2013年01月01日

元旦の幽玄な月


元旦の幽玄な月

yuugennmooonoooo1.jpg

yuuugennmoonn2222.jpg
クリック拡大!


元旦や幽玄の月光るかな

雲間より幽玄の月年明けぬ
幽玄の月や巳年の初めかな
新年や一瞬消えぬ流星
 
この月も不思議だった。半弦の月というのかあまり見たことがない、雲間から光っていたので余計それを感じた。流れ星も一瞬にして消えたのを見た。今年は天候が穏やかだから気持ちいい元旦だった。雪となるとか言ったけど正月はいい天気みたいだ。天気というのも一年を占うものになるかもしれない、この幽玄の月は何を意味しているのか?自分自身が幽玄的存在だし茶の湯の道も幽玄的なところがある。幽玄という言葉自体日本的な表現の仕方なのだろう。外国にはない、外国では空が澄んでいるから太陽でも月でも違ったように見えるのだろう。日本では湿っているから幽玄的なものが生まれてくる。日本の文化には湿気がかなり影響している。朧月などがそうである。湿気は食生活にもかなり影響している。四川料理の唐がらし料理はものすごく辛い、焼けるように辛い料理である。そんなものをどうして食べるのかと思ったら湿気が強い所だから汗を出すために食べるという確かにあれだけ辛いものを食べたら汗かでる、それで体にいいとなるのか?気候とか風土化料理も作っていたのである。

幽玄というときこれは巳年(みどし)の蛇にも通じているかもしれない、蛇も神秘的だからである。
流れ星を見たというとき何をこれはまた意味しているのだろうか、天候の事象で占うということが古来中国文化にはあった。津浪が月とか天体とも関係していたというときまだその関係は科学で解明されていないのである。科学で何でも解明されたようでもされていないのがまだまだある。
人間の運命も実際わからない、自分の寿命もわからない、体もわからない、でも突然死ぬということがある。流星のように跡も残さず一瞬の輝きを残して消える、それも神秘的である。人間もそんなふうにして消えてゆくのだ。死ぬときはまさに流星になる。

今年の元旦は朝から夜までまた自転車で駆けずり回った。新しい自転車は乗りやすいからアクションを起こしやすい、今年はこの自転車でかなり行動範囲が広げられる。ただやはり疲れやすくなっている。まあ、遠くにこれで行くのが楽しみである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61164667
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック