2013年05月02日

春時雨(そのイメ-ジは・・)

 

春時雨(そのイメ-ジは・・)

harushiguree1111.gif

awakikoiiii123.jpg

淡き恋消えにけるかな春時雨
街に来て濡れて甘しや春時雨


春時雨というのもやはり独特のものだった。これはめったにあわないから感覚的にわかりにくかった。これは時雨といっても冬の時雨とはあまりにも違っていた。
これは創作だけどそういう感じだろう。淡い恋の味というのはいいかもしれない、
これが濃厚になるとどろどろした欲望としてしつこいものとなる。
これはただの想像である。誰にでも恋はあるがそれは小学生の頃から芽生える。
でもだんだんと何かどろどろとした肉的なものになってゆく。
淡く消えてなどゆかない、延々とどろどろとした欲望がつづいている。
それが老人になってもそうなのである。


人間は男女でなくてもどろどろとした濃厚な交わりより淡い交わりがいいのかもしれない、
それができないからいろいろ問題になる。淡いものなら別れるのも容易なのである。
あるゆる出会いは別れを前提としている。最後は人間は会うのではない、もうみんな別れてゆくだけなのである。それがどんなに濃厚に交わってもそうなのである。
結局は別れてゆくだけなのだ。


60以上になると次々と同世代といかなくても知られた人が死んでゆく、今日もテレビに出ていた人が死んだなとか毎日のことである。そうするといちいちそれらをもう考えることすらできなくなる。
もうどうでもいいとかなってしまう。


ともかく春時雨はこれは何か甘い、スイ-トだというのも不思議である。
I am getting wet in the  rain with sweetなのだろうか?
甘い水玉のような感覚になる。自然には多様に感じるものがある。

おそらく春時雨など感じているのは日本だけだろう。外国でこんな感覚にはならないだろう。
時雨という言葉すらないだろう。
日本でしか感じられないものが風土にある。それが俳句の季語に凝縮されていたのである。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66276108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック