2012年05月09日

忘れな草(栄える家と栄えない家はなぜ?)


忘れな草(栄える家と栄えない家はなぜ?)


hanaharu111112222.jpg



sssfkower11111.jpg

春の陽光をあびて開いた花



虫一つささやき去りぬ二輪草


争いの我が家にやんで二輪草


とりどりの花を我が買いぬ春の日に

wasureeenewww111.jpg
春の日や忘れな草に霞草


沈丁花匂いの濃くも流れけり蜂数匹の庭にとどまる


忘れな草今年もここに忘れずに咲きしやそえて桜草の咲く


忘れな草忘れず咲きて苧環もここに咲きにつ静まりけるかも


七輪の牡丹や二輪増え咲きて我が家の栄受け継ぐべしかな

wasureee1111.jpg

虫一つが二輪草にささやくようして束の間飛んで去っていった。蜂が何匹かやってきた。沈丁花の匂いが流れていた。次に忘れな草が咲き桜草を植えた。赤い霞草をめずらしいから買った。その後牡丹が咲いた。今まで一番多くて五輪しか咲かなかった。七輪も咲いたということは今までにない、なんか縁起がいいのかとも思った。姉が死んで牡丹が一段と鮮やかに咲いている。次に忘れな草を笠のようにおおい苧環の花がひっそりと咲いた。スノ-フレイクもうなだれるように小さな袋を垂れて咲く。この庭は土が悪いからなかなか花を植えて枯れるのが多い。でも今年も忘れな草は咲き苧環の花は咲いた。忘れな草は名前がいいのだ。名前は意外と体は名を現すとか影響するのだ。名前からイメ-ジすることがある。地名はだから意外と影響する。百伝つ磐余の池・・・これは地名が荘厳なものをイメ-ジさせている。古殿の越代(こしだい)の桜今盛り・・・と自分が短歌にしたときこの地名は重厚であり荘重な歌になったと思った。地名が縁起悪いとして好字に変えたりしたのはそのためである。

家にはそれぞれ事情がある歴史がある。それが外から見てわかりにくい、自分の家のことを知る人はいない、あまりにも複雑だった。
姉が父親のような役割を果たして家を支えたから姉が主役の家だったともなる。だから死んだあとでも牡丹が姉のように咲いている。死んでもやはり人間はあとあとまで影響する。放蕩して家をつぶす人もいる。そうなるとその人のことは家族でも良く思わない、その人自体を偲ぶということもないかもしれない、いつまでも家で偲ばれる人はその家にとって大きな役割を果たした人だとなる。

これは郷土の歴史でも国の歴史でもそうである。あとあとまで偲ばれる人は大きな役割を果たし人だとなる。しかしその後家が栄えるかどうかは栄えた家でも跡継ぎ悪いと衰退してしまう。それで大阪辺りの大きな商家では跡継ぎを実の子ではなく養子にしていることがかなりある。それは家をつぶさないためなのである。これも家を栄えさせるための知恵だった。ただどうして栄える家と栄えない家があるのか、不運な家というのはある。その原因は一様ではない、なぜ障害児とかが生まれかかえる家は大変な不運を一生背負うから気の毒である。そうした不運な家ではカルト宗教団体に入りやすい。だからといって良くはならない。かえって悪くなる場合が多い、なぜか一票を得るためにその団体の勢力拡大のために利用されるだけだからだ。そもそもきそういう団体の目的全く同情なんかしていないのである。勢力拡大の道具にされるだけなのである。ただそういう人は何でも悪魔でもいいから相手にされるからいいとなる。その他ふしだらいいかげんで怠け者でもなんでもそういうカルト団体では受け入れる。その人自身の責任は問わないのである。団体でも一票になればいいのだから誰でもいいのである。だからたいがい入っても何ら改善しないのである。


いづれにしろ家には人には栄枯盛衰はつきものである。いつまでも栄える家や人もいないし国もないのである。その家が栄える国が栄えるというとき何か原因があることも確かである。ただ数学のように一般化はできない、でもある本では家系を数多くみていたら嫁がその家に嫁いできてその家に満足しないような家は衰退するというのは本当だろう。財産でも嫁がしっかりしないと残らないだろう。財産とかは離婚したような人は残りにくい、夫婦共同で協力して働いていれば財産も残りやすい。それだけではない、協力しない家は争いばかりある家はなかなか財産は残りにくいだろう。これはすべてにはあてはまらないけど一般的にはそうである。三人に一人が離婚している時代である。それが老後になるとき淋しい悲惨なものになる。離婚したあとのことをよくよく考えないからそうなる。人のことは言えないけど離婚した人はやはり何か問題があり金は残らない、淋しい老後になってしまう。つくづく嫁は女に家であり家と一体化するのが女性だった。男性は外で仕事と一体化するが女性はもともと家と一体化して存在したのである。


家の不思議ははんばボケて寝ているだけでも家にいると病院にいるのとは違っている。これは不思議である。病院ではただ一方的に世話される介護される人でありある意味でやっかいな人となる。
家にいると家にいるだけでその人は家と共に価値あるものとなる。家と一体化して存在意義をもつのである。だから家でしにたいというとき人間は病院ではただ個としてもう必要のないものとしてもう手をかけるものがやっかいなものとしてかたづけられる。死体でもすぐに邪魔だからかたづけてくださいとなる。次がひかえてますからとかなる。一つのモノのように扱われる。家にいると寝ているだけでも家と共に価値をもつ。すでに60年とかいるのだからその時間と共に家が価値をもっているのだ。農家だったりしたら土地と一体化しているからさらに別な価値をもっている。土地は深くかかわっていて家自体が土地と一体化しているのだ。だから家から離れてアパ=トとか仮設住宅に住んでるとそういう存在価値から切り離される。嫁はまさに女に家であり女性は特に家と一体化したものとなっているのだ。だから女性にとって家に存在意義を見いだしているから家から離れると存在価値を見いだせなくなる。とにかく何もせずはんばぼけていても家にいるだけで価値を帯びていることに気づいた。病院だったらただ世話されるだけのやっかいなものなのである。ただ世話するのも大変だから施設にあづける人がふえたのである。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55737594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック