2012年01月24日

雪かき(ブリ大根を食べた)


雪かき(ブリ大根を食べた)

buriii111.jpg



朝の風竹にさやぎて雪野かな

長生きやぶり大根の味を知る


会津にて雪かきするや老いにしも人の運命(さだめ)を誰かしるらむ


ここは雪野とまではなっていない、雪はきけたが山蔭には雪が残っていた。雪かきなどこの辺では何回かするくらいでほとんどしない、会津では仮設住宅で浜通りの人が雪かきしていた。あの姿を見ていると不思議である。外から見ていても不思議なのだから本人はそれ以上になぜこうなったのかと思っているだろう。人間の運命は一体誰が作るのだろうか?そのことが本当に不思議である。人間の運命は死ぬまでわからない、90以上でもこのような運命の変化にさらされることがありうる。


原町の高見食堂のランチでブリ大根を食べた。旬のものでうまかった。冬らしい味であった。ブリというと日本海であり冬になればブリを食べブリ大根も食べる。郷土料理はほとんど食べていない、食堂で郷土料理を出しているところはめずらしいから食べてみた。やはり季節感があってうまかった。この辺では魚がとれなくなったので淋しい。魚はとれていたのだからそれなりに魚の郷土料理もあったのだろう。ブリ大根はまた食べてみたい、日本ではやはり旬なものが何でもうまいのだ。

料理はめんどうだからしていない、食堂でうまいものを食べる他ない、料理は手間がかかりすぎるのだ。

まあ、長生きすれば人間は今まで知らないことを知り知らない味わいを知ることになる。そういう喜びがある。どれだけいろいろなものを食べるようになったか?それだけは昔とは違っているし大正生まれの人でも遊ぶことには金を使わなかったが食べることだけはぜいたくだった。でも病気になり年取ると食欲がなくなるから味もなくなる。この点東京だと郷土料理店など金を出せばいくらでもあるだろう。食のぜいたくは限りなくできる、外国の料理も東京ならいくらでも食べられるからいい。
ただ金のない奴はそれできないから東京にいてもつまらないのである。

 


 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53288796
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック