2011年05月27日

風のダイナミズム (海風と陸風-山谷風が放射性物質の流れを作った)


風のダイナミズム
(海風と陸風-山谷風が放射性物質の流れを作った)

windsddddddddd1.jpg


盆地は山に囲まれ風が少なく高温になった空気が淀んだままとなり、夜間にも寝苦しい高温が続きます

関東地方では,関東平野に侵入した海風が中部山地の谷風と結合することによって,碓氷峠を越えて,長野県に侵入するような大規模な海風が形成されることが知られている.
http://www.dpac.dpri.kyoto-u.ac.jp/thesis/sokei.pdf

関東地方では,関東平野に侵入した海風が中部山地の谷風と結合することによって,碓氷峠を越えて,長野県に侵入するような大規模な海風が形成されることが知られている.
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E9%A2%A8

 


風には大きくは海風と陸風に分かれる。昼は海から陸に吹き夜は陸から海に吹く、温暖の差でそうなる。海が冷えて陸が温かいと海から陸に吹き、陸が冷えて海が温かくなると陸から海に吹く、海が冷えて陸の方が温かくなる冬は北風、西風が吹く、陸が温かく海が冷える夏は海から陸に吹く、春になって東風が海から吹いたのは温暖差が生じたからでありその南東の海風が浪江の山中の赤字木(あこうぎ)地帯に谷風と一緒になり吹き抜けて放射性物質をもたらした。

関東地方では,関東平野に侵入した海風が中部山地の谷風と結合することによって,碓氷峠を越えて,長野県に侵入するような大規模な海風が形成される。浜通りの平坦な陸地から阿武隈高原の山岳地帯の谷間をぬけて山谷風となり飯館までふきぬけて行った。碓氷峠を越えて,長野県に侵入するような大規模な海風・・・・この海風が福島市の盆地まで到達したのだ。ここに大きな風のドラマがあった、風の不思議があった。

山谷風というのは確かにある。祖谷というのは四国の奥深い山の中の隠里である。山も2000メ-トル級の山がありその谷間から見上げると残雪でありのしかかるように聳えている。かずら橋がありその谷間はこの辺の山とは違い奥深い。そこから春風がその谷間を通り抜けて吹いてきた。春を告げる風はやはり海風が谷風となりはるか山の奥地まで吹いてきた。その時岸辺には桜も咲いていた。その風は谷間をさかのぼり吹き抜けるようにそよいできたのだ。海からの風は常に受けているがあのような山深い所に吹いてくる春風があることをその時感じた。この風を感じることは明かにその土地を感じることである。風は土地土地によって違っているのだ。だから明日香風とか風に特有の名前をつけたりしている。風は映像化できないからその土地に立たない限り感じることはできない、でも風を感じる時間がない、何かあわただしく旅しているとその土地のことが自然がわからない、歴史的なものもあり自然的なものも一度におしよせるから旅ではいろいろなものを見逃す感じないで記憶から消えやすいのである。


祖谷のかずら橋
http://www.miyoshinavi.jp/02miru/detail.php?genr=101&uid=SS000048


今回の放射性物質風が流された経過は地形によって変わり海風が福島市まで吹いたこと、それは風の不思議であり風のドラマがあった。好ましくないものではあったが風の思わぬ動きを知ることになった。福島市が放射性物質の影響をあれぼと受けるとは思いもよらなかった。でも実際はすでに東電でも研究していて予想していたのである。風の研究をしていればわかるからだ。そういう科学者がいくらでもいる。東電ではまちがいなく今回の危険も察知していた。そういう報告はされていた。ただ実際にその対策をとらなかっただけなのである。なんかこの機械が調子おかしいな、この車はどうも古くなってどこかおかしい、危ないなとか感で気づく人もいる。そうしているうち必ず事故になったりする。原子力の場合はそう思っても現場の人が感じていても余りにも巨大なるもの複雑になっているから古くなってもそのまま使うほかないとか危険を見過ごしていたのである。一部を直してもどうにもならない、全部直す他ない、廃炉にした方がいいかもしれないと思っても余りにも費用がかかるとか巨大なるが故に手をつけることさえできなくなっていたのかもしれない。そんな危険なものを人はもはや操作できないのだ。


ともかく風の流れは意外と大きな流れだったし予想しにくかった。福島市とか郡山市とかまで風が影響したことに驚いたのである。伊達市の小国とかは山間の小盆地でありそこが放射線量が高くなっていたり一部で避難するようになった所もある。盆地には風の関係で放射性物質が堆積しやすかった。日本では小国という地名が実に多い。山間の小盆地の地形が多いからである。そこが小さな国となったのもわかる。福島市も盆地だから放射性物質が堆積した。海風が陸の奥深くまで影響するというとき最近のアメリカのミズリ-州の竜巻はメキシコ湾の温暖化にあったというから海が関係していたのである。風には地球のダイナミズムがある。福島市まで海風が影響したとは思わなかったからだ。

posted by 老鶯 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45542365
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック