2014年01月04日

2014年の自分の運勢はいかに? (災厄の六年間は過ぎてこれからどうなるか?)


2014年の自分の運勢はいかに?

(災厄の六年間は過ぎてこれからどうなるか?)


2014年の運勢〜あなたはこんな「幸福」を手にします
2014年の運勢〜あなたにこんな「試練」が訪れます
2014年の運勢〜あなたの「仕事運」について
2014年の運勢〜あなたの「恋愛運」について
2014年の運勢〜あなたの「金運」について
2014年の運勢〜あなたの「対人関係」について
2014年の運勢〜あなたの「健康運」について
2014年の運勢〜あなたの「旅行運」について


新しい仕事、新しい出会いがあります。腐れ縁の彼、彼女とお別れして心機一転、目先を変えることが幸運のカギです。

占星術における2つの大きな真実の惑星が、私たちの野望と達成を形づくります。一つ目の惑星は、先見性のある木星。木星は感性豊かな水の星座である蟹座で新年を迎え、野心と信念、そして真実が、私たちの感情を通じて表現されます。
https://joshi-spa.jp/57603


8月頃から新生日本がはじまるでしょう。結果的には吉の年です。
夏頃から経済的にも上向き、諸問題も解決していくことでしょう。

経済界では大企業の合併が多いでしょう。
ただし、来年は経済や物の年ではなく、精神的なもの、情報や音楽、芸能、芸術の年です。

2014年は「火」と「太陽」の年です。伊勢神宮への参拝が開運につながるでしょう
http://umigasukinanoda.blog135.fc2.com/blog-entry-274.html

自分の運勢はまずプログにも書いてきたようにこの六年間あらゆる災いを受けてきた。身内の認知症からはじまり自分の病気で二回入院して手術もした。その間に大きな犯罪にもあった。病気の時にも心配する人は一人もいなくなっていた。これまで親戚関係にあった人はろくでもない人しかいなかった。だから何の助けにもならなかった。
借金しているからこれ幸いと責めてきた。他人はさらに露骨に犯罪に及んだ。
それも信じられないことだった。なぜ自分がひどい目にあっている時、全く同情もしない、いたわることもされなかったかというとそういう余裕がない人ばかりたったのである。金がなくぎりぎりで生活しているから強盗のようなことまでしかねない人である。
大きな借金しているから相手のことを思うより借金で頭が一杯で借金を要求してくる。病院にまでそうである。自分が弱っているから要求しやすかったのである。
そして自分自身もそうだったが津波や原発事故という大災害も並行してあった。
これも家族が死んで家も流されたとかその痛みはまた自分よりひどいものだったともいえる。内外ともにこれほどの災厄はなかったのである。


そして去年はそうした災厄から健康も回復して立ち直る時期だった。だから去年は楽な一年だった。その中で縁が二つきれた。対人関係というのもこれも実際は人生の中で絶えず変わっているのだ。どうしも親戚関係が因縁が深いからなかなか切れない、でもそれが悪因縁と化してくる場合があるのだ。親戚であろうが一方的に援助ばかりさせられるとなると必ず切れる。互いに助け合うものにならないかぎり人間の関係はつづかないのだ。
恩を受けたというとき必ずカルマを積んでいる。借りができているからどこかで平行をバランスを保つために返さねばならないのである。一方的に与える関係は成り立たないのである。そして借金でも恩でも返せないくらいカルマをつむとその人は家族はやがて破綻する。カルマは必ず返すことが要求される。ツケは必ず返すことが要求されるのである。
それに気付かないで一方的に要求ばかりしていたらその縁も切れるしまたカルマを返すことを他から要求される。


なぜ自分が今近くすら自由に外出できないのだろうか?どうしても介護しているから一人しかいないから6時ころまで帰らねばならなくなっている。するととても旅行などできない。近間しか行けないのである。それも自分ほど自由に旅した人はいない。
それが実はカルマとなっていたのだ。お前は十分に旅をした自由に生きた、だからもうお前には自由がないというカルマを課せられていたのである。そしてなぜ自分がこんなに苦しい目にあったのかというとこれもカルマだったのである。30年間は平穏無事であり気ままに過ごした。それが一変して苦難の連続になったのはカルマが実はたまっていて返すことを要求されていたのである。他の人はそれぞれ苦労しているからである。
人の苦難は何らかのカルマが積もり積もってそうなっているのだ。
それが60以降には否応なく必ずカルマを返すことが要求される。結果として現れるのである。健康でもカルマを積んでいるから酒とか飲みすぎていたとか健康に悪いことをしていた人はどうしても何らかの病気になりやすい。60代はそうでなくても病気が現れやすいのである。


対人関係は二つの縁を切ったことでそれは好転の兆しとなる。悪因縁の影響は実際は大きいしそういう悪い因縁をもちつづけると新しい幸運もなにも破壊される恐怖があるのだ。だから離婚するということはそういう因縁をたつことですべてが悪いとはならない、でも結婚の場合は双方に責任が生じている。だから一方で若ければ別れられないとなりストカーになり殺人までなる。それだけの深い縁が作られていたのである。だから縁を結ぶということは結構怖いことなのである。結婚などは相手のことが本当は知り得ようがないところがあるからあとでこの人はこんな人だったのかと後悔することが多いのがわかる。
でも結婚したらその縁は深くなっているから簡単には切れないのである。


自分は蟹座だから確かに水と縁がある。だから海辺に住んでいるともなる。海辺が住むにはふさわしいのかとなる。もちろん神だけではなく水辺となると川もあるし湖がありそういうところが自分が住むにふさわしいのかともなる。それは一面はあたっているだろう。何か山国たと閉鎖されていやなのである。海が見えると広々として視界が開けるから解放された気分になるからいいのである。


ただし、来年は経済や物の年ではなく、精神的なもの、情報や音楽、芸能、芸術の年です

今年は経済の年ではないのか?そもそも日本は経済の年は終わっているのではないか?
もうこれ以上の経済成長を望むのは無理ではないか?だから株は下がると思う。
日本の経済は限界に達している。ただこれから文化の時代になる。国風文化の回帰になるということは書いてきた。それはこれからもずっとつづくのである。
富の蓄積があれば自ずと文化的なもの教養的なものにエネルギーをそそぐことになる。
自分は20代から書斎をもっていた。でもあまり勉強しなかった。
でもなんとか今になって実りつつある。だから集大成として詩集を出したいと思っている。

2014年は「火」と「太陽」の年です。伊勢神宮への参拝が開運につながるでしょう。


これもそうなのかな、抽象画が偶然にそうした火と太陽のような感じになったのもそのためか?パソコン抽象画は何がでてくるかわからない、それは偶然であり自分の才能ではない。だから何か占いともにているのだ。ええ、こんなものが生れたのか?これってなんなんだとかなりそれは今年の運勢みたいなものにもなるから不思議である。
伊勢神宮は太陽を祭っている。だから今年は本当は日本は興隆する年なのか?

まあ、予言的になると何かとてつもない恐ろしい想定外のことも起きるという不安がある。つまりもう人類の生存は限界に来て黙示録のような最後がくるんじゃないかという予感である。それは津波や原発で実際にこの辺では感じたことだったからである。
そうなると目の前のことにあくせくしたことも吹っ飛んでしまうだろう。
結局は人間は人類は宇宙の塵となり消失する。塵は塵に帰る。
そして新たな神による新世界が生れる。
そういう時期に本当にきているのではないか?そういう予感もするのである。

matumaru111222.jpg

posted by 老鶯 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/84412862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック