2011年10月05日

東電と国家の関係 (原発事故の責任は誰に-戦争と同じだった)

 

東電と国家の関係

(原発事故の責任は誰に-戦争と同じだった)


●政府の責任のあいまいさ

そもそも原発事故の責任は誰にあったのか?国では東電にあったとするが国策で進めたのだから国にも責任はあった。安全神話を形成したのは国の力もあった。文部科学省では教科書に原発が危険だ書かせなかった。子供にすらそういう教育をして洗脳していた。それは戦争に絶対に負けない、日本は神の国だから天皇がいるから負けないという洗脳と同じだった。東電の管理のずさんさを今は嫌というほど指摘している。ところがそのずさんな管理を指摘するのは原子力保安委員だったが何ら機能していなかった。東電の社員と同じだったのが原子力保安委員だったのである。東電はそれをいいことにコストカットに走って安全は見逃された。今になるとなぜ津波に備えていなかったのか?そういうことが厳しく問われている。


「津波に備えろよ、もっと高い所に原発を建てろ、土地を削って低くしてはだめだ、予備の電源を地下に置いてはだめだ」


そういう命令する権限は原子力保安委員にあった。地震に備えることもあるがもっと津波にも備えろという命令をだしていれば土地を低く削って建てることを許可しないだろう。そういう権限が政府にはあった。それをしなかったということは政府の責任も大きい。東電にまかせきりになっていた。すると東電は企業だから安全よりコストを重視してコストカットに走った。私企業であるかぎりコストを追求するのが資本主義社会の宿命でもあった。でも原発は一私企業が運営するのには余りにも危険なものだった。だからこそ国策として政府が加担するものとなった。それでも政府も原発に対しては認識が甘すぎた。東電の言いなりであり政治家もただ原発の利権だけに目を向けていた。これは自民党と公明党の時代にその基礎は作られていた。政治家も原発利権の虜(とりこ)になっていた。原発推進の議員が自民でも民主でも福島県の議員でも非常に多いのである。そういうなかで誰も原発の危険を指摘できなくなっていた。これは日本は必ず勝つという誤った信念に陥っていた戦争のと時と同じだった。そういう危険なものを一企業にまかせきりになったのも大問題だった。原発は戦艦大和を建造するとにている、国の威信がかかっている。アメリカなどではそういう覚悟で運営していた。日本ではそういう覚悟が弱かった。


●原発の危険に対する甘さ


つまり戦争するような覚悟でないと原発は作り得ないような代物だったのである。もしそういう決死の覚悟で作るなら国指導で津波にも備えろと強く検討されてわざわざ土地を削ったりさせなかったかもしれない,高い防波堤も作っていたかもしれない、まず東電の建設許可の段階でそうしたことを許可させない、そういう権限が政府にあったし責任もあった。でも原発に関しては政府の影が薄い、政府は官僚でも50人が東電に天下りしていたとか検察も警察関係もしていたとか議員には金をばらまかれて買収していたとかマスコミにも湯水のごとく金を使っていたとかそういうことしか聞こえてこない、政府が東電にとりこまれたとしかいいようがない。一企業が国家のようになっていた。それはすべて巨額な金を持っていたことによる。一企業の力がすでに国家をとりこむようになっていた。
一企業でも一宗教団体でもそれが巨大化すると国家の中の国家になってしまう。政治家もそういう巨大な組織の代表者でありその組織の意向を無視しては政治家にもなれない、するとむしろ国家はそうした巨大組織が運営するものとなる。


政治家の権力、指導力がどれほど現実的に通用するのか?首相の権限がどれほどあるのか?原発でも首相がやめるといえばやめられるのかといえばできない、財界からの圧力があって管首相もひるがえした。首相でも決める権限がない、背後の組織の圧力があるからだ。戦争にしてもどういう経過をへて戦争に突入したのか?一首相の独断でできるわけがない、しかしその誤った判断はやはり無駄死にともいえる大量の死を生んだ。原発も何か戦争とにているのだ。誰が責任化あったのか明確ではない、東電すら被害者だと思っているから謝罪にしても真剣ではない、戦争のときもそうだった。結局誰も責任はとらなかった。責任者が明確化されないからあやふやにされるからまた同じ過ちがくりかえされる。

それが日本的体制としてある。結局その時の空気にさからえなくなった。その場の空気が重大な決定につながる、空気だから誰かに責任があるわけではない、全体が国民までもその空気を作っていた。だから誰も責任がないというのが日本だというのも本当かもしれない、科学者も科学的判断に忠実ではなかった。ただ安全神話を形成するばかりだった。ただ科学者はやはり科学的に探求していたのである。津波のことも10メ-トルとか想定して対策をたけようとしていたがその前に津波が来てしまった。その想定にしても不確実だとなれば金がかかるとなればとりあげられないし対策は東電ではとらなかった。政府そのものでも安全対策を真剣に考慮していない、東電側の言いなりになっていた。管首相がベントがどうのこうのというときだけ政府が指導権を発揮するように見えたがそれもかえって逆効果だったとか批判されている。政府は何ら原発に対して強く働きかけるものがなかった。ただ東電から金をもらったり官僚は天下りの得意先だったりマスコミも東電の言いなりであり厳しく安全を問うことがなかった。共産党だけが福島第一原発で厳しく危険を指摘していた。それも軽く一周されて具体的な行動にはつながらなかった。


●原発事故は第二の敗戦


結局原発事故も広島長崎の原子爆弾で終戦になったように日本の第二の敗戦だった。その責任も明確化されずうやむやとなる。その責任は自民公明政権の時に基礎が築かれていたのだからそこにも波及するからされたくないとして責任はあいまいになる。そもそも原発は国の命運を左右するようなものとして考慮されていなかった。そういう危険を覚悟の上で運営されているわけではなかった。だからあんなずさんな運営になっていたのである。ただ危険を隠す方にだけ安全神話を作る方だけに過剰に労力が財力が費やされたのである。日本が勝っている、勝っているという報道しか耳にしない戦争と同じだった。地元でも原発で働いている人が近くにいると原発は危険じゃないかとさえ言えなくなっていた。その人たちは強く原発は安全だとにらみつけるように言われる。それは戦争に負けているんじゃないかとか言うと回りの人に非国民と言われた時代とさほど変わらなかったのである。地元でもそういう意識が強かったのである。それは原発利権のあまりの大きさによっていた。やっぱり双葉町の庁舎は6千人しか人口がないのに立派である。双葉郡では小さな市町村でも合併しなかったのも財政が豊だったからである。そういう構図は戦争とにていた。日本はそういう失敗をくりかえす国となっていた。それは明治維新で武士がいなくなり指導者が変わりそういう体質に変わったことにも起因している。日本という国を責任をもって指導すべきものが喪失した。ただ求めるのは利権だけであり金だけである。それが一企業ならしかたない面があるにしろ政治もそうだし宗教団体もそうだし大衆もそうだし日本人のもともとあったモラルも崩壊している。そういう中で原発事故も起きてきた。


國のため 重きつとめを 果たし得て 矢弾つき果て 散るぞ悲しき 栗林忠道


ここには国のためにとあるから国家を背負っていた指導者の最後の姿があった。東電は一私企業であり営利追求の会社だから国家の命運を左右するなどと思っていなかった。そんな責任が自分たちが負っているとも思っていなかった。でも事故をおこしたとき国家の命運を左右するほどになっていたのだ。だから自衛隊から消防隊から警察まで総動員になった戦争と同じ状態になったのである。そこで大和魂と救ってくれと地元の人は一挙一投足を見ていた。日本の命運を左右するほどのものになっていたのだ。散るぞ悲しき・・・ここに万感の思いがあった。戦争の是非は別にして現代で国のために重き勤めを果たして・・・とかそういう気概をもった政治家も官僚も指導者もいなくなった。ただすべてが利益追求になってしまった。東電に官僚が50人も天下りしていることでもわかる。東電の社長も5億円の退職金をもらっていたとかでもわかる。遂には最後硫黄島の地獄の戦場で散るぞ悲しきと言って死んでいった人の悲しみはこういう人には今の日本人にはわからない、この歌に国に対する万感の思いがあったのである。飽食の経済的豊さのみ戦後追求してきた結果としての原発事故だったかもしれない、国の誇りも威信もない、ただ個々にも全体にも経済的豊さ金の追求だけになっていたのである。戦争の是非は別にしてこうして死なねばならない人がいた,大勢の日本人がいたのである。その悲しみは深いのである。


 



終戦時にはGHQという強力な権力を持って日本の既得権益とか利権構造を平気で破壊できる力のある組織があった
今はみんな自分の既得権益と利権構造を守ることに汲々として、誰もまじめに国のことも国民のことも考えていない
http://unkar.org/r/lifeline/1303532577

そういうことはわかりやすい、政党なら自分たちの政党の既得権益を守ろうとしているし官僚なら省庁の既得権益が第一だし天下り先の確保だし会社は会社で既得権益を失いたくない、東電なども会社の既得権益を失いたくないから送電と発電の分離をしたくないとかそれぞれの組織が既得権益を守ろうとして働き手いるだけ,そこに国の意志の統一はない、ただそうした既得権益のために働く集団があるだけだとなる。そこで自分たちの利益になることだけを追求している。国難に一致して立ち向かうということはなくなった。それが原発事故を起こした原因でもあった。要するにみんな権益だけを求めてバラバラなである。誰かが統一して事にあたることはなかった。安全をないがしろにするようになっていた。それも見過ごされたのはただどの組織も既得権益を失いたくないし利権を最優先したからである。マスコミだって東電は最大の得意先だった。みんな利益のみを求めていたからそうなった。

posted by 老鶯 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48325213
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック