2011年06月04日

東南の風が本流となり飯館村に放射性物質を運んだ


東南の風が本流となり飯館村に放射性物質を運んだ

radiowindsdd11.jpg
http://hamanora.blog.ocn.ne.jp/kaiin02/

kazezumain111.jpg

一の図と下の自分が描いた図は風の流れと一致する。3月15日の福島原発からの放射性物質は東南の風にのって浪江の赤字木(あこうぎ)椚平(くぬぎたいら)辺りに一番多く放射性物質を運んだ。その時そこに雪が降ったから余計にそこに堆積したのだ。太い赤い線が大きな強い風の流れだった。それが放射性物質の本流の流れを形成した。そして塩浸(しおひで)が別れ道であり風の別れ道にもなった。だから津島も放射線量が際立って高くなった。塩浸から広い道がありそこを風が流れた。塩浸から手七朗方面に流れた風は本流の風である。東南東の風でありそれは谷間を通り道にして流れ飯館村まで放射性物質を大量に運んだ。ただ距離があるからその時相当強い風が吹いたのか?津島だったら距離がないから風で大量に運ばれるのがわかる。飯館とかさらに霊山辺りになると遠い。福島市になるとさらに遠いから風の流れがどうなっているのかわかりにくい、段差も関係していた。高いところから低いところ風は流れやすい、山から風が吹き下ろす、そうすると飯館は標高が高いからその段差があって福島市の方面に吹いた風が放射性物質を運んだ。八木沢峠から吹き下ろした風が谷間を通り大原の大葦辺りに放射性物質を運んだ。だからその辺にある家も計画的避難地域に指定してくれとなる。放射線量が高いからだ。それから橲原渓谷を風は下り南相馬市の橲原村も高くなった。これは風の方向からもわかりやすい、地形からもわかりやすい。


でもわからないのが田村市の三春が放射線量が低いことなど風の流れや地形がどう関係したかわかりにくい、葛尾(かつろう)村は一時期高い時があったが津島と隣り合わせなのに今は低いのはなぜか?これも風の流れから分析すると葛尾(かつろう)村は高瀬川にそって流れた風に影響された。そこはかなり急峻であり風をさえぎった。方向的にも東南の風とはちょっとずれている。都路はまた隣だが山にさえぎられている。つまり飯館村に吹く本流の強い大きな風とは違う風が吹いたのかもしれない、伊達市の霊山辺りも風の流れは本流の流れにそっていてわかりやすい、わかりにくいのは二本松市とか郡山市とか白河市とか田村市である。福島市はわかるにしても本流の風の突き当たりになり盆地だから滞留したことはイメ-ジできる。ところが郡山市がなぜ高いのかとなるとわかりにくい、白河も結構高いから一旦白河に風が流れてその白河から福島市の方に風が吹いて阿武隈川をそって福島市に流れたと分析する人もいた。
白河の風の方向は茨城方面の平野から吹くのが多いからだ。でもその時は福島県では西風とか北風が吹く、東南の風が本流の流れを作ったとするとむしろ福島市に滞留した放射性物質が阿武隈川にそって郡山市に流れて白河市に流れたとみるのが自然なのかもしれない、放射線量も郡山>白河になっているからだ。もし白河から郡山に流れたなら白河市の方がもっと放射線量が持続して高くなっているはずである。


放射性物質はやはり爆発したり一気にもれたときの風の流れが影響して地形が影響した。海側は放射線量が低かったのは海に風で流れたからである。30キロ圏内の避難指示は地下水の汚染などや警戒地域として設定された。飯館村や浪江の山中は原発の地下水の影響はないからだ。放射性物質の流れはやはりその時の風の方向で明暗を分けた。地形も影響したことは確かである。谷間は風を吸い込むような働きもするし段差のある山の頂上からは風が吹き下ろし谷間に沿って吹いてくる。実際に四国の祖谷のかづら橋の袂に吹いてきた風は相当に低い場所から海の方向から吹いてきたかもしれない、あそこは相当に奥であり高い地域である。だから飯館村も標高が高いから海からの東南の風が谷間に沿って吹き上ってくることはありえたのである。祖谷(いや)でも谷間が切れ込んで深いからそこから高知の海であれ瀬戸内海からも風が吹き上げてくることはありうる。山が高いだけに谷も深いからだ。ただ風の流れは本当にとらえにくい、それが今回の放射性物質が福島市とか郡山市に高かった謎を作り出したのである。


詳しい地図とグラフをを集めたサイト
http://hamanora.blog.ocn.ne.jp/kaiin02/

posted by 老鶯 at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 飯館村
この記事へのコメント
今朝の共同通信の配信によると、いよいよ放射能汚染瓦礫の福島県内への埋め立てが固まり、知事がぶーぶーいっても、お国の決定が強制されそうな空気が醸成されています。
この調子で、核燃料の最終処分場として、福島は格好のポイントになってゆきますね。
副島さんの指摘どおりです。
青森の預かり核ごみも、福島にやってくることでしょう。
そのための30キロ同心円設定というのは、うがった見方ではありません。
原町区大甕のNEC産廃処分場の問題もまったく同じ構造です。現市長が、反対運動で市長になった経緯も、4つの裁判で負けて歳費差し押さえである身の上であることも、国策政策によるラインにそむくと、その報復は大きい。
佐藤栄佐久も検察に排除されたように。
Posted by domingo at 2011年06月10日 08:53

やっぱりそういうことなんでしょう
このことに気づいてない人が南相馬市でも
飯館でもかなりいるでしょう
なぜ同心円なのだとか強制的に退去されるのかとか
南相馬市長も本当に受難です
市民もよほどしっかりした自治をしないと
政府の成すがままにされる
自分も何が起こっているのか理解できなかった
津波と原発事故のダブルパンチで混乱してしまっているからです・・・
Posted by プログ主(小林) at 2011年06月10日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45728736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック