2013年10月31日

秋の太陽が昇る(写真を今撮ってきた)


秋の太陽が昇る(写真を今撮ってきた)

autumnsun11.jpg

クリック拡大

sunatumnnn11.jpg

 
みちのくや春にあらじもかがよいつ秋の真紅の旭昇りぬ
春は曙というとき、それは京都であり東山とか盆地の曙である。しかしこの曙と海に面したところの曙の感覚は相当に違っている。この曙は春ではない、秋でありこんな旭を見たことがない、空気の具合でこんなふうに見えた。

写真では秋なのか春なのか見分けがつかないことがある。太陽でも月でもそうである。

昨日の虹でも失敗したのは芒の繁っているところからとれば秋だとわかったのである。
今電車来るなと思って移動できなかったのである。
一刻一刻シャッターチャンスは消えてゆくのである。

旅しなくても写真になるものはあるが良く見ていないのだ。これは秋の真紅の太陽がふさわしいと思いみちのくにした。みちのくの秋の赤い輝きである。
これもリアルタイムだと臨場感がでてくる。それがインターネットの醍醐味なのである。生放送の魅力なのである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79548427
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック