2014年02月05日

原発は東京に作るべきだったのであり今もそうである (都知事選の脱原発は通用しない)

 

原発は東京に作るべきだったのであり今もそうである

(都知事選の脱原発は通用しない)

東京湾に原発を作るべき10の理由
http://ameblo.jp/ap-o-mp/entry-11443168955.html


東京都知事選挙で原発を全部なくすということで細川や小泉があおっているがこれはナンセンスである。

原発は東京に作るべきなんだ

東京に作ることが一番合理的でありコストカットだったのである。コストカッターとしてのしあがった
東電の清水社長の意向にもそっていた。つまり福島でコストカットしようとして安全策を怠ったから失敗したのである。
津波だって東京湾は深いからあんな高い津波は押し寄せない、
いろいろ考えると東京が一番ふさわしい場所だったのである。それは専門家でも議論してみればわかる。
だから脱原発が選挙の争点ではない、それは国策の問題である。


それより東京に作ることが一番ふさわしいんだよ


なぜっって、考えてみろ、一千万の大都会をどうして動かせるんだ、
それは電気があってだし原発も欠かせないんだよ、他の自然エネルギーでは補ないない、
そんな巨大な都市をどうして動かせるのか?
だから原発が東京に必要なんだよ
原発があって東京が栄えるんだよ

原発事故になったら東京も終わり日本も終わりだ

それも文明の運命だし覚悟してやるほかない、つまり原発と心中することもやむえないんだよ、

だから原発は信仰対象にもなる。安全神話にもなった。
原発は安上がりなんだよ、東京が栄えるには原発が必須なんだよ
東京が一番電気を使うだからしょうがないだろう
事故になれば東京が終わり日本も終わる

それもいいじゃないか、そもそももう東京自体が電気をまかなうには原発が不可欠なんだよ
事故があったら原発と心中する覚悟が必要なんだよ
東京人だけが助かり福島に作ったということ自体まちがっていた
コストの点でも東京が一番あっていたんだよ
脱原発などきれいごといったってみんなクーラを使っているな
原発があるにしろないにしろ電気など減らせないんだよ
電気をへらしたら文明そのものが終わるんだよ


それじゃフクシマのよう田舎はどうするばいいのか?
それは昔の自給自足の生活を見直すことだよ
電気は必要にしても最小限にとどめ
炭とか薪とか何かそうした自給体制を作っておくことだ
だから原発にたかる金権体質を見直すことなんだよ

借金してぜいたくしているとかいろいろ欲望が深く贅沢していたんだよ

そんなにしてまでぜいたくしたいのか
田舎の人もまた見直すべきなんだよ
東京には東京の栄がある
原発とともに栄があるんだよ
危険にしても覚悟ししてやればいいことなんだ
生半可な気持でどっちもいいように考えるなよ


東京には東京の栄がある
福島にはウツクシマ福島の栄えがあった
これから福島は田舎は田舎の栄えを目指すべきだ
今までのように両方を目指すことはできないだよ
だから田舎も東京と同じく覚悟も必要なんだよ
一挙両得を目指すから変なことになったのだ


東京が終わったら日本も終わる
でも人間は終わらないだろう
自給自足の生活にもどり生きているだろ
東京はなくなっても田舎は残るだろう


政府と東電の最大の間違いはフクシマに原発を作ったことだったんだよ


首都が滅びるなら原発とともに滅びる覚悟が必要だった
東京だけが生き残り田舎は放射能汚染で住めなくなるなどずるすぎる
東京が首都だからすべてが許されれるのか
天皇様が住んでいるから首都を守らねばならない
では美しい田舎が滅んでもいいのか
土や水が汚染されて米もとれなくなっていいのか

そしたら東京も食べていけなくなる
外国があるっていってもそうしたら奴隷になるぞ


原発はフクシマに作ったことが最大の過ちだった


東京には作れないというならどこにでも作るべきではないんだよ
それはわかりきったことじゃないか
東京に作ることは政府も責任をもつということだったんだよ
そしたら命懸けで原発を見張っていればよかったんだよ

政府もそしたらさ本気になって安全をみているから良かったんだ
フクシマにあるから離れているから安全だ
東京は守らねばならないというのがまちがっていた
たから安全も怠っていたんだよ
離れているから事故になっても東京は安全だとな
被害はフクシマだけがかぶればいいとな・・・

 
posted by 老鶯 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86678220
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック