2012年03月10日

今年は寒さがつづく(震災から一年)


今年は寒さがつづく(震災から一年)

里の川よりそいにつつ鴨幾羽なお雪ふりて春はまだしも


家もなく墓も消えにき身一つの残りてあわれ春になるかも


これも写生である。鴨幾羽というとき4、5羽くらいで少なかったのである。普通10羽とかであり何か少ないからかえって雪がふり淋しい感じになったのである。
鴨は冬の季語であり春になれば春の鴨となる。今年の冬は長い、こんなにまた雪がふるのはめずらしいだろう。

里の川というとか、兎追いしかの山・・・いうとき兎は町外れで何回か見た。兎は意外と田舎なら町近くにいる。だから兎追いしという風景は日本の田舎ではどこでも見られたのである。
その里の川も放射能汚染になったときがっかりした。浪江のように住めなくなるということはなかったが放射能汚染ばかりが話題になることに嫌になる。


真野川を通じてここは明かに飯館村と密接に結びついていた。飯館村の山林から水が流れ真野ダムにたまるからである。飯館村は三つに住むところが分けられる。町のある草野辺りはなんとか住めるようになるのかもしれない、住めない地域もでてくるだろう。放射線量は公式に発表しているより実際は高かった。草野辺りで草むらで8マイクロシ-ベルととかあった。発表しているよりずっと高いと地元の人が言っていたけど本当であった。

飯館村は南相馬市にとってもともと山中郷として相馬藩だったから歴史的にもそうだし地理的にも一見隔絶されているようで水の流れで一体化しているように一体化していたのである。
そして実生活だけではない、精神的にも地形を通じて一体化していた。それで詩にしたりしていた。人間の思想形成がその風土から成されることはまちがいない、芸術もその風土から生み出される。
自分にとってだから飯館村は精神的に一体化していたのである。


ただ飯館村は警戒区域のように閉鎖されていない、まだその土地に行けるからましである。
そして放射能で木が枯れたり葉が枯れたり水が汚れたりしないのだ。花もやはり春になれば咲くだろう。その土地自体がなくなるわけではない、警戒区域はその土地に入れないからその土地自体を失った気分になる。


ともかく震災から一年が過ぎた。津波で家も失い墓まで失い身一つで逃げた人の心境を察することはできない、川柳ですっぴんで身一つになったとか心境を現していたけど壊滅した自分の家の前に立って川柳を作れな気持ちがわかる。あまりにも凄惨すぎたのである。それでも春はくる。

身一つでも春はくる。死んだ人にはすでにもう春はない、もはやただ今生きているということが価値あることになっているということもある。一年はやはり一つの区切りとなる。


 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54383267
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック