2014年03月15日

春の俳句十句 (横峰の堤の二宮神社を回り原町へ)


春の俳句十句

(横峰の堤の二宮神社を回り原町へ)

kunumiyamaaaa11.jpg
ninomiyameeee111.jpg


sssribver11.jpg


樅の木や二宮神社冬を越す

相馬藩二宮神社や春の雲
耕やさむ小さき畑春の雲
老守る小さき畑や春の雲
広々と横峰の堤春の鴨
竹ゆれて流れの早し春の川
国見山南相馬や春の雲
鴨眠る水面に微笑む春の月
我が家の猫にやさしく春の月

春の日や母なお生きて百才に

tutumiiii11.jpg


すべてクリック拡大


横峰堤は結構大きい、堤は結構大きいものがある。鹿島区には大きな堤がある。
溜め池は意外とこれもわかりにくい。北海老の溜め池も
あそこにあんなに広いのがあったのに気づかなかった。
唐神堤は一番大きい。横峰堤にはまだ白鳥がいた。
白鳥はまだ帰らないのは今年は寒いからである。
堤はあきらかに自然でありこれも松原と同じようなものだった。
こういうふうに広い溜め池があると気持がいい。

その堤の脇に「報徳二宮神社」があった。
これだけはっきり二宮神社とあるのはめずらしい。
相馬藩では二宮尊徳のことをか常に語られるけど神社になっているのははじめて見た。
意外と相馬藩ですべてを知ることはできない

人間は灯台下暗しだと何度も書いたけどここはいいところだなと感じるのも時間がかかる堤などあまり注目しないこともある。
でもこれも第二の自然だからやはり気持いいのである。
要するに人間は一番近くの日常的なものの良さを認識できないのである。
だから今回の災害で故郷に住めなくなったけど改めて故郷を見直すことになった
そして当たり前の日常を失った時、その当たり前のことが本当は大事なものだったことに気づいたのである。
あまりにも当たり前だから気づかなかったのである。


故郷がいいな感じる時は自然でありまたそこにいる人間がいいなと思った時だろう
原発事故で田んぼが作れないのだから溜め池は用がない、ただ白鳥や鴨の池となってしまっている。
溜め池から水が流れて田んぼがあるときそれが故郷の原風景になる
だからどううしても田んぼかない風景はイメージすらできなかった。
ソーラーパネルとか風車を作ってもそれが景観的には故郷としては嫌なのである。
そういう故郷の風景になじむだろうかとなる

今日は春らしかったけど昨日だって風が冷たかった。
今日は春らしいから原町まで行ったまずこの辺は新しい家が百軒以上建っているだろう。
次々に建っている。なぜヘリコプターが二台もある新しい家が建っていた。
あれも趣味なのか何なのか外部から入って来た人なのか、新築の家が目立つ。

新田川の上流の流れは早く水かさがある。
やはり今年は雪解けの水なのだろう。
山には相当な雪が積もったからあれだけの水がながれてくる。
それも春らしいとなる。

国見山はちょうど南相馬市の真ん中にある。今までは原町の山だった。
でも小高区と原町区と鹿島区が視界にぴったり収まる
だから南相馬市は地理的には一体だった。
相馬市は国見山から視界に入らないのである。

南とつくだけでまた何かあたたかく感じるから不思議なのである。
南とついただけでどこでもあたたかく感じる。
北とついただけで寒く感じるのも地名の不思議である。
北海老とか北屋形となると実際に陰になり暗い感じになっていたのである。


春の雲というとき、知っている人が耕す小さな畑をテーマにして作った。
老人が耕すにはちょうどいい小さな畑なのである。
それでもいろいろなものがとれる。結構その畑を耕すのも手間なのである。

春の月が川の水面に写ってゆれていた。満月だった。
そしてニャオーと近寄ってくる猫にもやさくしなった
この猫はなれていないけど近寄るときあるからその時警戒をといている
この猫も虐待されたからなれない
つまりこの猫も自分と同じだったのだ
自分もこの六年間は虐待されてきたのである
だからこの猫の気持ちがわかり家族の一員のように思えたのである

何か今日は平和を感じたしまだ復興は先でも平和になってゆくのだろうか?
それでも警戒区域で故郷に帰れないとなった人たちの気持はどういうものなのか?
こうして南相馬市はまだ故郷があって春になる
田畑は復興していないが田畑も復興すれば元にもどったとも感じるだろう。
その喜びも大きいものとなるだろう。
それにしても大きな変化でありその先が見えないのである
ともかく自分の個人的なものでも何か平和を感じた


母は百才まで生きるのだろうか
それも自分の家にとってはめでたいことだった
要するにようやく内も外も平和を感じた
ただ何か忙しいことはたしかであるしまたいつ様態が悪くなるかわからない
ただ百才を目指していることだけは言える

人間はいつまでも苦しいことばかり災難ばかりはつづかないだろう
そんなにつづいたら生きるのさえ嫌になる
今日一日は本当に春らしい春を感じた
やはり災害から三年たちさらに時間がたってゆくと自然にもなごんでくる
自然もそんなに過酷だったらこれも生きるのも地獄になるだろう。
200年とか400年とかまたこんな災害があるとは思えないのである
ただこんな大災害は津波でも長い時間の中では必ず来るということを知ったのである

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90521002
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック