2011年12月07日

震災津浪の被災地を励ます詩


震災津浪の被災地を励ます詩

 秘密


    カロッサ


星は天空にあって
眠ることなく燃えねばならぬ
地球を包んで
緑の生命が息づくためには


血は流さねばならぬ
多くの血が、多くの涙が
私たちにとって地球が
真の故郷となるためには


さまざまの力が荒れ狂い
傷つきにくみ合うところ
清らかな治癒の泉が
よき死の底から湧きあがる


私たちが迷い迷うあいだ、
私たちを見守ってくれる力がある。
にがい苦しい努力のうちに
私たちは一致して光を求める


すべての奇跡は
はるかな岸辺におこる
私たちはみな、きそって
自由な岸辺をめざす


私たち身に
太陽の物質を背負っている
私たちは消えてゆかねばならぬ
それほどまでに私たちは強いのだ


どこまで行っても終わりはない
ただ燃えるような奉仕があるだけ
くだけ散りつつ、私たちは
あたりに光を放射する

 


この詩は震災や津浪や原発事故の被災者を慰めるのにぴったりではないか?


多くの血が、多くの涙が
私たちにとって地球が
真の故郷となるためには


これは津浪の被害にあった人達である。どれだけ多くの涙が流れたことだろうか?多くの血が流れたというときこれは戦争だったらそうなるが今回は涙の方だろう。こういうことがそもそも人類の歴史だった。戦争でもどれだけ多くの血が流されたかわからない、戦争は経験してしいなくても400万人も死んだとなれば忘れられるものではない、延々として語られるだろう。今回の津浪の被害もそうだった。原発事故も未だかつてない事故の経験だった。その傷痕は余りにも深いのである。


どこまで行っても終わりはない
ただ燃えるような奉仕があるだけ
くだけ散りつつ、私たちは
あたりに光を放射する


どこまで行っても終わりはない・・・この震災や津浪や原発事故の被害は終わりがない・・・それぼと被害が大きすぎた。そして燃えるような奉仕が確かに必要とされている。原町の産婦人科の院長などはそうした人の一人になるだろう。病気になったということは砕け散りつつともなる。そういうことが強いられたともなる。あたりに光を放射する・・・・・奉仕しながら死んでゆくのだからそれが光となっている。これはむずかしい詩ではない、でも震災にあった人達にはぴったりの詩ではないか?これは戦争で傷ついた人達をイメ-ジして作られたのものだろう。でも震災や津浪や原発事故にもあてはまる。原発事故では放射能で汚染されたからその自然が汚されたということがこれはなかなか修復できないのでその傷痕は大きすぎる。ただボランティアとかはそういう奉仕があったことは確かである。その奉仕はやはり光を放射していた。それを批判する人もいたが実際に何もしないよりは光を放ったのである。被災者のなかで働くことは金儲けより奉仕になっていたのである。


この辺では働く若い人が避難していなくて困っているということでもわかる。残されたのは老人だけになり老人だけで支えることはできない、そういうときこういう放射能汚染地帯で働くことは誰もしたくないから奉仕だとなる。これはまた別かもしれないがこういうところで誰も働きたくない、そしたら老人だけが残されて衰退してしまう。こういうときここで奉仕させるというのは無理でも残った金のある老人は働く若い人をとどめるためにも金を多く払わねばならなくなるということもある。
働く人がいないということは働く人が貴重なのである。

今までのように時給いくらとかでは働く人を確保できないかもしれない、働きたいという人が大勢いればそれでかまわないが、働く人がいなければそうなる。ただこれだけ移動が自由な社会だから年金を多くもらっている人はサ-ビスのいい市とかに移動はできる。現実そうして移住している人はいる。年金をもらい金がある人はできるのだ。

こういう放射能汚染地帯とかにいればいいサ-ビスは老人でも受けられない、だからサ-ビスを受けようとすれば人件費はかなり高くなってしまうのではないか?なぜなら働く人がいないということは人手不足なのだから賃金も上がるからである。その上がる賃金分をここに住む人が払わねばならないのだ。要するにこの詩の燃えるような奉仕をする人はがまれだとすると賃金をかなりあげないと誰も働かない、働き手も入ってこないということである。本当に外国人でも中国人でも入れないと働く人がいなくなってしまう。中国人などなら今の給料でも高いとなるから働くとなる。そういうことはすでに震災被災者ではなく日本全国で人手不足になり外国人を入れるほかないとか特に医療や介護分野では問題になっていたのである。特に被災地では顕著になったということである。

ハンスカロッサは医者であり戦争にも参加して献身的に働いたからこの詩ができた。
ということは原町の産婦人科の院長も共通していたのだ。
詩もそうした実践の経験がないと書けない
想像だけでは書けない、つまらないことでも実践していることが言葉になり詩になったりするのだ

posted by 老鶯 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51490056
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック