2013年02月27日

寒月(震災から整理整頓が終わらない)


寒月(震災から整理整頓が終わらない)


寒月や天に冴えつつ孤高かな


the coldest moon
the clearer one
loneliness in superiority
in the heaven


我が家の整理整頓寒の月

沖に船松一本や冬深む


昨夜は火事があった。何度も消防車がサイレン鳴らして何台も走った。それで外にでたが火の手は見えない、ただ寒月が皓々と輝いていた。今の時期でも今年は寒いから寒月である。天に独り孤独に冴えて光っている。人間はやはり集団で卓越性を発揮することはない、最期やはり真善美を追求する果てに孤独となって独りとなって天にも引き上げられる。集団になるときそうした精神の卓越性には到達しない。集団でどんなに祈っても天国に行くことはできない、この世の利益は得るにしても精神の卓越性は集団では得られない、集団は組織は政治、経済化して数量化される運命にあるからだ。精神はそもそも数量化されないからだ。結局精神の卓越性を求めれば大衆からも文明からも孤立せねばならない、それで現代では上野霄里氏でもそうだがアウトサイダ-孤立化の運命をになわされるのである。


震災から二年たつが未だに家の整理整頓ができない、結局介護があり毎日のようにゴミの整理に追われている。つくづくゴミ屋敷化していたのが自分の家でもあった。ばらばらに本が散乱したままだった。それがかたづけようがないのだ。本はあとで役に立つかと思いなかなか捨てられない、要するにゴミ屋敷の問題は捨てられないものがたまってしまうということである。本は読まなくてもこれはあとで役に立つと思い捨てられない、それで家が傾いてしまった。本はいづれにしろいくらためても読めない、一冊の本を読みこなすだけで大変な労力がかかるのが知的世界だった。本はあくまでも自分の文脈、創作のときそれを補足するために必要であり必ず引用が従になるように読む人が主にならないかぎり読んだことにはならない、それがいかに優れた本でもそうなのである。自分が主となって利用しない限り無用の長物となってしまう。そういう本が山と積まれているのだ。利用できない本はすでに価値がない、アクセスされない情報は価値がなくなる。資料が埃をかぶって山ほどあっても利用されなければ無用の長物となる。ただ百年後に利用されるかもしれないと保存されている。それはとても個人ではできない、だから知の世界は電子化するのがいい、ただ電子化の最大の弱点は資料そのものが全く消えることなのだ。それで紙化することも平行してやらねばならないという矛盾があるのだ。現実に買ったばっかりのキンドルがいくら探してもないのである。ということは記録したものも消えてしまう。買った本も読めないということになってしまった。おそらく小さいものだから見つからないからまた買うようになってしまうだろう。


一本の松が残っていた。沖に船がゆくのを見ている。誰の句だったのか、「寒月や津波の跡に松二本」このキ-ワ-ドで探していた人がいた。これは自分が作ったのかとは思ったがそうでもないようだ。では誰が作りどこに出ていたのか?それがわからない、この句はいい句だなと思った。津波の跡に残った松二本、そこに皓々と寒月が照っている。松二本というとき人間も象徴している。家族が全部死んで独りになった人もいた。大船渡ではその人は自殺した。まず独りになったらショックである。

二年すぎてもほとんど復興はない、原発事故地域と津波だけの被害地域はまた違っている。でも市町村自体が壊滅状態になったときいかに
復興がむずかしいか困難を究めているか思い知らされた。
土地の権利をはっきりさせることだというのも本当だろう。それぞれの個人の土地の権利にこだわっていたら復興はできない、もう国で買い上げて文句を言わせないという思い切った手段をとるほかない、そういう緊急事態だから個々人のことを配慮していたらできない、そういう思い切ったこともできるのが震災の被害だったのである。個々人の利権に執着していたらいつまでも復興はできないのである。もうそうした個々人の利益をあきらめるほかないということである。それだけの衝撃だったということである。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62957487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック