2013年04月04日

桜が一輪咲いた(孫を抱いて梅が匂う)


桜が一輪咲いた(孫を抱いて梅が匂う)


flowerssssss1111.jpg

春日さし採り採り花一鉢に
鳩数羽喜々と飛ぶかな春の空
新築の家に子供や春の雲
大空や鳴き合い暮れぬ雲雀かな
新築の家の前広し雲雀鳴く
故郷や孫を抱きて梅におふ
梅散りてなおにおいたる夜道かな


真野川に鴎飛びきてその岸に桜一輪咲きにけるかな


真野川の桜は一輪咲いた。でも一分咲きにもならない、三輪四輪咲いて一分咲きとなればそうである。真野川には鴎が良く飛んでくる。それが海とつながっていることを示している。町の上も飛んでくる。でも墓の近くの枝垂れ桜は満開に咲いていたのは驚いた。あの桜はいつも早く咲くという。普通枝垂れ桜の咲くのは遅いはずである。ともかく明日はまちがいなく一分咲きになる。今日は春らしい気候だったからだ。

鉢の花は千円だとしたら安い、こういうふうに人も個性豊に色々に咲けばいい、ここに争いはない、そもそも花には争いはない、それぞれの個性を色を尽くして咲くだけで悪。人間だけに争いがあるのだ。

新築の家が一軒ぽつんと新しい家が建った。子供の自転車があったから子供がいる。この辺は新築の家がふえつつけている。新築ラッシュにもなっている。津浪で家を流された人や小高区から移った一部の人も家を建てている。鹿島には何もないと言っていたが新しいビジネスホテルも小池の方にできた。ここにはそんなホテルもなかった。あれは一人用ではあり確かに仮設では親戚が来ても寝る場所がないからあそこに泊まるのにはいい。
新築の家の前はには家がないから広々として気持ちいい、これは都会から比べれば贅沢である。
実際街内になるとたいがい家でさえぎられて見晴らしが悪いからだ。庭も狭いのである。
田舎でも都会と同じ様な狭い場所に住んでいる人も多いのである。


近くの知っている人か孫を抱いていて梅の香りにひたっていた。すでに団塊世代は孫をもつ世代である。孫がかわいいというのがわかる。孫を通じて命がひきつがれるという感覚になる。この感覚はやはりその世代にならないとわからない、ただまだ今は60代でも若い、そういう人がやたらふえてくるのだ。退職して何をしたらいいとか60代はいろいろ病気の世代でもあり悩むのである。

この辺では浪江などは悲劇である。故郷というとき孫を抱いて故郷に命がひきつがれてゆく、それが普通のことだった。故郷で代々くりかえされてきたことである。その故郷がなくなったということが悲劇なのである。ただ別に孫がいなくなったわけではない、でも故郷がないということはどういうことなのか?引き継がれるべき故郷がなくなったのである。孫をもっている世代とばらばらに暮らしている人も多い。孫は故郷の思い出がないとか言っていた。忘れてしまったと言っていた。新しい生活の場が故郷になってしまうのである。ただ故郷というとき自然がないと故郷にはならないだろう。

東京とか大きな都会に移ればそこは故郷となりにくい、すると故郷喪失者になってしまったのである。この辺ではまだ田畑が耕されなくても生活があるから孫にひきつがれる故郷は残っているからまだいい。故郷がなくなるなどということを未だに信じられない、そういう混乱と戸惑いがつづいている。

今日も一日自分は忙しかった。買い物のために三カ所よった。買い物が結構一仕事なのである。何で毎日こんなに買うものがあるのかと思う。ただこの辺では仕事しないでぶらぶらしている人が増えた。七割くらい仕事していないかもしれない、それでも補償金があるから余裕であり補償金のない積み津浪被害者とはかなり違っている。顔に余裕があるなとかのんびりしているのである。
ただ忙しい人はやたら忙しいのである。暇なやつはやたら暇である。だから今になるとそうした暇にしている人を見るとなんなんだと今は思ってしまう。この辺では津浪原発事故以後は価値観が変わった。働く人は金を持っている人より上である。働かない人は低くみられるし邪魔だとさえなる。
でも実際は働かない人がふえすぎたのである。自分の仕事は史(ふひと)なのである。郷土の歴史を記録することが一つの仕事である。津浪原発事故でそのことがふえたのである。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64461871
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック