2011年07月04日

相馬の荒寥とした原初の風景 (津浪で再現された原初の松川浦)

相馬の荒寥とした原初の風景
(津浪で再現された原初の松川浦)


isobetunami1111.jpg

seareveal111.jpg



北山八景で歌われていた



山上春霞 真柴たく煙も空にうち消えて長閑にかすむ山上の里


高松寒月 高松の山風寒く暮るるより面影すごき冬の夜の月


中野 飛雪 寒けしなゆき来も絶えてふりしきる雪の中野の冬の夕風
http://musubu2.sblo.jp/archives/200912-1.html


この中で「山上春霞」は地名として山上に紙漉き沢とか残っているからそういう冷たい清水が流れる所だった。今でもその地形は変わらず昔を偲べる。高松というのも今も変わらない淋しい場所である。今は墓所になっていた。墓地にふさわしい場所だった。
そして想像できなくなったのが中野飛雪である。こんな淋しい所だったのか?枡形があるということは城下町への入り口でありにぎやかに思えるがそうではなかった。人がほとんど通らない道だった。街道の道でもそうだった。江戸時代とはそういう城があってもそれだけ淋しい場所だった。夜だったら物音一つ聞こえないのである。冬だったら雪がふったりしたらひとっこ一人も見えない世界なのである。まるで道があっても原野と等しい世界だった。城だってしんみりとして冬籠もりであった。そういう世界は今になると想像しにくいのだ。人が絶えるなどありえない世界である。20キロ圏内とか飯館村とか避難した村はゴ-ストタウンになりそれとにたものになった。江戸時代は例え人が住んでいてもいかに淋しい世界だったか現代からは想像がつかないのだ。


磯部漁火
・・・・とかなると今になると一軒の家もなくなったから原始の砂州にもどったから江戸時代を偲べる風景ともなる。松川浦だって磯部だって家は少ないし淋しい世界だったのである。もちろんあんなに旅館などない、荒寥とした風景である。津浪で松川浦は磯辺辺りまで広大に広がる浦だった。それが再現されたから驚いた。松川浦は今の浦の何倍もの広さだった。広大な海が迫っていた。火力発電所の辺りは新沼とかありあの辺は低湿地帯であり津浪は六号線まで迫っていた。あういう低い土地は他にもあり危険だった。原釜でもちょっと高いところにあった家は残ったのである。その差が大きかった。磯部には一軒の家も残らなかった。ポンペイの跡である。不遜かもしれないが結局もう再建するよりそこをポンペイの跡のような記念公園にでもするほかないのかもしれない、そしてその悲劇が語り継がれる。再建できなくなったような場所になったところが今回の津浪ではあった。そこは悲劇の場所であり伝説の場所ともなった。松川浦は旅館はやがて再建される。そして磯部は悲劇の村として誰しもたずねる場所となる。砂だけの世界になってしまった。北海道にはそういうまだ原野と砂の海岸が広々と長く残っている。それと同じだった。


津浪はまず原釜方面から松浦大橋のすぐ下まで押しよせ尾浜方向に押し寄せた。その時まともに波を受けた原釜は被害が大きかった。それでも高台の家は残っていた。新沼方面は土地が低くこれも被害が大きかった。そして尾浜は低い丘がありそれが津浪の衝撃を和らげた。
それで家はなんとか残っていた。ところが海岸方面から白い波が吹き上がりおしよせてきた。
結局尾浜辺りは二つの津浪に襲われたことなる。海岸方面から松川浦大橋を渡り灯台のあるところから磯部へ向かう海岸線におしよせた波を凄いものがあった。その波により磯部は全滅した。尾浜のような少しでも小高い丘が連なっているだけでも津浪の衝撃を和らげることができたのである。


松川浦はもともと柏崎とあるごとく崎はまさに海の崎だった。そして磯部は長い砂州だったことが判明した。柏崎に広がった海も広大だった。それは今も六号線から見える。あれだけの広い土地を埋め立てて田にしたのである。まさに原始時代そのものの光景が現出した。


松川浦広々として満たす水春の夕陽の輝き落ちぬ


これもなんと表現ししていいかわからなかった。ただ一回しか見ていないのが残念だった。ただ今でも水がたまると柏崎から磯部辺りは大きな湖になっているのだ。湖をウミと言ったのはわかる。それから湖-ミズウミとしたのは水は潮水が淡水化した海になったからだろう。こういう風景は北海道には今でも残っている。広い海跡湖が残っている。サロマ湖などと酷似している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/
%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%9E%E6%B9%96



松川浦に押し寄せた津波
http://www.jiji.com/jc/movie?p=top305-movie02&s=324&y=&rel=m&g=phl

サケは成熟すると、また海水じゃ生きられない体になるそうだ。
仮に帰るべき川が無くなってたとしても、そのまま海に居続けると死んじゃうから、
仕方なく近くの他の川に遡ぼるんじゃないかと言われてるみたい。


オショロコマは北海道でも降海型は殆どいません。しかし、同じ系統で西欧に住むアルプスイワナはその殆どが降海します。これはオショロコマ類の生息南限に北海道が当たっているからです。 

 


海と川の交わる所に生物の進化のドラマがあった。それは何億年の生物のドラマであり神秘である。その謎は解きあかされていない、生物の神秘は本当は謎が多く神秘として残されているのだ。何でもわかったように科学が錯覚させられているだけである。カワイルカなども大陸の大きな河だとそこが海のようになるから残って海に出なくなった。そういうことは想像できる。川の魚には海と河の淡水化した河に住んでも海が故郷だから海に降るのである。


人間は最初海の近くには住んでいない、それは小高の縄文時代でも説明した。海側から引いた土地で狩りと採集で生活していた。だから
ドングリとかクリは硬いものの意味でありグリグリというのも縄文言葉である。ハマグリは浜の石ということでもわかる。グリはもともとは石のことだった。陸から生活がはじまり海に向かった。他の生物は海から上がり陸に向かった。その道が河だったのである。アイヌの生活は川上に上ることが優先された。だから川上が頭になり川下は尻になる。
dodonguriii.jpg

川はそもそも下るものではない、溯ってゆくのが川であった。上へ上へさかのぼってゆくのが川であり川は原始の道だった。実際に和名抄に川道郷があったから川は道としてとらえていたのだ。それが一番示しているのがアイヌの言葉である。アイヌ語では川口は尻であり川上が頭である。川は上ってゆくものであり下ってゆくものではない、それは人がまず川を上っていった。川を上ってゆく暮らしをしていたからだ。日本の下は川下は湿地帯であり虫や蟹や蛇などがうじゃうじゃいてバイ菌もでて住みにくかったのだ。これは外国でも地中海辺りでも最初の住居は高台にできたことでもわかる。平地はかえって住みにくかったのだ。邪馬台国(やまだいこく)というのも高台にあった。ダイとは高いところだからだ。稲作は水が良くないといい米がとれないからアガタから山田とか小山田とかがいい米のとれる場所だった。


邪馬台国(やまだいこく)
とは湿地帯が多い日本の地形の中で高台にあった国ということである。今にしてみたら津浪でそのことが明確化された。低い場所は津浪で海になったからである。
人は台に高台に住んだ。鹿島区の台田中もそうでありそこに中世の城があった。その回りは湿地帯であり現実に津浪で近くまで海になったことでもわかる。最初の国は高台に作られたのである。
http://www.musubu.jp/kashimakayanazo7.htm


 

posted by 老鶯 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46527599
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック