2014年01月01日

正月俳句(近くの森で見つけた榊)


正月俳句(近くの森で見つけた榊)
shiguregold111111.jpg

twotreesssss1111.jpg

正月に時雨やあわれ年重ぬ
二本の樹の契りや寒椿
初日さす松風鳴りて里の森


正月に森の中見れば榊かな瑞々しくも生いたちにけり

hatuhiiii11.jpg


sakakiii111.jpg


今日はまた時雨だった。正月に時雨というのもめずらしいと思った。
それからまた川子の森の方に行った。松に初日がさしていた。
あそこの松は細いし貧弱である。でも近くに森があるだけでもいい。
規模は小さいが森は森である。


農家の庭にはやはりあの日本の樹が立っていて寒椿が咲いていた。
あの二本の樹は契るように立っている。それは津波の跡に残された二本の樹もこの樹のように今も離れがたく立っている。
今日は結構風が吹いて寒い元旦だった。
日本の天気は変わりやすい、刻々と変わっている。だから俳句的感覚が養われたのである

川子の森にゆくのは坂を自転車で上り海も見えて気持いいからである。ただあの森は本当の森ではない゛、埋め立て地の森である。だから森として貧弱である。松も細いし見栄えがしない。右田の松原はいい松があったが津波で消失した。

この森で見つけたのは榊だろう。シキミではない、これはまちがいやすい。
森にあったことがめずらしい。近くに森があればこうしていろいろ観察はできる。
近くに自然があるのとないのでは相当違う。近くにあれば日々の生活と一体化するからである。時々遠くに行って感じるのとはまた違ってくる。なぜなら毎日のように行って見て感じるからである。だからあの農家の二本の樹は必ず見ているのだ。
今日は寒椿が咲いて映えていた。


折口信夫の門松の話は面白い。山の人もそうした山の木などを売りに来た。
その山の人がそういう木などを売った場所がイチになった。


山の神に仕へる神人ジンニンがあつて、暮・初春には、里へ祝福に降りて来たので、その時には、いろ/\な土産ものを持つて来て、里のものと交易して行つたのです。此交易をした場所を、いちと言ひました。


このいとは息(いき)であり生きるでありいるでありいつくでありいちもそういう種類の大和言葉である。山人が天狗とか神秘化されたのは結局互いに交流がないことから起きている。滅多に山から人はでてこない、出れないのである。遠くに行くことが道も明確にない時代であり行けないのである。だから春にようやく遠くへ行き市が立つのである。
隣村さえ江戸時代でも遠かった。人と人は交わらない自給自足の生活をしていたのである。それでも春には遠くの人とも交わる場があった。それが市だったのである。


門松の話(折口信夫)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000933/files/5013_14215.html

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83809167
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック