でも訴えないのである。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96413820
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック