2012年03月20日

南相馬市鹿島区寺内の二番目の仮設住宅 (一軒家風でペットが飼える)

 

南相馬市鹿島区寺内の二番目の仮設住宅

(一軒家風でペットが飼える)

kastuterauchi22222.jpg

一軒家風であるが二組が一軒である。
木の仮設は感じがいい、それにしても仮設が増えた


kastuterauchi3333.jpg

kastuterauchi1111.jpg

kasetunew1111111.jpg

赤い色の仮設が新しくできた仮設
道で通じているから行き来できる

寺内の桜田山の下にできた仮設住宅は一番最初にできた。キクチス-パ-がすぐ近くだから歩いて買い物ができるから便利である。その仮設から新しい道ができて上ってゆくとまた新しい仮設住宅ができていた。墓所の隣の仮設だった。木の仮設であり一軒家風になっているが二組入れる。
こんなに仮設ができたことには驚きである。あれで終わりだとか犬を散歩していた人が言っていた。原町区にはまだできるらしい。仮設暮らしは暇じゃないですかと聞いたら「除染」に行くとか言っていた。すると除染で収入になる。原発避難者の場合、一人十万もらってその他に除染の仕事で金がもらえるとなると恵まれているとなる。6人家族のような大家族も田舎ではまだある。すると一か月50万とか60万とかなったらその収入はかえって働いているときより田舎では多い。

金がたまって貯金すらできる。これは津浪の被害者とは違っている。津浪の被害者は東電からも国からも補償かないから金銭的には相当辛い。

何かその犬を連れている人は明るい顔していた。金銭的にはかえって事故前よりいいとかなっている人がいることは確かである。それもいつまでもつづくとはならないのが問題である。

今のところ原発の避難者はそれほど困ったという感じではないのかもしれない、ただ20キロ圏内の警戒区域と20キロの圏外になると補償はない、そこにかなりの不公平がでる。でも郡山市とか福島市は何の補償もないとなると補償としては警戒区域でも恵まれている。
飯館村などでは除染費用を村民がもらって一億円で出直したいという人もいる。津浪被害者はそうはいかないからその点では随分違っている。ただそれだけの代償があってもしかたないという面はあった。

posted by 老鶯 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54546393
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック