2014年05月01日

八重桜は母の愛 (故郷とは母の愛・・・)


八重桜は母の愛

(故郷とは母の愛・・・)

yaeend1.jpg


redbigstoneone.jpg

クリック拡大


春日さし赤みを帯びた大き石

雨しとと誰か思ふや余花を見る
一時に六輪開く牡丹かな
誰がとがむ牡丹開きて雷鳴りぬ
故郷の狭きを行き交い夕燕


ふるさとやほのぼのとして母の愛八重桜の下我は歩みぬ

八重桜夕べ散りにき雨のあと湿りし道を我は歩みぬ
ほのぼのと八重桜咲きこの夕べ蛙の鳴くや故郷の道


故郷とは何なのだろうか?これを訳すのに苦労していた通訳の女性がいた。
ふるさとというのは英語でなかなか訳せないだろう。
だから浪江とかで故郷を失ったことで世界の人に訴える時、
どう訳していいのかわからないというのも理解できる。

そもそも故郷といってもみんな違ったものとして故郷がある。
故郷に最も愛着しているのが誰かと問うことにもなった。

近くの人は若い時から苦労して土地を買い家を建てた
だから家に愛着があり離れたくないと言っていた。

これは自分のように何の苦労もしないで家を引き継いだものとは違うなと思った。
なんか自分の場合,家はただ間借りしていたという感じなのである。
そんなふうにして住んでいれば家にそんなに愛着があるとも言えない
故郷に愛着があるのはそうしてこの土地に密着して働いた人だろう
だからそうして共に苦労して働いて家を建てた老夫婦は故郷に愛着をもつ
代々住んでいる農家の人なども愛着をもつ


ところが会社員になるとまた別である。
車の部品を製造している人はどこにいってもやはり同じ仕事で変わりないのである。
その土地に根付いたものではないからだ。
そういう人たちも増えている現代は故郷に愛着をもつ人が減少してしまったのかもしれない
昔の村とは違ってコミニュティが解体しやすくなっている

浪江町として一体感を忘れないで欲しいいうけど
その一体感をもつものは何なのかわかりにくいだろう。
まず故郷は何かなどと問うことなどありえなかったのである。
故郷とは当たり前にいつでもあるものだったからである。


八重桜の季節になったけどこの八重桜には何かいつもほのぼのとしたものを感じる
これは母の愛に通じているかもしれない
自分の家に毎日来る年取った60代の女性は未だに40才とかの障害者と結婚していない
息子がいて絶えず行き来しては弁当とか食事の用意をしているから大変である
だから嫌にもなっている
実際に自分も家事をやっていて嫌になる、めんどうになるのだ。
でもそこには母の愛がまだある

自分にはすでにそんな愛はもつ人はない、死んでしまったからだ。
母が死んだ時、息子は母の愛が何であったか痛切に感じる時来るだろう。

つまり故郷とはその景色もあるが家や土地や生業もあるが
母の愛のあるところかもしれない、故郷は母がいて母の愛があって故郷なのかもしれないだから
自然に恵まれていても一茶のように継母に育てられたら故郷は寄るも触るも茨かなとかなってしまう。
故郷はまた全部いいものではないしそういう人もずいぶんいる
自分も故郷が嫌な面は多々あり旅ばかりしていたのである。
自分の場合は異常でも過剰な愛があったから故郷をすべて拒否するということはなかった

ある家の庭の石に興味をもった。この石には女性を感じたのである。
赤み帯びているからそうなった。石は普通は男性的である。
でもこの石は女性的なのである。
それも土着的な農民的な女性的石なのである。
それは最近つきあった野暮ったい苦労した女性をイメージしたのである。

人間は必ず自然のものでも石でも人間をイメージしているのだ。
人間が投影されて自然が人間化されるのである。
この石は普通の石とは違って女性的なる故にひかれるのである。
男性的なものと女性的なものとして世界を分けて言葉まで作ったこともわかる

人間は男性的ななるものと女性的なるものがあって陰と陽があって豊かな世界観を作れる
だから結婚しない人は人格的に何か欠けているというのは確かである。
女性的なものが投影されないから欠けたものとなっいいるのだ
女性でも結婚したり子供をもたないと女性としての人格の完成はないだろう。

だから母の愛という時、それが故郷の象徴ともなるのである。
つまり故郷には母が欠かせないものとてしあるともなる


牡丹も開いて今日は雷も鳴った。
これは春の雷だけど実際は5月で夏なのかしれない
八重桜はまだ春であること言えるが夏になっている
花が今は一時に咲く季節である

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95011439
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック