2012年04月11日

相馬市の日立木の「日下石(にっけし)」「日ケ子(し)」で地名の謎が解けた 怪しい地名の研究-鳥野博文氏


相馬市の日立木の「日下石(にっけし)」「日ケ子(し)」で地名の謎が解けた

怪しい地名の研究-鳥野博文氏
 http://www005.upp.so-net.ne.jp/unolab/timei4/timei4.htm



nikkeshi1111.JPG

nikkeshnew2222.jpg
津浪の浸水地域(相馬市日下石-磯部)

クリック拡大!


「西(にし)」と「東(ひがし)」


「太陽の昇るのが東で、沈むのが西」と教わり、同じ事を子供たちに教える。このフレーズは何回発せられたであろうか。日本人に限らず世界の多くの人々が方位の認識に「太陽」利用している。
ところで、正反対の方位である「にし」と「ひがし」はともに末尾は「し」である。

東日本に分布が厚い「橋」の付く地名の語源解釈のなかで、「は」は「端(は)」で、「し」は単なる部分ではなく重要な部分という意味ではないかと考えた。「橋」は「端の重要な部分」ではないかと考察した。

東は太陽(ひ)の昇る方向であり、太陽にとって重要な部分すなわち「日ケ子(し)」ではないか、とだれでも考えることだと思う。



相馬郷土史研究をしているので地名も研究しています、もともと小生は学問に興味をもったのは旅をして地名に興味をもったからです。「怪しい地名の研究」はプロ級だと思い感心して読みました。
ただこの頃原発事故のあった所に住んでいるので他のことに注意が向きません
怪しい地名の研究も読んでいませんでしたし深く検討もしていませんでした。 今回ちょっと読み直して発見がありました。相馬市では津浪がありました。津浪には本当に驚きました。津浪によって今までわからないことが明かにされたことが多々ありました。その中で縄文海進時代の海の状態が明らかになった。再現されたことには驚きました。縄文海進時代が目の前に再現されたのです。


この辺では「日下石(にっけし)」という地名はアイヌ語で解明していました。日本語では解明しにくいからそうなったのでしょう。それで「日ケ子(し)」と書いてあることに驚きました。まさにここの日下石(にっけし)そのものです。その日下石(にっけしのすぐ近くまで津浪は来ていました。
あの辺に磯部から死体が流れ着きました。磯部の被害は大きく、相馬市磯部村 1,813人 497世帯
このうち250人死んだとすると13パ-セントが死んだことになる。家は一軒も残らずもともと砂州だった所が砂州に戻ったのは驚きです。


最近出版された「この地名が危ない」楠原祐介は興味深いものでした。小名浜(いわき)女場(おなば-小高)とか女川(おながわ)は男波(おなみ)であり津浪のことだという指摘など津浪関係のことが書いてあった。どうも怪しい地名の研究でも日本語の一字から解明しているけどこれは縄文語にも通じる古いものだった。アイヌ語ではない縄文時代から使われていた言葉だった。ヨコがヨから解明していたりネという言葉やワという五十音の一字に注意していたのは自分もそれを解明しようとしたができなかった。南相馬市小高の縄文時代のことを書きましたがやはり縄文人が住んだ所の遺跡はもともと海だった所をさけて住んでいた。それより海だから住めなかったのです。そこが本当に津浪で海になったから驚きです。海側の地名は縄文海進時代からものでそれだけ古いことがわかった。これは津浪でわかったことです。


最近原発事故とかのことで忙しいので「怪しい地名の研究」などでも読んでいません。最初からこれほど研究されていることに驚きました。そこまでインタ-ネットでは出さないから学者並だと思っていました。大和言葉の五十音の一字一字には深い意味がある。そこが怪しい地名研究の発見ではないでしょうか?そこから新しい地名の発見があるでしょう。それが「日下石(にっけし)」が「日ケ子(し)」という発見だったのです。


「にし」とは「土、地面」の上のどこかにある「日」の没する重要な部分ということになる。日の昇る場所が「日ケ子」で、日の没する場所のあるところの重要な地面が「土(に)子(し)」である。九州到達までは方位の定義としては適切である。


「日ケ子」は日下石(にっけし)でありニに日(陽)をあてたのは正解です。太陽のことです。津浪でわかったようにまさに太陽が昇る所だったのです。地名には重要なことが隠されているようです。

誤解があった-日ケ子(ひけし)?であり日下石(にっけし)である。

陸の方向「土(に)子(し)」だとする日下石(にっけし)は西の方角になる。日ケ子(ひけし)のことですか?東はひんがしであり日が昇る岸でしょう。不思議なのは日下石(にっけし)まで海になったとき太陽は沈むのを見ました。それは日下石(にっけし)西の方に沈んで行ったのです。つまり陸地の方に向かって沈んでゆきました。その前は海でした。ということは陸からみて陽が昇る岸がひんがしであり西は海から陸になる地帯である。ともかく海から見た感覚であり陸地から太陽を見ていないとなる。日本人は海洋民族であり海から望むということは船で陸地を見ている人の感覚である。
日下石(にっけし)が西の方向という感覚はわかりにくい、海に接しいるのだから西となると海側から見て陸地だから西だとなる。日はひではなくニに当てた字である。

地名は科学的に証明するのがむずかしい。統計的に証明しようとしたのは科学的に証明しようとしたからその努力には驚きました。

最近、原発事故のことで忙しいのでいろいろ読めません、本を献呈されても深く読めません。

インタ-ネット上で暇があったら相馬郷土史研究の一つとしてまた発見があったら書いてみます。
どうもコメントやら本の献呈やらの申し出ありがとうございます、アマゾンでも買えるようですから買うかもしれません。いろいろ本も読むのが今あり目を通せません


ところで津浪に関しての地名についてインタ-ネット上で書いているでしょうか?
書いていたらお知らせください、今津浪のことを継続して研究していますのでよろしくお願いします



あとがき

 
海から渡ってきて陸の方に太陽が沈む、陸を意識して西のニが土だということはわかる。つまり陸からみて陸に沈む太陽ではなく海から見て陸に沈む方向が西だった。これが大陸だったら陸から昇り陸から沈むから日本人の感覚にはならない。日本人は海を意識した民族というのは海に囲まれているから当然である。だから津浪と海岸線の地名は深い関係があるかもしれないということはありえますねこの辺が今回の津浪で解明されれば興味深いし警告にもなるということです
posted by 老鶯 at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 地震津波水害関係
この記事へのコメント
小林様
一年を経過しましたが東北地方の震災心より
お見舞い申し上げたいと思います
津波のこともあり地名研究どころではないと
推察していましたが、それにもかかわらず
親切な返信ありがたく感激しております

「ひがし」、「にし」に関連して
「日下石(にっけし)」地名を教えていただき
心強く思いました。「にっ」の部分は「日」の
意味ではなく農作に必要な「土」の意味、特に
湿地帯の土ではないかと思っています「新田」
と書いて「にった」という地名が全国にあります
また赤土を「丹(に)」といいます
またアイヌ語辞書では湿地のことを「にたっ」
というとのこと。発音が似ているので関係ある
のでしょうか
「け」は「剣ケ峰」の「ケ」で「西」-「東」
「にっケし」-「ひケし」で見事に対になりますね

2.5万分の1地図を見ていますと日下石のさらに数キロ
「西」の方向、水田地帯の尽きるところに「西原」
「西田」があり、やや東よりの北にも、「西原」「西台」
がありました。
不思議な事に「東田」「東台」など「東」のつく地名はひ
とつもない。
これらの事柄はご指摘のように海(太平洋)からみた
土のある方向に与えられた地名のように思われます

また西田の南に「引沼」という地名がありますが
津波が引いていってできた沼でしょうか
特に津波関連の地名ということで考えた事はありませんが
今回の津波が縄文海進を再現したという感慨には
深く共感いたします

三陸海岸のリアス式海岸の風景は、私の住む西日本の
瀬戸内海の島々を見たときに生じる感じに似ています
海進時代いつの日か今の瀬戸内海に海水が流入して
山の頂が残った。そして瀬戸内の場合では海水は
引いていかなかった。

震災時、破壊された町の惨状を見て「また創れば
よいさ」といった住民の力強いコメントがありましたが
今回は従来と違う大きな要因があります。いうまでもなく
原発の問題です。われわれはこの問題を克服しなければ
なりません。
Posted by 烏野博文 at 2012年04月14日 10:34


コメントあったのを点検していませんでしたので返事遅れました。

地名研究でも郷土史研究でもインタ-ネットをうまく利用すればかなり役に立つし新しい発見がある。地名でもそこに住んでいないとわかりにくい。地形とかわかりにくいし読み方なども違っているのが問題である。日下石(にっけし)をなかなかニッケシとは読めない、そういう地名が全国に多い。
全国で郷土史関係でインタ-ネットで連携すれば研究が進むと思います。

パソコンで統計的に地名を研究したのは一つの新しい成果でしょう。
ただ地名の一つ一つの背景が意外と奥深い場合がありますから統計的に割り出すのもむずかしい
津浪から名づけられたのではないかとということはあれだけの津浪が来てわかったように・・・
日下石(にっけし)の前が海だったということが想像していませんでしたから・・・
そういうことって地名にはかなりある、災害にあう危険な場所を暗示している地名がある
それを読み解くに相当に地形に熟知していないとわかりにくい、地図だけみてもわかりにく
実地に来てみないとわからない、そこが問題なんですよ

それから日下石(にっけし)という読み方がわからない、日ケ子はどうよむのか?日をニと読む場合とヒと読む場合があるからわかりにくい、日本ももともとはヒノモトであり日本(にほん)ですからニを使っていますからこういう当て字になっていて元の音がわからないと地名は誤って理解してしまう。地名の研究はその背景を知らないとわからないからむずかしいです

ここにまた書いて見ました。

太陽も航海民にとっては方向として見ていた
(東と西の方向感覚-海と陸(土)を分けた地点が日下石(にっけし)?)
http://musubu.sblo.jp/article/55322355.html
Posted by プログ主(小林) at 2012年04月16日 10:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55233963
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック