2011年07月05日

南相馬市仮設住宅位置図(鹿島区)

 

南相馬市仮設住宅位置図(鹿島区)

kasetukoike11.jpg

kasetukkk123.jpg
鹿島中学校に出る道(上真野川の側)

ここは200戸だから一番規模が大きい。

shoji123.jpg
地元の庄司建設などが請け負う
他も地元である。

kasetukk1212.jpg

小池の一番離れた所゛家の造りがいい、屋根が普通の家のようになっている
ここは半分くらい入っているみたい

kasety123321.jpg

六号線-千倉のグランド(鹿島小学校の近く)

ここも三分の一くらい入ってきた、ほとんど小高の人である。

犬を飼えることが他と違っている


千倉は犬専用
http://blog.sakura.ne.jp/pages/my/blog/article/edit/input?id=46572358


kasety12332122.jpg

桜平山の下(寺内)

ス-パ-キクチに一番近い

ここだけは満員



あとは角河原にあるらしいからみておこう


桜平山の下の寺内の仮設住宅はほぼ満員である。六号線の鹿島小学校の近くのグランド、野球場は三割くらい入っている。西町は一割くらいで最近入っている。小池の一番町から離れた仮設も半分以上入っている。

建設中なのは上真野川の鹿島中学校へ出る道に建てられた仮設は庄司建設や地元の会社が三つほど請け負っている。ここは2百戸だから一番数も多く敷地が広い。真ん中の広い空間に集会所が建つ、浪江の会社も来ているなど地元で請け負っているから仕事を与えられた。
部屋は二部屋が普通であり三部屋のもある。子供がいる5人くらいの家族だと三部屋くらい必要になるだろう。そういう家族もいた。やはり狭いと感じるのはどうにもならない、仮設だからぜいたくはいえないとなる。

小池の一番離れた地点の仮設は屋根の傾きが大きく家らしい、あとは平たい屋根である。
請け負った会社によって仮設は違っている。千倉や西町は東海リ-スとか大阪から来ていたし
働き手がたりないと青森からも来ていた。


鹿島中学校へ出る所の仮設は工事中であり時間がかかる。あとは完成して入れる。立地としては今はス-パ-キクチが食料品を売っているので頼りであるから近い方がいい、桜平山の下の仮設はすぐ近くだから歩いても行ける。一番離れた小池の仮設は車がないと買物もできない、たいがい車をもっている。仮設でも今は車がないと生活できない時代である。三陸の方とか宮城県では離れた所に仮設を建てて買物に不便だとか困っていた。


一番便利なのは仙台の長町の開発しようとした駅前である。仙台は人口の移動が激しく集中して部屋を借りるのはできなくなっている。人口の移動が起きている。鹿島区にも相当な人口が移動している。




仮設住宅3100軒ほどの申し込みがありますけれども、何度言っても、国は30キロ圏外にしか許しておりません
最初は 505 戸、次に 405 戸、次に 170 戸、そして今、1605 戸まで、ようやく鹿島区で建てる場所をわれわれが見つけて、申し入れしておりますけれど、残念ながら、希望に沿うだけの戸数は、30 キロ圏外の鹿島区では建てることはできません。原町区に建ててくれと申し上げていますが、認めておりません。


桜井市長の報告
http://www.jca.apc.org/labornow/sakurai20110612.pdf

 


3100軒申し込みがあって1605戸を鹿島区に建てる、鹿島区でたりないから相馬市や新地まで適地を探したがうまくいかない、こんなに必要なことに驚く。立入禁止区域になった小高区が無人になり人口流出したことが南相馬市では大きい。一万人以上が避難した。全国に避難した。それでこれだけの仮設住宅が必要になった。


立地が悪い仮設住宅(小池の一部)(感じがいいのは角河原)
http://musubu2.sblo.jp/article/46950569.html

鹿島区の仮設住宅はこれで全部だと思う。
建設中なのは二百戸と大規模なのがまだ残されている。
あとは入居者も徐々に増えている
posted by 老鶯 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46540834
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック