2011年07月31日

夏の蝶(草原化した自然は北海道になった)


夏の蝶(草原化した自然は北海道になった)

natusougennchou12.jpg
クリック拡大!


夕風や草原に眠る夏の蝶

草原に若き恋人夏の蝶


広々と草原暮れぬ夏の夕


津浪と原発事故で不思議なのは自然が変わり草原化している。この風景は本当に北海道である。いながらにして北海道にいる感じになる。自然はやはり旅したくらいではわかりにくい、毎日観察しているとわかる。揚羽蝶が二羽番いなのか眠っている。普通なかなか揚羽蝶が眠っているのを見たことがない、ここを恋人が行き来すると何か本当に広々として気持ちいい北海道なのである。やっぱ北海道の自然が気持ちいい、心が開放されたような大きくなる気分になる。空気まで違っている、それは水田がない独特の風景だからである。草原と水田とは違いすぎる。モンゴルの平原などもあそこに住んでいれば気持ちいい、夏は特に気持ちいい、どこまで草原であり自由に馬で行き来できる。きれいな小さな湖がそちこちにありそこに花々が咲き鳥がさえずり牛や馬が放牧されている。それはなんともいえず気持ちいい世界なのだが時間的に楽しめない、そうした余裕が旅ではもてないのである。自由に行動もできないのである。


写真は今やデジカメで新しい芸術となった。今度買った富士フィルムのfinpix F550EXRは買い得である。2万5千円では安い、逆光とかに強い、画質もいい、夜景がとれることが強みである。今までのは夕日とかがうまくとれなかった。今度のはとれる。一眼レフは重たくて使い物にならなかった。カメラはデジカメで面白くなった。写俳という新しい分野ができたのもそのためである。このカメラは360度のパノラマ写真がとれる。やはり光に強い、白飛びしないのがいい、今回の一枚でも写真にすると不思議な感覚になる。これは明かに北海道の風景でありここは北海道だよと言ってもわからない、草原化している自然の不思議である。米を作る所はみんなこんな風景になっている。立入禁止区域には入れないが同じような風景だろう。原野化しているのだ。自然が変わると人間の感覚も変わってくる、北海道人のようにのびのびししてくるかもしれない、モンゴルのような平原に育てば心も変わってくる。吹いてくる風の感じも違ってくる。
ただ草原と言っても日本では雨が多いから湿地帯化しているから鷺も来ている。なんらか餌が蛙などがいるのだろう。


ともかく遠くに行けなくても近くで北海道の自然を味わえるとなると気持ちいい、今年は北海道のように気候も暑くなく今日も夏にしては寒いくらいだった。それも北海道とにていたのである。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47052657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック