2013年04月16日

相馬市の復興住宅1200万 (二階建てと平屋で46軒が建った)


相馬市の復興住宅1200万

(二階建てと平屋で46軒が建った)


fukkoujyutaku111.jpg


fukkoujyutaku2222.jpg
こっちが部屋数多いようだけど三つで同じだという
奥行きがなかったからだ

これは大曲地区の辺にあった。ここはもともと住宅があり新しくした。この前に住んでいた人が言っていた。自分はこの前に住んでいて津浪が来たと・・・
ここはもともと住宅であり土地が確保しやすかった。46軒たっているが平屋でも二階建てでも三つの部屋があるという、三つもあればそれなりの家である。平屋は敷地が広くなっているから三つの部屋であり二階建ては奥行きがないのだろう。二階は二階で棲み分けできるからいい。

値段は最初の五年間は賃貸であとは1200万だという、やっぱりそれなりに高い、建売住宅並なのか
家はやはり高い。


これだけあれば仮設から移りたい人がかなりいるだろう。たいがい老人が多いというのもやはりそういうことかと思った。馬場野にできたのは一人老人用でありそこでも二部屋あったからいい。
ここは夫婦が住むにはいい、三部屋だから余裕がある。子供をもっている人はすでに住んでいた。

仮設に住んでいる小高区の人は帰りたくないという、そしてこのような復興住宅に住みたいから市で建ててもらいたいと言っていた。今日のテレビでも老人は帰りたいけどもう子供は帰らないということでばらばらですとか言っていた。小高区の場合さらに老人だけが残されるし回りが町としての機能をもてないとなると住みたくないとなる。


でも1200万は高い感じもするがやはりこの辺で家建てたら土地が800万とかした。だから土地代こみだと高いとも言えない、最低でも土地代はやはり高いから500万となるとプラス700万だから妥当な金額なのかもしれない、鹿島区では新築の住宅がふえた。町内に人口が集中してきた。一軒は街から離れた所に建った。それは東京から来た人だという、子供もいる。東京から移り住む人もいたのか、やはり何らかの仕事ができて移り住むようになった。こういう人が増えると活気がててくるからいい、一見新築の家がふえたとしても津浪の被害者だったりただ今まであった人口が町内に集中しただけだともなる。図らずもコンパクトシティ化したということもある。


 

posted by 老鶯 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64990625
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック