2011年07月27日

名所観光がつまらないのはなぜ?(もののあわれを感じないから)(2)


名所観光がつまらないのはなぜ?(もののあわれを感じないから)(2)

芭蕉の時代には、中尊寺には金色堂とこの経蔵の二つの建物しかなかったのだ。
また、その近くに旧鞘堂が移築されて残されている。これは鎌倉時代に建てられたもので、芭蕉はこの鞘堂に納められた金色堂をみている。芭蕉はここでの感慨をつぎの句であらわしている。

三代の栄耀(えいよう)一睡の中(うち)にして、大門の跡は一里こなたにあり。秀衡(ひでひら)が跡は田野になりて、金鶏山(きんけいざん)のみ形を残す。


           五月雨の降(ふり)のこしてや光堂


奥州藤原氏の滅亡が1189年のことですから、鞘堂の建設は、それから数えて約100年後。金色堂の完成から数えて、164年後のことになります。

それでは金色堂は、164年間も野ざらしであったのかというと、どうもそうでもなさそうです。鞘堂というほど完全な覆いではありませんが、もっと簡単な保護施設は、奥州藤原氏の時代からあったようです。
http://www.iwatabi.net/morioka/tyuusonji/10syasin.html


芭蕉が訪ねたときは今のように観光地化していない,西行が来たときは繁栄していた平泉である。

三代の栄耀(えいよう)一睡の中(うち)にして、大門の跡は一里こなたにあり。秀衡(ひでひら)が跡は田野になりて・・・・

荒寥としたみちのくの風景でありその繁栄の形見となるものは金色堂しかなかったのである。
浄土が池には訪ねていないらしい、何かその当時眼をひくものでなかった。大門の跡というのは今も柱の跡の礎石が残っているからそれなのかもしれない、そこは荒寥とした栄華の跡であり何もない、光堂のみが風雪に耐えて残っていた。それで五月雨の句ができた


今になると平泉は観光客でいつもにぎわっているからにぎわっている場所だと錯覚する。それとともに芭蕉のような旅情を感じない、荒寥とした廃墟になった平泉を感じないのである。これは他の観光地でもそうであり城などでも新しく建てるとそうした歴史の跡が消されて何か博物館のようにきれいになりそれが歴史のなかで消失した無常観を感じない、会津の城でもそうである。戊辰戦争で敗れた城は無惨な姿だった。でも新しくするとそこに歴史の無常観は感じなくなる。そして続々観光客がおしかけるとにぎわった場所だと錯覚する。観光地化するともののあわれは消失する場合が多いのだ。それは京都でも起こっている。あまりにも人がおしかけて本当は歴史のもののあわれを示す地が観光客がひっきりなしに訪れる騒がしい場所となる。

歴史の場所が博物館になってしまう。それとともに観光地が陳腐化してゆく矛盾がある。
まずぞろぞす修学旅行生でも騒がしく訪れること自体が旅情や詩情をなくす、それでも観光客を呼ばねば繁盛しないからやむをえない、寺ももともとは観光客のためにあるのではないがそうなって繁盛してもうけている矛盾がある。そもそも寺は修行する場だが今は何でも観光地化して金儲けの場となってしまう。観光地化することで稀少的な価値が喪失してゆく矛盾があるのだ。世界遺産に登録されたりするとますます観光地化するからち稀少性がうすれ価値が減少してゆく矛盾がある。


かえって誰も注目しないような所にもののあわれが残っている。相馬藩などは小藩だから城の跡もほとんど残っていないけどかえってそこに前に書いたようにもののあわれや昔を偲ぶことにもなる。かえって宣伝されすぎて観光地化して旅情が失われる所が今は多すぎる。金儲け主義が露骨に出るともののあわれは失われる。でも今は商業主義があまりにも前面に出るからそうした価値は見失われやすいのである。何気なくさりげなくあるということがなかなかできないのである。これでもかこれでもかと宣伝するともうそれ自体に嫌悪を感じてしまう。その薬ももう効かないものかとさえ思う。みんな金欲しくて芸能人やらが出て宣伝しているのだからあまりにも見えすぎている。


もちろん名所には名所の意義がありその歴史的価値は変わらないが観光地化しすぎるとそうした本当の歴史的価値を見失われやすいのだ。だから平泉では金色堂しか見ないがその裏方にも人の暮らしがあり営みがあるがそれは誰もみない、あまりにも日常的なことは注目しない、でもそこにこそもののあわれや旅情が生まれてくる矛盾がある。今の時代は旅情を感じることはそれだけむずかしくなっている。旅情は観光会社によって作られるものではない、偶然に感じることがある。思わぬ驚きこそ旅の醍醐味である。金色堂を見るだけで良しとするのは旅ではない、芭蕉はその旅の長い過程で平泉を訪ねて無常観を句にしたのである。現代人はがつがつして名所に来たから感動せねばならないとか脅迫感に強いられている。そういうものも旅ではない、だから現代からは観光はあっても旅は消えたのである。


旅人に金色堂や秋の蝉


山寺に地元の人や秋の蝉

秋になると観光客もへりかすかに秋の蝉が鳴いている。みちのくの淋しい風景にもどる。夏は観光客でそうした旅情も失われる。山寺でも夏が過ぎたら秋の蝉の声を聞く、それは地元の人がふさわしいともなる。地元というときどの辺まで地元になるのか?今なら仙台は辺りは地元であり福島県でも近いところ地元になる。秋の蝉の声を静に聞くの地元にはあっている。

冬の平泉に旅情を感じたように京都などでも観光客の少ない冬に訪ねた方が旅情を味わえる。いづれにしろ何か工夫しない限りどこも観光地化して観光客にのまれもののあわれは失うのである。現代は宣伝の時代というとき何でも見せ物になる時代である。津浪の被害者も格好の見せ物になるしマスコミの餌食にもなる。また現代は演技の時代であり絶えず演技者としてあり真実を見分けられない、泣いてたとしても演技して泣いてテレビで見せていることもある。だからマスコミで紹介されるものは演技であり真実ではない場合が多い。演技して作られたものを本当に思わされることが多いのである。江戸時代あたりだとこんなに情報化されていないから人と直接あって確かめたりとか情報の摂取の仕方が今とは余りにも違っていた。これだけ世界的情報化時代になるともう真意を見分けることも情報も処理する能力も限界なのである。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46982420
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック