2011年05月16日

放射性物質は南相馬市といわき市は半分は海の方へ風で流れた


放射性物質は南相馬市といわき市は半分は海の方へ風で流れた

windsea1.jpg
3月12日に女川の方向へ南風が吹いている、南風とはいってもより海側に吹く風もある。
一方は北風も吹いた。これも方向は一定していない、より海側に吹けば放射性物質は海の上に流される
それで南相馬市といわき市は放射性物質が山の中より堆積しなかった。?

参考にした地図とグラフ

http://lockerz.com/s/84349337

 


南相馬市で放射線量が増大したのは3月12日の20から23時だった。水素爆発したのは3月12日の06だとするとその間に時間差がかなりある。風は赤線と紫の線であり南風き北風が吹いた。同じ方向に風は吹かない、放射線量は14日にいわき市が増大して次に15日に浪江の山中から飯館村から福島市と増大した。南相馬市といわき市は3時間で急速に放射線量が低下した。南相馬市に一時期南風が吹いた、でも南風はすぐ北風に変わる。この時期一定して南風は吹かない、女川の原発で高い放射線量が計測されたのは南風の赤い線上に女川原発があるからだ。ただ06時に爆発したとしてなぜ20−23時に南相馬市で放射線量が増大したのか、時間差がある。南風とはいえ海岸線は海側による風だと海に流れてしまうのである。つまり海側に海の上に放射性物質は拡散されたのではないか?
なぜ南相馬市といわき市は意外と放射線量が少なくてすんだのか?それは風の影響もあったが海に半分以上拡散されてしまった。風は陸地より海に吹く時期である。海の方に吹いた風は放射性物資も海へ飛ばしたのでは?


一方で15日に放出された放射性物質は浪江の山中から飯館村から福島市に持続したのは
放射性物質は比較的低いところを飛び山にさえぎられ滞留した。谷間のようなところに滞留しやすいともあり浪江の山中の請戸川に沿う谷間に滞留して土に堆積してしまった。
そこが今でもセシウムなどの影響で放射線量が高いのである。放射性物質は風の流れに影響されまた地形に影響される。海岸線は半分は海の方へ流れてしまう。汚染水も海に流したように海に放射性物質を流してしまった。だから海が相当に汚染されたことはまちがいない、ただ海によって拡散されたことも確かである。海側に沿った所はだから海に放射性物質が拡散されるからそんなに飯館村のような山中のように堆積しないのかもしれない、南相馬市といわき市は3時間くらいしか放射線量が上がらなかった。あとは低下する一方だったのである。
チェルノブリは大陸であり地形も平坦であり風の影響もまた違っている。何より大きな海がない、海がないということはやはり陸地に放射性物質は堆積しやすい、それが雨もふらないとなると流れない、堆積したままにずっと長く影響する。だから放射性物質はそうした風土の影響も受けやすいから世界的に一様な影響にはならないのではないか?


日本の特徴は海に囲まれていることでありそれが今回も大きく影響したのでは?原子炉を海に沈めろというのは極端でも最後の手段としてそれも考えられる。ロシアの原子力潜水艦が事故で海に沈んだ。その後のことは不明なのである。放射能も海で浄化する。それは汚染であるけど陸地が汚染されるより救いがあるのか?飯館村は山中の村だから放射性物質が堆積してしまった。海岸線の街は放射性物質も海に半分は流れてしまうのではないか?人間は住んでいる場所で幸不幸がある。海側に住んで津波で悲劇が生まれ山の中に住んで放射能で悲劇が生まれた。必ず人間の事象にはいい面と悪い面がともなうのである。

posted by 老鶯 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45208652
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック