2012年05月07日

雷雨のあとの夏の月

 

雷雨のあとの夏の満月

moonstream111.jpg


満月や雷鳴るあとに澄みにけり


夏の月早き流れに映え光る


夏の月光反射し流れかな


月明かり雷雨にぬれて若楓

tukiwaka333.jpg

今日の天気は一日めまぐるしく変わった。最初は海の方から霧がでていた。それも晴れたと思ったら山の方から雷がなった。稲光りも激しく瞬間的に停電した。つくば市では竜巻であり死んだ人もいた。家も破壊された。落雷で死んだ人もいた。何か津浪とか自然が変化しやすい、津浪の前は猛暑があった。一身上でも身内が認知症になってからろくなことがなかった。災いの連続だった。どうしてこんなに災いがつづくのかと疑問に思っていたら津浪が来たのだ。犯罪にあったしそれでかなり相手をのろっていた、そしたらあの津浪がきたのである。自分の家の中が姉が死んでからめちゃめちゃになったのである。それは信じられないことの連続だった。最後に津浪がてき原発事故になった。

この雷にも外に出て追われた。でもそのあとは晴れ渡りきれいな満月が出ていた。それで外に見に行った。今日の満月は大きく見えるとかネットで自分のサイトにくる人がいた。こういうとき同時につながっているから検索すると同時間を共有できるのがネットである。
本当にこの雷のあとに澄んだ夏の満月が輝いていた。水がまして流の早い川の面にその月が写っていた。光を反射していた。それから家の若楓も雷雨にぬれて瑞々しく月の光に照らされていた。

この一連の自然の変化は激しかった。その時リアルタイムでアップすれば臨場感がでる。
この同時間を共有するのがネットの醍醐味なのである。今も全国で同じ満月を見ている。ただ場所が違っているから違うように見えるのである。春から夏はやはり生命が一番輝くときである。

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55693830
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック