2012年05月06日

自然に悪意はない、津浪はただ自然のバランスを取り戻すためだった (失われた白砂の風景が津浪で回復する)


自然に悪意はない、津浪はただ自然のバランスを取り戻すためだった

(失われた白砂の風景が津浪で回復する)



もし,防潮堤が造られていなかったら,どうなって
いただろうか.時に浜や松林が侵蝕されることはあろ
うが,また徐々に浜に砂が戻り,自然に復元される.
昔ながらの風景が残されたのではないだろうか?
http://www.gsj.jp/data/chishitsunews/05_12_03.pdf

どんな文明はそもそも自然破壊になる。文明は人工的に自然を改造することである。縄文時代は自然とマッチしていた生活だけど稲作は文明でありその時飛躍的に人口がふえた。この稲作文明は日本でも二千年ととかつづいた。だから江戸時代になるといたるところ開墾して山では棚田を作り海側を干拓するようになった。それは一見自然のように見えて美しいのだけど自然破壊から成り立っていた。焼き畑農業にしても自然破壊だった。森を切って畑を作れば自然破壊なのである。人間は自然破壊しなければ生きていけない宿命を背負っていたのである。動物は自然破壊をしない、ある種だけが異常にふえたりしない、増えれば淘汰されバランスを保つ、自然は絶妙なバランスの上に成り立っている。そのバランスを壊したのが人間だった。道具をもつことも自然破壊に通じていた。だから老子は2千年前に道具をもつことさえ否定した。小国寡民が理想だとした。それは自然を破壊しない生活だったのである。縄文時代は小国寡民である。弥生時代は稲作はイナリが鋳成りのように鉄の道具と密接に結びついていた。稲作は土木事業であり鉄器の鍬や鎌などの道具がないとできないから一大文明だったのである。


もう江戸時代になると米を作る場所がない、もう人口は増えない限界に達していたのだ。稲作中心の文明は限界に達していた。そこから工業化が起こり明治になるとまた飛躍的に人口がふえたのである。結果的にはもっと大規模な自然破壊になった。自然破壊は今や頂点に達していた。白砂青松の風景は人工的な風景であっても美しかった。ただ白砂はどこでも喪失していた。青松は松原はどこでもあっても白砂の浜辺を見る所はまれになっていた。だから江戸時代にあった白砂青松の風景はなくなっていたのだ。海岸の浸食も激しくただ海岸では防潮堤を見るだけになっていた。今回の津浪は悲惨だったけど元の自然にもどったということがある。防潮堤は破壊されて白波が海岸に直接よせて白い波が砕けている。防潮堤がなくなれば元の白砂の浜辺に戻るかもしれない。

松原がなくなり名取り辺りまでの海岸線は白砂の浜辺になるかもしれない、遠くから海も見えるようになる。湿地帯であり白砂の浜辺は北海道になる。それは元の自然にもどった。自然は無常であり残酷というけどそもそも人間に自然が敵対して人間に罰を与えるとかそういう意図はない、ただ人間側に悪が蔓延すると天変地異が起こるというのはむしろ自然災害によって地を清めるという作用もあった。津浪は元の自然にもどした。自然はそういうバランス感覚がある。海岸線は白砂が長くつづいていてそこは丁度海の前庭だった。海には前庭が必要だった。そこが人工的に干拓されて田になったということが不自然だったのである。自然から見れば何か悪い意図があったということでない。人間側で無造作に不用意に自然を改造しすぎたから津浪がきて元の状態にもどされたともなる。津浪が自然の側からすれば特別なことではなく自然なことだったとなる。


自然災害は文明化すればするほど被害が甚大になる。都会はだから災害に弱い。大地震がきてこれからどんな被害になるか予想もつかないのはそのためである。原発事故も文明故の災禍だった。そんな危険なものを作るなよという自然からの警告だった。前から書いてきたけど文明はあまりにも天地から遊離してしまったのである。誰も古代のよう天にお伺(うかが)いをたてることなどしない、お伺いは科学者にたてる。科学者が現代文明の神官だからである。天に海に古代のようにお伺いをたてることなどしないのである。文明とは人間が神となってしまったことに通じている。すべては人間の力で解決できる。科学時代は科学の力で解決できる。科学万能時代になった。それは絶対化して科学が宗教になった時代である。何かあれば科学的に説明してくれ。それで納得するとなる。でもその科学的説明がかえって科学的ではなく人をだましてしまった。

科学的に人をだますということである。宗教的に人をだますということもカルト宗教ではある。宗教的詐欺がある。宗教は責任は問われない。直人間に手をかけて治療したりしない、手術したりはしない、工事をしたりもしない、それを実際にやるのは科学者であり技術者である。科学を絶対化すれば科学も宗教になる。天にお伺いたててどうなるんだ、科学的に解析して証明すれば問題は起こらないというのが現代だったのである。浪江はやはり津浪を暗示した名であり標葉(しめは)とは禁断の地だったのか?人間が入ってはならない地だったのか?何かそういうものを暗示したものだったのか?そこが今回原発のあるところであり津浪が来て事故になったのである。


「こゝへ畑起してもいヽかあ。」「こゝに家建ててもいヽかあ。」「こゝで火たいてもいいかあ。」「すこし木(きい)貰(もら)つてもいゝかあ。」それに森は一斉に「いゝぞお。」とか「ようし。」と答え・・・(賢治-狼森と笊森、盗森)


森におうかがいをたてている。ここに畑を作っていいかとか、田を作っていいかとか、村を作っていいかここに町を作っていいかとか・・そんなことを自然におうかがいをたてることなどしない、それはすべて科学者が技術者が決めることでありその人たちが万能になっていたのである。神となっていたのである。確率的には百万年に一回しか事故は起こらないと統計的数学的に確率論で割り出していることこそこれも宗教的詐欺とにている。科学によって人を信じさせていたのである。科学が宗教になればそうなる。単なるあてずっぽうではなく科学的だから確実であり信頼できるとなりだまされたのである。結果的には科学もだます一つの手段だったとなる。ただ呪文を唱えている時代とは違う。科学は確実に効果を効験があるから科学時代になった。そして科学が宗教になったときそこに落とし穴があったのである。ともかく科学は万能ではない、原子力のことは全部知らないしもともとコントロ-ルもできない危険なものだったのである。だから火を盗んだプロメテウスのように過酷な罰を受ける結果になった。人間はどれだけ科学は発達しても万能にはならなし神が最終的には左右する力をもっている。神が奇跡を起こすというときまさに科学を越えたものを神はできるし奇跡を起こしてきた。万能だからできることである。その万能の神に最後は祈るほかないとなる。津浪によって人間はその無力を知らしめられたのである。

posted by 老鶯 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55692502
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック