2013年11月07日

冬の鳥来る(今年は秋が短かった)


冬の鳥来る(今年は秋が短かった)

FUYUTORIIII11.jpg


黄落に午後の日さして老いの友

冬の鳥はや来たれるや家籠もる
故郷に生き継ぐものや冬の蝶
晩菊によりそいさしぬ光かな


時にして一時に散れる木の葉かな老いて多事なり故郷の道

大倉にかすか鳥なきあわれかな秋の夕暮れ人の消えにき

この鳥はジュウビタキだろう。白い斑点がある。前からしか見ていいなし夕方だからぉかりにくい、でも冬の鳥であり渡り鳥である。今年は秋が短く冬になっている。晩秋がぬけ冬になっている。ただ晩秋と冬が一緒になっている感じである。

立冬はすぎたからやはり冬である。故郷に生き継ぐというとき華やかではない冬の蝶である。それは老人かもしれない、そこに深い趣がある。飯館辺りも冬の蝶などがあっていたけど人がすまなくなった。大倉も人が住んでいない、かすかに鳥がないて夕暮れた。
ただまだ人が住んでいるという感覚になっている。家も残っているからだ。
人が本当に住まなくなったら森に帰ってしまうだろう。
飯館村では大倉にしても佐須にしても人がまた住むようになるのだろうか?


ともかく昨日だった、突然風が吹いてぱたぱたと木の葉が一斉に散った。今日も突然雨がふりだして風が吹いた。ここ6年間はそうした突然に桜が散ったり木の葉が散る、自然と人事が一致している。突然に事件が起きて突然に災害が起きて桜が散り木の葉が散る。
そういうふうに変化が激しいしそういう変化にもまれてきたのである。
これは老人にとっては辛いと思う。老人は変化に弱いからだ。
80以上になったりしたら特にこうした変化に適応できず死んだ人もかなりいるみたいだ。

田舎で老後を過ごしたいと思っていた人もいたし現実にそういう人が浜通りにもいた。
浜通りのいいのは気候がいいからその点では老後を過ごすには良かったのである。

とにかくこの辺は神戸の地震と同じように10年くらい落ち着かないのではないだろうか?
そのうち自分にしてもかなり老いてゆくから死んでいるかもしれない、そういう動乱の中で老後を過ごすとなるとは思っていなかったろう。

電車が仙台に通じないと何か遠出しにくいから4月ころから遠くに行っていない、ほとんど近間だけが行動範囲になっている。だから家にいることが多いから家が大事になるのである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80121579
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック