2012年05月27日

木蔭、夏野、藤の花 (草原化した夏野、麦畑もあった)


木蔭、夏野、藤の花

(草原化した夏野、麦畑もあった)


fujiasa1111.jpg

ilesuirennnnn.jpg


一面に黄の花まぶし夏野かな


風吹かれ夏野に鳥やとびたちぬ


a bird
free flight in the breeze
in the summer field


(藤の花)


木蔭なす坂道下る城下町風にそよゆる藤の花かな


藤の花そよゆれ静か揚羽舞い遠くに去りぬ一時の夢


朝静か木蔭にそいて行く道に風にそよゆる藤の花かな




池の岸黄の花映えて紅睡蓮二輪咲き遊ぶあめんぼうかな


この道の木蔭の深く鶯の声のひびきて家そ隠れぬ


家一軒夏野にありて山脈の望みてここに見晴らしよしも


木蔭より木蔭に移り休らいぬ公園に舞ふ黒揚羽かな


青々と麦の畑に風そよぎ燕交差し飛びかいにけり

muguhatake111.jpg

 


 紫 藤 樹    唐.李白


紫 藤 掛 曇 木, 紫藤、曇木に掛かり、
花 蔓 宜 陽 春。 花蔓は陽春に宜し。 
密 葉 隠 歌 鳥, 密葉、歌鳥を隠し、
香 風 留 美 人。 香風は美人を留む。



相馬市の病院から下る道は情緒がある。相馬市の感じは原町とはずいぶん違う。今日は原町に行ったけど藤の花がここでも咲いていた。池には紅い睡蓮も二輪咲いていた。木蔭がなんとも気持ちがいい。木蔭がなぜ気持ちがいいのか、ただ家の建物の影だとそれほどでもない、木蔭は木は生きていると詩に書いたけどまさに木は生きている、その生き物の影だから気持ちいいのである。単に涼しいというだけではない、風は葉にそよぐし木は何かを語り木は人間のように親しいものなのである。
人間は年とともに自然と深く交わるようになる。木蔭は本当にいいもんだなとつくづく思う。


夏野というときまさにこの辺は水田が草原になってしまった!
このことを何度も書いたけど不思議としかいいようがない。まさに夏野なのである。ただ相馬市だと一面に夏の黄の花が咲いている所があった。そこは減反して野になったところだった。ここはまだそうして一面に花咲くようにはなっていない、いづれ放置していればそうなる。夏野というときそれは水田ではない、まさに北海道の景色なのだ。だからかえって夏野も気持ちいいとなる。鳥のように自由に飛んでゆきたいとなる。そして麦の畑があった。これも青々として気持ちいいと思った。水田とはまた違ったものである。回りに水田がないということは感覚的に相当違っている。ただ農家にしてみれば水田がなければ実りもない。


麦の栽培と米を作る水田はまるで違ったものである。田んぼは水の管理に手間をとる。麦はそういうことがないからあまり共同性を育まないともいえる。他にも麦を作ることは文化そのものが違ったものになったとあり水田と麦では全く別なものなのである。水田が日本の文化を作ってきたから水田がないということは北海道であり北海道的感覚になってしまうのである。ただ燕でも雲雀でも草原の方が本来あっていたのかもしれない、ただ水田には虫が多いから餌がすくない、燕の数も少なくなる。

ともかく夏野は気持ちがいい、夏野は人間の心を自由にする、自分はほど自由もめたものはいなかった。それは学校のときからはじまった。学校には全くなじめなかった。大学は自由だったから良かった。でも自由すぎて悪かったということもあった。仕事は流れ作業のアルバイトしたのが悪かった。ロボットにされたのでさらに仕事自体嫌になった。それから幸運にも仕事せずにすんだのである。
でも人間には仕事は必要である。農業でも実際してみればそれ自体生きがいである。そういう仕事は金のことをぬきにすればボランティアでもしたいものだろう。仕事は実際は与えられるものであり自ら見いだすものである。ここ五年間は介護と家事が仕事なのである。これも結構大変なのである。執事というのが仕事になったことがわかる。一切の家のことをやること自体仕事なのだ。
仕事は金をもらうだけにするものでない、仕事をやっていると生きがいを感じる、何か力がわいてくるというのが仕事である。だから力をそぐような仕事はしない方がいいとなる。そういう贅沢は言っていられないにしろ仕事は本来そういうものでこそ仕事なのだ。仕事しないと家事でもしないとぼける恐怖がある。身内で退職してからなまけものになり家事もしなかった結果ぼけた。女性でも仕事がないと危険である。生きがいも脳も働かなくなる。


インタ-ネットで無料でしているのも仕事である。相当書いてきたから書く力がついた。人間文章を書けば書くほど書く力がつく、人間は仕事があっていればその仕事にのめりこむようになる。それが本当の仕事である。ただインタ-ネットの仕事は認められないことが問題である。一冊の本を出した方が認められたように思えるだろう。本は別にパソコンで作れるみたいだ。だから整理して自分で作れる。冊子のようなものは作れる。インタ-ネットは知的作業がパソコン上でみんなできる。いくらでも書いて出せるということが今までないものなのだ。

今日は新田川の辺りの公園から回り道して木蔭の森の道を帰ってきた。この辺は回りはまだ自然があり木蔭の道が多い。別に放射能とそれは関係ないのである。食糧にするものがないということは言えるが環境自体はそれほど変わらないのである。ただ草原化したことは大きな変化だったし湿地帯化してもくる。北海道のようになってしまうということである。


 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56101211
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック