2007年12月16日

桧扇菖蒲(尾瀬−至仏山)

hiougi2.jpg 
 

桧扇菖蒲

至仏山の山頂

蛇紋岩その古さ

霧にしっとりとぬれ

そこにあらしめるもの

桧扇菖蒲

埃ももたたずに

神の顕せしもの

その大きな花びらの

静謐の中にたれ

触れえぬ神秘をたたえ

至仏山の山頂

日影のしんとして

過ぎ去りかすめるもの

雲の影のみや寥々として

蛇紋岩を深い霧につつむ
posted by 天華 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8344515
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック