2011年05月29日

20キロ圏内の南相馬市小高区の強制退去の理不尽 (浪江町も海側は1マイクロシ-ベルトにも満たない地域がある)


20キロ圏内の南相馬市小高区の強制退去の理不尽
 (浪江町も海側は1マイクロシ-ベルトにも満たない地域がある)


odakakumap.jpg

●理不尽な政府の強制された命令
 


「家に帰ったら逮捕するのか」 原発20キロ警戒区域設定に住民は不満
2011.4.20 13:21


これでは、罰金付きで一律退去を強制される住民は納得できないだろう。政府の原発事故避難対策は矛盾だらけ、これに関しては政府は無能というほかない。一方では、本来は1ミリシーベルト以下にとどめる べき年間被曝量を、放射線の影響を受けやすい子供についてさえ20ミリシーベルトまで許容、子供を見殺しにするのかとの批判さえ呼ぶ”現実的”な選択をする。かと思うと、このレベルに達しない区域の住民はすべて強制的に追い立てる。何の罪を犯したわけでもないのに、理由も告げられず、行先も保証されないで出て行けと言われて納得できる住民がいるだろうか。
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/earth/nuclear/tepco-nuclear-disaster/11042201.ht


◆2011年4月21日(木) 立ち入り禁止(警戒区域指定)は憲法違反だ
政府は、22日午前0時から福島第一原発から20キロ圏内を警戒区域に指定し、罰則を伴った立ち入り禁止措置を取るという。
http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/628bdb5b6343cc6c1c783030ad68d3ac


自己責任なら別に帰っても良いでしょ?
どっちみち国はちょこっとしか補償しないんだしね
伝染病ならともかく放射能が移るわけでもないんだし
そこまで規制する必要なんてどこに有るんだろ?
家畜とか残してきた人も居るんだから心配なのは当り前でしょ?
一体国は政府は何がしたいの???



放射線量地図で見れば明らかなように小高区の平地から海側は原町区とほとんど変わりない、0・7とかであり放射線の影響はない、浪江でも平地は0・7があった。浪江というと常に一番高くなった山側なのであり平地だと0・7になっているところもあるのだ。浪江は高いなといつも全国の人が見ているけどこまく見れば0・7の所があるのだ。放射線量は本当に一様ではない、南相馬市鹿島区の橲原など山側は高いから3-4-5マイクロシ-ベルトとなると避難地域になる。そういう細かい割り振りで避難地域が決められていないのだ。つまり今回はやはりチェルノブリを参考にして30キロ圏内を立入禁止区域にした。チェルノブリでは適用されたことを浜通りでは適用できない、なぜなら地形とかがまるで違っていたからだ。海があり山があることが全く違っていた。海側に半分は風で放射性物質は流れたのも大きく違っていた。だから海側は10キロ内でも浪江でも0.7があった。チェルノブリは30キロ圏内は一様に高かった。日本では違っていたのだ。もちろんまた爆発したとき30キロ圏内は危険なことは危険だから準備しなければならないし何か科学的理由もあるのかもしれない、しかし他の人も言っているように理不尽でありこれは科学的根拠というより政府の勝手な意図が働いた。それで地元の人が大迷惑した。南相馬市は一番迷惑をこうむった。三つに分断されてしまったのだ。


●立入禁止区域は中央政府の権力の横暴


小高区の人は明かに帰れる、それを全部立入禁止区域にしたことは政府の横暴であり大迷惑である。立入禁止区域になって入ると罰金までとられるから理不尽である。政府の一方的強権的命令でありこれは確かに憲法違反にもなる。そんな簡単な線引きができるのかとなる。中東地域が勝手に欧米列強によって国境を線引きされたのとにている。そして国境によって分断された人々がいる。イスラエル紛争のようにガザ地区に閉じ込められたのともにている。検問所を通らないと外に出れないからだ。小高区の人は原町区の小学校にまだ避難していた人がいた。別に帰ってもいいのに散り散りにされてしまった。これは放射線量を根拠にしたら理不尽な仕打ちであり過酷であり政府が何を意図しているのか疑うというのもわかる。めんどうだから20キロ圏内を立入禁止区域にした。スポットスポットで高くてもそうすると行政でめんどうになるためなのか?それにしてもそこに住んでいる人にはその土地から離れられないような人がいる。その人たちは不満だからあえて出なかった。でも強制的に退去させられて立入禁止区域にされたのである。


政府と東電によって浜通りはずたずたにされた。地元も責任あったが事故のあとの対応でもいい加減でありきめ細かい対応はしていない、飯館村が高いのだから早い時期に避難指示をだすべきところを同心円で避難指示を出した。南相馬市は一時避難地域に指定されて物資が入らず困窮した。ともかく地方自治はなく政府の強権によって踏みにじられた。住民はただ政府の命令のままに従順に従うだけでいいのか?何らかの住民の自治が要求される。小高区は明かに帰ってもいい地域なことは一目瞭然なのである。つまりそこで今までのように普通に生活できる所なのだ。鹿島区とも同じであり放射線量は変わらないのだ。結局政府の強権によって翻弄されるだけたった。事故の処理も政府の間違いがあったらしいとか政府の対応は悪かった。そのために一番苦しめられたのは地元の住民だったのである。


●浪江町の海側は南相馬市小高区、原町区、鹿島区と同じレベルで低い


作業中の放射線量は常に1時間当たり1マイクロシーベルト未満だった

(請戸に一時的に帰った人)

浪江町がいつも高いなと全国の人は見ているけどそれは浪江は阿武隈山中に深く入っているえびつな町の領域になっているからだ。津島など三春に近くここが浪江町かと思うほど山奥になる。爆発したとき浪江の人が距離をとるために津島に逃げたのはそれたけ遠いと思ったからである。浪江町でも放射線量はばらつきがある。権現堂などでは1・5とかだが海側は0・5とかなっているからいかに低いかわかる。それも4月18日とか初期の段階で低かったのである。

放射線量は最初に爆発したときなど大量に流れるから最初である程度決定する。あとは増減はなくなる。でも海側は0・5とかなると低いしここだったら生活しても支障がない、海側の請戸の港は1・5だから多少高くても福島市と同じである。ここは原発から10キロ圏内であり福島第一原発の煙突が見える場所だった。そんなに近くても1・5なのである。これは4月2日頃計ったものだからその後はまだ低くなっている。なぜ海側が山側に比べてこれほど低いのか、やはり海に風で流されたからだろう。相馬焼きで有名な大堀はマイクロシ-ベルトとと高くなっている。山側になるとみんな高くなる。でも浪江町でも南相馬市でも山側と海側ではこれだけ放射線量にばらつきがあるのだ。それが全然考慮されていないのである。放射線量は地形の影響も大きく
チェルノブリでは山もないし海もなかったから30キロ圏内を立入禁止区域にした。日本も習ってしたのか、日本では同じようにならなかったから同心円の30キロ圏内で決めることは間違っていた。政府の間違った判断で住民は苦しめられた。東電の対応も悪くて住民はふりまわされて苦しんだのである。

明かに六号線は浪江まで1マイクロシ-ベルトくらいであり封鎖する必要がなかった。海側は1マイクロにみたない低い放射線量の地帯がつづいていた。海側に放射性物質は流れた。風の影響もあり低かった。山側はどこも高くなった。放射線量の詳細なマップを作れば浪江ですら帰れる所がある。町内から海側は福島市と郡山市と同じレベルでありそれより低いのである。
原発が見えるくらい近いのだから警戒地域にしたことはわかるにしても科学的な根拠はない、
六号線は浪江まで通じて何ら放射線量としては健康に害はない、なぜなら福島市や郡山市より低いからだ。

namierakase1.JPG

mamierad111.jpg

posted by 老鶯 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45582487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック