2012年08月20日

会津美里町の夫婦殺害事件の謎は深い (田舎も油断できない時代)


会津美里町の夫婦殺害事件の謎は深い

(田舎も油断できない時代)

 


 会津美里町の病院職員、遠藤信広さん(55)方で遠藤さん夫婦が刺殺された事件で、強盗殺人罪などで17日に起訴された住所不定、無職、横倉明彦被告(45)。会津若松署捜査本部の調べに対し、事件前にも遠藤さん方に侵入し、現金数万円を盗んだと供述していることが分かった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120818-00000087-mailo-l07

金はどこ」などと金品を要求し首などを刺して殺害後、幸代さんのキャッシュカードや現金1万円、商品券5枚などが入った財布、ネックレスなどを奪ったとされる。
 会津若松署の捜査本部の調べで、横倉被告は「最初から殺すつもりだった」「人を殺してでも金を奪いたかった」と供述していることが新たに分かった。捜査本部は、会津地方に家を購入するための資金を目当てに、強い殺意を持って犯行に及んだとほぼ断定
http://www.minpo.jp/news/detail/201208183124

 


この事件が関心があるのはなぜこんな凶悪な事件を起こしたのだろうかということである。金がないからなのはわかる。それにしてもそこまでどうしてやるのかという疑問は誰でももつだろう。この背景は何なのだろうと思う。殺す前に数万円でも盗んでいる。犯罪者はそうした小さいことからはじまっている。数万盗んでもそれが大きな犯罪へ通じてる。小さな犯罪が大きな犯罪へ偶然にしてなることもある。そんなに盗む必要ないのに思わず大金があって盗んでしまったとかあるのだ。ただこの犯人は
横倉被告は「最初から殺すつもりだった」「人を殺してでも金を奪いたかった」と供述していることが新たに分かった。


これほど金が欲しかったのである。金が欲しいという人はもうまずとめられない、欲しいものは欲望は制止できないからだ。どうしても欲望を達することしか頭になくなるのだ。そして何らか犯罪を犯す人は追い詰められている。大きな犯罪を犯す人は追い詰められている。借金かもしれないし何かの事情があるかもしれない、実際今日食べるものがないから一万奪うため殺したということもある。そんな金で殺される方もたまったものではない、でも追い詰められている人には相手のことが眼中にないのである。犯罪は追い詰められている、ヤケになっているから起こすということもある。そんなだいそれた犯罪を簡単にできないはずだからだ。何らかの自暴自棄になっているかもしれない、そういうことがありうる。自暴自棄になったとき人は凶悪でも犯罪を犯すのかもしれない、そんなことしたらあとでどうなるかも考えないのである。そういう人に出くわした人は最悪であった。自分もそうだった。ただこの人は外部の人だからまた違っていた。

それにしてもここまでなぜなるのか?それがわかりにくいけど犯人してみればそこで生活するために家がどうしても欲しかったのか、何かの訳があったのかわからない、犯罪にあった家は立派だから金ありそうに見えたというのはわかる。だから立派な家に住むのもねらわれるから現代は危険だとなり東京辺りの金持ちの家は自衛策で防御しているらしい。ただ都会ではそういうことあっても田舎ではそんな防御意識はない、結構のんびりしているのが田舎である。でもそういう時代でもなくなっているのは確かである。格差社会は何かこうした追い詰められた人があふれてくる時代でもある。まともに職につけない若者も多い、するとそうした人たちは危険分子になる。田舎に来る人は退職した人や田舎暮らしがいいとか素朴な人だと思っている節もあったから一時的に受け入れていたのかもしれない、また過疎地域では人が少ないから人が増えて村を活性化させてもらいたいという要求があるから受け入れたのか?この事件も現代を象徴したものかもしれない、都会と田舎の関係で起こったこと、それも田舎の過疎地域で起こったことだからだ。

過疎地域では人に来てもらいたいという要求がある。一方でそこにとんでもいな人間が入りこんでくることもありうる。そういうことは自分の家で経験している。どんな人間が来るかわからない、家の中であれ村の中であれそうした中に入ってくる人間はどういう人間だかわかないのだ。そのわからないということが犯罪につながる。ただもし過疎地でも受け入れるというならそれなりにその人を見極めるとか実験的に受け入れるとか便宜を計る必要があるだろう。その人が全然金がないとかどうして生活するのかそのあてもないとか、いろいろその人について調べたらこの人はここでは暮らせない危険だとなる。ただそうして人をどこまで疑うとなると日本人はまだのんきであり人を信用している。でもこれからの社会は外国とにてくるのだろう。


まー、日本人って人相手なら話せば理解し合えるって思ってるからな。
海外の貧困層にまともな話はいっさい通じないよ。
実際、そういう国の金持ち連中は貧困層絶対相手にしないし同情もかけない。
というかはなっから近づかない。
下手に同情したら噛まれるだけだってわかってるから。


これだけ格差社会、階級社会では相手を信用しない、同情もしないということもわかる。へたに同情したらどうなるのか,身ぐるみはがれるという恐怖があるのだ。貧乏人が家に来て何でこの人はこんないい生活しているのだ、自分は何でこんなに貧しいのだとなりそれが犯罪に通じるのだ。そういうふうに差があるとき同情は全く通じない、相手は金持ちをうらやむだけである。そして自分も同じ様に金持ちになりたいとなるだけでありできないなら犯罪を犯してもなりたいとなる。
安全を計るために「同情しない、つきあわない」となってしまう。こういう社会も窮屈なものとなる。日本もそういう社会になりつつあるかもしれない、都会から来て田舎に住みたいと言っても金もないのに仕事もないのにどうして住むのか不思議である。どうしてまた仕事もない田舎に来たのか?そうした疑問が噴出する。


横倉被告は「最初から殺すつもりだった」「人を殺してでも金を奪いたかった」と供述していることが新たに分かった。


ここまで金が欲しかった。それが動機なのだろう。それにブレ-キをかけるものがなくなっていた。
とるなと現代はやはり金持ち自体が危険であり格差社会は金持ちと貧乏人は別々に暮らし干渉しないようになるかもしれない、田舎でもそうかもしれない、田舎の無防備ななかにそうした追い詰められた人が入って来たことが危険だったのである。都会では防備しているから安全だということもある。田舎は無防備である。これから田舎も無防備だと危険になる時代になったのかもしれない、田舎でも金に追い詰められている人がいるからだ。それは近くでもいる。するとそうした危険がましてくるのである。ただそういう短絡な人がいるということ増えていることはありうる。じっくり耐えて金をためるなどという人はほとんどいない、性急に金だけが欲しいという人がほとんどでありそういう時代風潮がある。株で一攫千金とか夢見ている時代である。貯蓄するとかこつこつ働いてためるとかがない、そういう時代風潮の中ではこうした短絡的に金だけが欲しい、そのために相手を殺してもそうする。そういう人が増えているかもしれない、そもそもなぜこの犯人が田舎にきたということ自体が解せないのである。う田舎で暮らしたいとしても金もないのにできるはずがない、そういうことが四五なのだからわからないとはいえないだろう。いろいろ考えてみてもわからないというのがある。

結局犯罪にあった人は犯罪に興味をもつのである。犯罪にあわない人はやはり日本社会は道徳が基礎にあり経済が回っているとかのんきなことを言うのである。身内がこうした殺人犯にあったらそんな考えはふっとんでしまうのである。本当に近くの人もこれだけは恐怖を覚えたろう。現実に今田舎でも凶悪犯罪が起きる素地はかなりある。人間は信用できない怖い時代になった。田舎もみんながのんびりした場所ではない、そうした無警戒がこんな凶悪な事件起こしたのかもしれない、ただこの事件はあまりにも残酷だからなかなか理解しがたいのである。

会津美里の夫婦殺害:被告、殺意の一部を否認
(高橋被告(旧姓-横倉)はやはり死刑が妥当なのか?)
http://musubu.sblo.jp/article/66750203.html
posted by 老鶯 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57678154
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック