2012年05月09日

広い畑と塔がある仮設住宅 (新しい街作りが望まれている)


広い畑と塔がある仮設住宅

(新しい街作りが望まれている)

mannyounotouuuu1111.jpg

kasetuhatake1111.jpg

nagomisato1.jpg

グル-プホ-ム

鹿島の中学校のすぐ近くの仮設住宅の横の畑は広い、一面に花が咲いていたから気持ちいい。
野菜も栽培しているしハウスもある。あれだけの用地が確保できるところはそれほどないだろう。
あそこはもともと空き地のようになっていたから使いやすかったのである。
他では用地確保に困っている。三陸の方ではそもそも平地がないからこれだけの用地を確保することはむずかしい。農家の人だけでなく野菜作りとか楽しんでいる。小さい畑だとできる。
仮設は庭がないから癒しがない。ただあそこは脇に水無し川でも雨が降って流れているし
環境はいいところでてある。田舎はそれなりに環境はいい。


同じ地域の仮設住宅に塔を建てた。万葉の塔と名づけられた。これもアイディアだったのか、曲線にしたところが建築的に優れているのだろう。色もつけたところがいい。
南相馬市として合併したから小高-原町-鹿島の統一的シンボルにもなる。
鹿島区では万葉がシンボルになったけど南相馬市が合併して全体のシンボルになるようなものは作っていない。仮設がなくなっても南相馬市に合併のシンボルとしての塔を建てるのにいい。
それは建てるにしても中心地の原町区に建てることになる。

南相馬市といって合併して日が浅いからまだなじんでいないのだ。

ただ国見山から南相馬市がきっちり視界に入るからまさに南相馬市は地理的一体感があった。
国見山は原町市だけではない、南相馬市の国見山だったのである。
相馬市までは国見山か視界にはいりにくい、南相馬市はぴったり視界に入る。


新地はここも鹿狼山があり海が近く平地が少ない、地形的に相馬市とは違っているから地形的に別になっている。手長明神の伝説があり貝塚があり貝をとって暮らしていたと巨人伝説がある。
鹿狼山は海に近い、その山の麓から海が近くに見える。その海岸の釣師浜が津浪で壊滅した。
もともとあそこも海が深く入り込んでいた。貝塚のある所辺りまではいりこんでいた。その湾のようなところで貝をとって縄文人が暮らしていたのである。

shinnchihaiku111.jpg


新緑や海の青さに新地かな


こういう俳句もできる。海の青さが山に映える。国見山は海の青さは見えないのである。
南相馬市でも相馬市でも新地でも飯館村でも地形の相違があり結果的に合併したのは南相馬市だった。地形は地理はあらゆる所に影響する。旅ばかりしていたからこの地形に地理に一番興味を持ったのである。近くでもこの地理がわからないと郷土のこともわかりにくいのである。


浜通りは海があるということが最大の魅力だった。中通りと会津には海がない、これが最大の相違だったのである。その海側が津浪で甚大な被害にあったのだ。海があるとないでは魚がとれるとれないというより精神的に影響が大きいのである。万葉集は奈良を中心としているから山によってたつ思想になる。これは会津などではそうなる。ただ阿武隈高原があるから山がここにもあるが高い山はない。万葉集は日本が海に囲まれていても山によってたつものが万葉集だった。山を神として祭ったことでもわかる。ただ天の香具山などは余りにも低い山だった。それが国見山になった。飛鳥にしてもあまりにも小さい国だったとなる。

ともかくこの辺の変わりようははげしい。この際外部の力を利用して新たな街作りを考えるのもいい。
相馬市では長屋風共同住宅をアメリカの会社の援助で建てた。
あれはいいものだと思った。
海岸地域はすでに人が住めないようになっているから何か新しいものが必要になったのである。
それが今の内なら援助があるからできる。
だんだん援助が途絶えるとできなくなる。
小高で帰れないとか言う人もでている。
高齢者でそう言う人がいる。
となると相馬市のような長屋風共同住宅を計画するのもいいかもしれない
除染するよりこういうほうに使った方がいい。
グル-プホ-ムも仮設住宅内に作っていた。
新しい街作りが強いられているし逆にそれができるチャンスでもある

 
 
posted by 老鶯 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55738677
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック