2011年06月10日

夏の花(アクセスが急激に増えた相馬郷土史研究)


夏の花(アクセスが急激に増えた相馬郷土史研究)]


natyhana11212.jpg



花に花そえて新し夏は来ぬ


一鉢に夏菊咲いて雀来る


遠くへと行きて帰りぬ夏燕


老鶯の日陰の長き森に鳴く


屋敷林農家囲みて黒揚羽

非常事態では俳句でも短歌でもゆっくり鑑賞したり作ったりできない、そんな風流に遊ぶよりなんとか苦しいのだから助けてもらいたいとか今なら原発関係で放射能のことをもとしりたいとかなる。それで自分もなんとか役にたたとうとして科学にはからきし弱くても書いた。ただ強みは地元だから地理に詳しいことが他と違っていた。あそこで放射線量が高いというとき具体的にイメ-ジできる。浪江の赤字木(あこうぎ)と言っても外部の人は浪江としかわからないから街の方だと錯覚している人がいるだろう。地理はなかなかそこに住んでいないとわかりにくいのだ。

最近津波やら原発事故で思ったことは相馬とか浜通りで地元の人が情報を発信する必要があった。外部からと内部から発信するのでは伝え方も伝わり方も違ってくる。自らが被災者になればさらにそうである。発信する情熱も違ってくる。最近毎日ニュ-スでも福島県でも浜通り中心であり南相馬市のことでも毎日伝えている。そうすると今注目されているのが自分たちの住んでいる身近な所なのである。それが毎日ニュ-スとなっているのだ。身近なところでも本当はわからない、被害にあった人の数も多いからだ。避難している人の数も多いからそういう人たちどうなったのか全部知ることはできない、ただ毎日は全国のニュ-スでも必ず身近な所が話題にならない日がないのだ。普通だったら全国で話題になるのは野馬追いくらいなのである。

それがフクシマ自体、世界でもその名が悪名が知られるようになったのである。チェルノブリと同じである。アクセス数も「相馬郷土史研究」は普通はユニ-ク数が百くらいでペ-ジビュが400とかくらいである。今は訪問者がユニ-ク数で400を越えていた。本プログは300くらいである。あわせると700人になるから多い。インタ-ネットだと全国の人がやはり相馬に関心をもって読んでいるのだ。ペ-ジビュ-1000くらいであり本プログとあわせると2000になる。相当関心をもって読まれている。また書くことも多いのである。

明かに相馬とか浜通りの郷土史を基礎にした雑誌の発行なども必要なのである。ただ雑誌の発行は個人ではできない、そして毎日報告することは雑誌ではできない、インタ-ネットだからなんとかやれている。今は結構インタ-ネットで情報を得ている人も多いから注目されることにもなる。今は普通だったら何でもない人まで話題になる。みんななんらか伝えたいことがあるからだ。それでそうした人たちの要望を反映した情報誌が必要になってくる。それを相馬郷土史を基礎にして発信する必要もありインタ-ネットでしている。科学には弱いし自分一人ではそうしたことは無理である。でも地に足をついた発信をするのには地元からでとないと伝わらないものがある。地理に関してはそうだった。風がどういうふうに吹くかなどなかなか地元でないとわかりにくかったろう。他にも地元でないとわかりにくいものがある。単に情報を伝えるだけではない、なんとか復興していこうという気持ちが地元ではあるのだから外部から見ているのとは意識が違う。

マスコミでは報道しても全部が地元のためにとはならない、何か面白いことがないかとか話題がないとか売れる記事やテレビでもやはり視聴率を稼げるのを放送しようとかなる。しかし地元だったらそういう興味本位よりなんとか今の苦しい状態をともにきりぬけようとかの意識がでてくる。こういうことはやはり被害者にならないかぎりどうしても外部だとただ自分たちには関係ないから面白い見せ物のように見る場合があるのだ。だから地元からの発信は違ってくる。
広島と長崎があれだけ深刻な被害にあっても遠いと現実味がない、神戸地震の時もそうだった。今や自分たちも原爆ではないにしろ放射能の被害で共通の被害者になったのである。


NHKでも磯部小学校のことをやっていたけどテレビや写真の画面では高低がわからない、あの小学校はかなり高い所にある。磯部村は海岸に接して壊滅した。あれだけのショック受けたら子供だったら病気になるのもわかる。大人だってショックから立ち直れない、一軒も家なくなったのだからショックである。でも学校は一番高い所にあった。平地には作らなかった。高台にも家はあるがほとんどの家は平地にあった。小学校だからやはり高台に作ったのか、作るときそういう配慮があったのか?それにしても本当に津波にはあまりにも無防備だった。それが悔やまれる。あそこでも校庭で遊べないのか、やはり放射線量計ってそうしているのだろう。あそこはそんなに高くないと思うけどやっぱり
原発事故の影響も受けていた。


 

この記事へのコメント
南相馬市内から発信のブログは、それ自体で希少価値がある昨今。マスコミ関係者には特に、便利な情報源なのでしょう。
市長のyoutube発信が端的に物語っています。長期戦になって、各社とも事情がわかってくると、人材を投入してますが、現地の案内は必須。小林さん自身が取材対象になるのを楽しみにしております。

Posted by domingo at 2011年06月11日 14:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45876894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック