2013年06月08日

睡蓮と蛙と菖蒲(梅雨の俳句)


睡蓮と蛙と菖蒲(梅雨の俳句)


hasushaka111.jpg

hasuhanaaa123.jpg


睡蓮の葉にのり蛙見えざりき

睡蓮や蛙飛びこむ水の音
睡蓮の開くをながむ蛙かな
睡蓮のまた一輪開く夢心地
睡蓮や行く人なしに雨しとと
雨しとと静かにぬらし菖蒲かな
白菖蒲誰かさやるや雨しとと
雨しととお掘りに菖蒲城下町
蓮の花釈迦の両目に写し閉ず
牡丹の花びら重ね富める家
牡丹の散る花びらや雨しとと
飛び石に牡丹の散るや雨しとと


ayameeee11.jpg

睡蓮は蓮はそもそも釈迦の生まれたインドが原産地であり暑い所に咲くのにあっている。インドからエジプトに移りロ-タスになった。ナイル川などの岸辺の水辺に咲いていた。暑いところだから日影で蓮の花をみているのがあっている。日本では睡蓮の咲く時期が梅雨の時期なのであっていない。
泰山木の花もアメリカ産だとすると大陸的に毎日晴れている天候にあっている。梅雨の時期にはあわない花なのだ。梅雨の時期にあっているのは菖蒲なのである。


今日例の溜池を通ると睡蓮の葉にのっていた蛙が逃げて飛び込んだ。その時その音だけが辺りにして静まり返った。この音は「古池や蛙飛び込む水の音-芭蕉」なのかと思った。これは一匹の蛙だった。蛙は睡蓮の葉にのり誰も見ていない、ただ睡蓮の花の開くのをみていた。どういうわけか「古池や蛙飛びこむ水の音」にはずっとアクセスがつづいていた。この句にこんなに関心があるのかと不思議であった。やはり何かこの句が俳句的なものの結晶だからかもしれない、でも自分の書いた文にそれほど関心を示していることもわからない、それほどに関心をもつ文なのかとも思っているからだ。
ただ俳句で一番関心ある句はこの句だということは言える。


ともかく今日聞いた蛙が飛び込む音は一匹の蛙だった。何匹かの蛙という人もいるが一匹の蛙の音が飛び込んだあとも余韻として残ったから一匹なのがふさわしいだろう。そこにいる生き物の気配はなかったが蛙が飛び込んだことにより蛙がいることを知ったのである。あとは森閑として何も聞こえない池だった。その池は実際はあまりいい池ではない、自然のものではない、ただそこを毎日のように通るからよるのである。人間は関心をもつのはやはり日常的にかかわるところなのだ。遠くの世界はいいとしても忘れやすいのである。


日本と雨はかかせない、湿気の多いのが日本でありその文化もそうである。からっと晴れる日が日本では少ないのである。だから強烈な原色の花がにあわない、たいがい南国の花は原色である。だから蓮とか睡蓮は何か日本の風土にあわないのである。でも何か睡蓮と蓮は瞑想するにふさわしい花のような気もする。


蓮の花釈迦の瞳に写し閉ず


これも想像で作ったがそんな感じになる。相馬市の堀には蓮の花が咲いている。あれも見物なのだが咲く時期になかなかいけないのが問題なのである。梅雨の時期と重なるから行きにくいということもある。相馬市は城下町だから雨にもあっている。


雨しととお掘りに菖蒲城下町


こんなふうにもなる。春から夏は花の種類も多いから楽しめる。ただ梅雨の時期は外にでにくい、だからこの時期いつも北海道に行っていたのである。そういう贅沢も終わった。毎日家事と介護と書くことに追われている。暇なく仕事しているのだ。家事でも掃除から料理から特に食器を洗うのが手間なのである。なかなかコツをつかめないと時間がかかる。二階から下へと行ったり来たりしているだけで時間がかかる。毎日仕事に追われ過ぎてゆく。


ただ老人になると本当にものを見る目が深くなってくる。だから何か批評することに向いてくるのだ。あることを深く掘り下げて見れるのである。本でもほとんどのものを自分なりに解釈できるようになった。ああ、本とはこうして読むものだと思った。若いときは深く読めなかった。表面的に読んだというよりただ本を買ってこんな本があるというだけだったのである。だから今まで読んだ本をもう一回何回も読んでみると理解が深まっている。自分なりに文章に利用もできる。それこそ読書だったのである。若いときはただ読んでも記録する暗記するだけである。その内容について深く知り得ないのだ。この人はこういうことを言っているのだと自分なりに理解できる。
いくら名著でも自分なりに理解して利用しない限り読んだことにはならなかったのである。

睡蓮と蛙(写真)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51322711.html

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69078752
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック