2014年02月03日

桜井市長はやっぱり北海道に逃げたのか? (デマの真偽をどうして知るのかーまずはソースを知るべき)


桜井市長はやっぱり北海道に逃げたのか?

(デマの真偽をどうして知るのかーまずはソースを知るべき)


 災害時は、不確実な話も飛び交う。デマや流言も広がりやすい。名古屋大の唐沢穣教授(社会心理学)は「大惨事が起きて日常が崩れると、普段の生活で持っていた公正さや判断基準が変わります。根拠の無い話を簡単に信じてしまう恐れがある」という。
 1923年の関東大震災では、外国人が暴徒化したとのデマで虐殺が行われたが、東日本大震災でも「外国人窃盗団がいる」といったうわさが流れた
http://wind.ap.teacup.com/stillwaters/1131.html


今回原発事故で桜井市長が北海道に逃げたというのを聞いたソースは二人だった



 (一人目ー組の人)⇒桜井市長が北海道に逃げたというのは嘘だった、それで評価が上がり票が入ったという・・・・


(二人目ー近くの地元の情報通の人)⇒桜井市長は逃げたんだよ、娘が北海道にいる、横山市議会長と一緒に逃げたんだよ・・・・



では組の人はそのことを誰から聞いたのか?
このソースはわからないのである
ただ組の人が直接面と向かって言ったので信じたのである。

二人目の逃げたという説はそれも何がソースかわからない、
火のないところに煙がたたないとなれば娘が北海道にいるということはそうなのかという一つの火種にはなる。
でもこれも確かめる方法がないのだ。

ただ一時市長がいなくなればわかるのだからそういうことが一時あってそのことを言われているのかもしれない、
だからそうした事実を積み上げていけば真偽がわかる。

歴史でも事実も証明するには地道な歴史的事実をつみあげてゆくことである。

例えば相馬藩で津浪で700溺死したという記録はあるから真実である。
ただそれ以上のことは不明である。
だから今の公共事業のようにボランティアのようなことはないのだ

相馬藩の殿様であれ誰も津波の復興のために尽力したなど記していないのである。
跡継ぎの問題などは事細かに記されているが津波のことは記されていないのだ。
だから何の事実もないのに今行われているような復興公共事業が
藩主導で行われたというのはないのである。
そもそもそうした事実が見いだされないからである。

インターネットの掲示板はまさに噂でありすぐには信じない
そういうのが普通はインターネットである。
それでもデマを信じて広がるということは人間の心理的なものなのだろう。
緊急時は何を信じていいかわからなくなるからだ

意外とデモの真偽を知ることはむずかしいのだ。歴史上のことでもむずかしいし今起きていることでもむずかしい。
マスコミですら真実を報道することはむずかしい。
だからヤラセ報道があった。マスコミはともかく大衆の目をひくものを放送して視聴率をとらねばならない、
それが第一だから過激な報道になりやすいのである。

ただ現代というのは報道することは誰でもできる時代になった。インターネットでそうなった。
マスコミのような力はないにしても報道することは明らかに一つの権力をもつことである。
報道できたものは今までは権力あるものだったから
マスコミや官僚やカルト宗教団体でも東電のような大企業でも金によって情報を操作することができたのである。


ただ個人でも報道するにしても限度がある。内部の情報をとることはできない、
それでも病院に行けば医者や看護師の対応などを報道はできる。
しかしこれは個人ではかなり危険にもなってくる。
それでも個々人が報道すできることは何でも告発しやすい社会だということにもなる。
だから大きな権力をもっている所でもそうしてインターネットなどで告発されると怖いとなる。それなりの影響力があるからだ。

だから一時東芝を相手に戦った人がインターネットにいたのである。
病院などもそこは一方的な権力に従わさせられる場所だからそうなる。
病院でも施設でもどうしても弱者として従わざるを得ないからそういう場所には絶えず
虐待とか医療ミスの隠蔽とか起きているのだ。
今回は近くの病院でまたそういう仕打ちをされたからである。

そういうことをプログに書くというだけで病院側も怖がるということで患者に対して注意深くなるという人もあった。
そんなこともあるのかと思うが読む人が多くなればそうなるかもしれない、
あの病院でそんな対応しているのか、傲慢だとなり評判落とすこともありうる。ただここに本当にそうなのかという疑問もでてくる。
それを読者が判断することもむずかしいとなる。
ただ書かないより書いて訴える個々人で告発力をもつことは民主主義の発展にはいいことである。
でなければただだまっていて権力側のいいなりになるだけでありそして
それが原発事故や一党独裁の圧政や様々な弊害も生れてくるからである。

 
 
posted by 老鶯 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86591072
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック