2011年08月26日

相馬市の津浪の対応はどうだった (磯部では津波の避難訓練をしていなかった?)

 

相馬市の津浪の対応はどうだった
(磯部では津波の避難訓練をしていなかった?)

本市でも自主防災組織率100%の磯部地区で盛大に行われた。子供から老人に至るまで実に系統的に行動し、立派。婦人消防隊のおにぎりの美味いこと。磯部の米ってこんなに美味かったっけ
http://www.city.soma.fukushima.jp/mayor/essay/essay.asp?offset=220&id=02


相馬市長エッセーにこう書いてあったから津浪の訓練はしていなかった?地震の訓練だったのか?この辺で生みに接していても津浪の訓練をしていない、鹿島小学校では津浪から逃げる訓練をした。手前まで津浪が来たからだ。磯部の米がうまいと言ったのは山の方は水がきれいだからうまいということがある。海側はまずいのが普通だからそういったのかもしれない、相馬市では津神社(つのみつ)神社は慶長津浪のあとに建てられた。漁師の間では津浪が来たら船を沖に出せということで90隻が助かった。津浪に関する言い伝えなどが全くなかったわけではない。実際に津神社に逃げた50人助かったと言っていた。市長もあの付近で育った。それにしても磯部は余りにも悲惨であり無惨である。一軒も家がなくなった。車で今の小学校のあるところに逃げようとして渋滞で車を流され死んだ人がいた。磯部は山の方にはすぐに逃げられない。鹿島区の烏崎とか海老は逃げられた。車は意外と津浪には危険なものだった。でも今の時代みんな車を利用しているのだから車で死ぬということになった。



慶長16年10月28日(1611年12月2日)に発生したこの地震について「伊達政宗 政宗領所海涯人屋、波濤大漲来、悉流失す。溺死者五千人。世曰津浪云々」と記され、『津波』という言語が日本で初めて使われたものでもある。


さらに慶長16年(1611年)12月に小高から宇多郡中村城に本拠を移し、ここが相馬藩の城下町となった。

「相馬藩世紀」には相馬中村藩の領内(現在の相馬、南相馬、浪江、双葉、大熊、飯舘の各市町村)で約700人が津波で死亡したとある。
400年前の津波の後、相馬中村藩は城を軸に城下を整備する都市計画を進め、商工業の振興を促したという。
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2011/04/post_921.html

 


1611年12月2日に津浪が発生してその月に小高から中村(相馬)に移るものだろうか?同じ月といっても12月以内だったら移ったのはいつだったのか?一週間あとくらいなのかとなると忙しい。そもそも最初から移ることを計画していなければ大がかりな移転などできるものだろうか?
それとも津浪があったので移転を決断したその際実行したのだろうか?い岩本氏が指摘したことだから信憑性があるにしてもこのことはまだよく歴史的詳細は証明されていない謎である。
ただ城が移ったのだから経済的効果お大きかったことは確かである。


それにしても市長の仕事は大変である。普通は関心がないが今回だけは市町村長の役割がいかに大きなものか自覚させられた。現代は複雑な社会だから高度な広い識見が要求される。管首相は東工大卒だから原子力に詳しいとして率先して現場に来て指示した。でもそれが誤りだったか真意はわからないがいろいす言われた。原子力に詳しい政治家などそもそもわずかである。相馬市長は医者だから医療方面には詳しいから対策がたてられる。しかし防災関係で津浪まで考慮することはなかった。それは責められることではない、浜通りはみんなそうだった。浪江町ではどこに逃げるから決めた場所があったから全く津浪に無防備ではなかった。

相馬市長が津神社の下で育ったとしたら津浪ことを聞いていたのか?そしたら津浪に対する意識は違っていたかもしれない、でも磯部で地震の訓練はしても津浪の訓練はしていないようだ。そんなことまで要求するのは無理だとなる。市町村長となるとそうしたことまで識見のもつ人が要求される。郷土史もある程度知る人も必要になる。そしたら津浪の避難訓練をしていて住民が助かったということもありえた。


岩手県北部にある普代村を高さ15メートルを超える防潮堤と水門が守った


村長があえてこの高さの防潮堤を作ったのである。普通は10メ-トルくらいでありそこでは大被害になった。5メ-トルの差が生死を分けたのである。ただ市町村長に課せられことはあまりにも今は多いからあらゆることに対処はできない。得意分野はできるにしてもあらゆることにはできない。 ただそうした識見があったら市長の命令で津浪の避難訓練していたなら多少は助かる人がいたかもしれない、 市町村長となると昔なら村の長(おさ)とか長老とか村のことを知り尽くした人がなった。それは老人がなり責任が重かった。 人間の経験は限られているから例え市長になっても万能人間にはなれない、それでもこんな状態になるとそういうことが市長に要求されてしまうのである。


これからはどうしても南相馬市より相馬市の役割が大きくなってゆく。なぜなら南相馬市から南は交通が寸断されたことの影響が大きいのである。だから福島市と結ぶ高速道路の建設が許可された。そして相馬港の役割も活きてくる。福島市の物流は横浜港だったり飯館村の木材の積み出しは石巻だったりしていたのである。相馬港は物流基地の港になっていない。相馬市まで行けば亘理までバスの代行が頻繁にあり便利である。病院も相馬になった。相馬市に拠点を移す会社もある。そういう変化が津浪と原発事故で起きたのである。


今回は相馬市は相馬市民として南相馬市は南相馬市民としてさらに飯館村は飯館村の村民としてそれから双葉町や富岡町も町民として自覚させられた。それぞれの市町村の外部の評価も頻繁に成された。双葉町への批判は大きいから双葉町町民は肩身の狭い思いをした。
自業自得だとも言われた。飯館村は同情された。日頃市民とか町民とか村民の意識を普通過度にもたない、どこに属していてもたいして変わりないとか思っていた。今回はどこの市町村に属しているかで大きく明暗を分けたのである。日本ではそもそも市民意識とかない、育たなかった。ヨ-ロッパのような都市国家がなかったからかもしれない、都市が独立した国であることを経験していない、外国ではどこの都市に属しているか必ず聞かれるしパスポ-トにも記される。それが大事だからである。日本では藩意識が都市になるのだろう。都市の市民感覚は伝統的にもっていないから市民意識も育たないから市政にもなかなか関心がもてないということもあった。歴史的には藩意識であり都市の市民という感覚がなじまなかったのである。



相馬市磯部村  1,813人  497世帯

このうち250人死んだとすると13パ-セントが死んだことになる。犠牲としては多いのか、他ではもっとひどいところがある。磯部村は家が全滅しているからもっと人が死んでいるかとも思った。それなりに避難して助かった人がいた。家はなくなっていても津浪で人命は助かるということがある。
テレビで1800軒があったというのは大きな間違いだ。!人口であり所帯数であり家の数ではなかった。これは誤解される。1800軒となればその数が多すぎるからだ。
posted by 老鶯 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47564293
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック