2012年01月08日

日本人の歴史感覚の欠如が今回の津波の被害の原因 (ヨ-ロッパと比べて歴史感覚がなさすぎる日本の文化)


日本人の歴史感覚の欠如が今回の津波の被害の原因

(ヨ-ロッパと比べて歴史感覚がなさすぎる日本の文化)


●ヨ-ロッパ人の歴史感覚


彼らと話して驚くのは何気ない会話の中にも正確な歴史年号がよく出てくることである。丁度、煉瓦をきらんと積み重ねてゆくように彼らの考えの中に、無学な一般の人でも過去何千何百年歴史の一コマ一コマが、きちんとして西暦年号で積み重ねられている。(ドイツの森-小塩節)

大部分のヨ-ロッパ人にとって洋服タンスは重要な装飾家具であり例えばそれがブル-地に城の花模様のバロック箪笥タンスならベッドもブル-に白の線の入るバロック、という風に、時代とスタイルを揃えるのが。常識である。木材もロ-ズウッドのテ-ブルがあればサイドテ-ブルもイスモロ-ズウッド。時代がエドワ-ドならカ-テンの模様もエドワ-ドの風とそろってくる。そしてそのような家具は曽祖父から祖父母へ父母へ受け継がれてゆく(ラインの岸辺-犬養道子)


古代の列中と中世の教会が合体した珍しい建物。2世紀にアントニウス帝が妻ファウスティーナに捧げるために建造し、二人の没後は墓所となったとされています。


邸宅の前の坂に連なるアーチは、坂の麓のひとつだけが、
ノルマン民族に侵攻された11世紀のもので、あとはゴート族に侵攻された
5世紀のものだそうです。
ひとつだけ、色が違うので、いわれてみるとなるほど、です



ヨ-ロッパの歴史の地層は明確に残っている。その時代もその地層から見分けることができる。その歴史感覚は日本とは相当違っている。そもそも庶民レベルで西暦年号まで記憶して語っている人は特別な専門家しかない、庶民レベルでは日本では江戸時代すら語られていない、明治時代ももう生きている人がいないので「明治は遠くになりけり」になる。実際に何度も甚大な津波の被害を受けたのに堤防を高くしたにしろ警戒を怠って即座に逃げない人が多かったというのもそういう昔がリアルにありありと日々語られていないということにあった。つまり日本人は過去を忘れやすい民族である。その原因が過去の遺物がほとんど残らないということがある。そのことが過去を意識されないのだ。
ヨ-ロッパでは過去をいやおうでも意識させられる。遺跡がそっくり残っている、石だから残っている。そこで歴史感覚が自ずと養われる。同じ家に一世紀に二世紀とか住んでいることが考えられない。コロッセウムの隣にあった教会は地下はロ-マの遺跡でありその上に教会が建築されている。あれなどもまさに歴史が明確に連結されて時代分けされているのだ。だから時代感覚も養われる。


オランダの風車も住居になっているが二百年前のものだと聞いて驚く。それが今もまだ使われていた。アムステルダムの商人の邸宅の街並みも昔のままである。ドイツでも中世の街並みが塀に囲まれた街がそっくり残っている。日本では街自体が城下町でも近代化されたなかでビルの中に埋もれてしまっている。城下町といっても城だけがわずかに残って新しく建築されているが街並みから昔を想像することはむずかしい。江戸時代があっても東京に行って江戸時代を偲べる場所がない、江戸城の跡は皇居になったけど江戸城がどういうものだったかわかりにくい、むしろ東京で一番建物で意識されるのが東京駅なのである。明治の象徴としてのオランダのアムステルダム駅をまねた駅だけなのだ。あとは全部変わってしまって江戸時代を偲ぶ建物がまれである。せいぜいどこどこの屋敷跡というだけでそこはビルになり何も残っていないのだ。ロ-マだったら貴族の邸宅跡が未だに残っている。その礎も遺跡として残っている。常に過去が歴史が意識されるのがヨ-ロッパである。ロ-マの遺跡はヨ-ロッパ中にありそれがいつも背景となっている。だからロ-マを具体的に常に意識するのである。
それは専門家でなくても庶民レベルで日常生活の中で意識しているのだ。だから家具でもその時代時代の特徴でアレンジすることができる。それは庶民レベルでもそういう歴史感覚が育まれているのだ。言葉でも英語には時制が明確であり過去を意識して未来を意識するということを言われている。


●日本人は生(き)の文化、今だけに生きる文化?


日本の建築にしても神社が伊勢神宮では20年後とに建て変えるという社があり新しい方がいい、神の意にかなうということが日本の文化なのである。生(き)の文化だというときそれを端的に象徴している。それが生ものとして生きている時じ旬であり建築もそういう意識がある。日本の家はせいぜい30年しかもたないというのもそのためである。家が確かに歴史感覚を作る基になるときそれがないからそこでも庶民レベルで歴史感覚が希薄になる民族なのである。日本では祭りは由来がわからなくても一番歴史を意識させる、祇園祭は貞観地震の津波などの供養のためだったというときそんなに古いかのかと感心した。それでも一時的まさにお祭騒ぎで歴史が日常的に意識されることはない。

日本は過去を意識することがあまりにも希薄な民族なのである。過去というと時、歴史というとき

戦国時代の信長、秀吉、家康くらいしか一般的には意識しないだろう。そもそも何々時代の家具をそろえることなどできない、家具を置くだけのゆとりある家もまれだった。そういう豊さがなかったこともいえる。ただ日本人は例えば水に流すというようにみんなその時その時で水に流すという傾向が強い。今回のこれだけの被害にあったことでも正に水に流すで忘れてしまうのだろうか?そうなるとまた同じ被害を受ける、相馬藩政記は相馬藩内だけではない他の人でも参考にしている。相馬藩は代替えがない大名であり一貫して継続したので資料になりやすい。そこに確かに400年前の慶長津波のことが記されていた。それも津波があった、7百人死んだというだけである。ほかは何も記されていないのだ。もっと詳しく書かれていれば津波のことを恐怖して読んでいたかも語れていたかもしれない、そういうことが余りにもなさすぎたのである。わずかに碑が忘れられたように残っていただけである。その碑も本当にいつの時代かもわからない、字すら消えていたのである。


日本人はただ今に生きているだけの民族なのかもしれない、今の旬、生(き)なるものを生ものの寿司などを味わう文化なのかもしれない、過去は忘れて今を生きるだけの文化なのかもしれない、それでも明治時代とか大正時代は特徴があった。大正ロマンとかあり短い時代でも郷愁ある時代としてみている。大正生まれの人は90以上でもまだ生きている。その後は昭和からは何か時代的特徴を見るのはむずかしい。ただモノや技術だけで計られる時代なのかもしれない、鉄道時代や車時代やテレビ時代・・・とか技術の進歩が歴史でありそれくらいしか時代を見分けることがないし特徴もないとなる。祭りのように過去は一時的お祭り騒ぎで過ぎ去ってゆくものなかもしれない、ヨ-ロッパのように石のようにしつこく大地に刻印されて残り意識されるのとは違った歴史感覚なのだ。その歴史感覚は津波のような被害だけではない、対外的にも外交でも大きな失敗につながり大きな犠牲を生む、大東亜戦争というのもそのためだったという指摘も否定はできない。ヨ-ロッパの歴史もアメリカの歴史も中国の歴史も深くコミットすることにかけていた。言葉からもそういうことは言えた。


●successは成功でなかった、継続の意味


succeed:(自動)1) 成功する 2) あとを継ぐ、(他動)1) あとを継ぐ 2) 次いで起こる(「後について行く」ことから。sub- は「下、副、従」などを表すが、ここは「後に従って」。「成功する」は「後にうまくついて行く」ことから)

success:(名)成功
successful:(形)成功した
succession:(名)連続、継承
successive:(形)連続する(consecutive と異なり中断が入ることもある)
successor:(名)後継者

に続くこと → あとに続くこと → うまく事がはこび続けること


筆者はホテルに戻って早速、英英辞典を引くと、語源的には successful は continuous という意味がもとであるということを発見する。


  不思議な国ニッポン
  自分一代での「せつな的成功」と「継続は力なり」で何世代も続ける努力
  木造建築と石造建築のちがいからくる、日本文化と欧米文化とのちがい


その時々の成功ではない、継続することが歴史を受け継ぐことが成功の起源である。津波でこれほどの被害を受けたのは過去を受け継がないから大失敗をしたのである。常に人間の生を継続しているものとして考えないから起こった。これだけの大津波もただ祭りとして過去のこととしてし大騒ぎして忘れてしまうのだろうか?あれだけ被害をだした戦争にしても忘れてしまうのだろうか?ここの原発事故も忘れてしまうのだろうか?原発事故でも過去のことをまるで考慮しなかったために失敗した。
貞観津波のことを学者が指摘しても全く受け入れられない、それは余りにも遠い過去として考慮されない、それも歴史感覚がないためではないか?ヨ-ロッパだったらロ-マ時代でも記録が膨大であり生々しく再現される。そして現代とその生活感覚たいして変わりないことに驚くのである。もう近代の生活と変わりないことがかなりあるのだ。現代の身近な生活として受け継がれているものがある。
日本人の歴史感覚は見直すべき時だろう。歴史的にものを考えることは長期的視野で考えることである。今でも常に今日明日が問題であり10年後をどうするなど考えられない、それは世界的傾向としてそうなったが長い時間をかけて歴史的に構築するという時間感覚が失われることは危険である。それは津波のことでも意識されたのである。

 
posted by 老鶯 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53014606
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック