2011年05月06日

放射性物質が爆発したときどういうふうに流れたかの検証 (やはり風が影響した)

 

放射性物質が爆発した時どういうふうに流れたかの検証
(やはり風が影響した)

■3月12日午前10時17分■  東電が1号機のベントを開始。
■3月12日午後3時36分■  1号機原子炉建屋で水素爆発が発生。
■3月14日午前11時1分■  3号機原子炉建屋で水素爆発が発生。

■3月15日午前9時38分■  4号機の使用済み燃料プールで火災が発生。
このプールには1300本以上の使用済み燃料が保管されていた。


■3月12日午前10時17分■  東電が1号機のベントを開始
1-soma.jpg


赤枠は南相馬市の放射線量


3月12日午前10時にベントを開始した、その時大量の放射性物質が放出された。
3月12日午後3時に一号機で水素爆発した。

この二つの事故によってその時風にのっておそらく東風より南風だったのかもしれない、南相馬市にその放射性物質が大量に流れてきた。だから夜の8時から11時ころまで17−20−12マイクロシ−ベルトを記録した。これは南相馬市では一番高い放射線の記録だった。
この時福島市といわき市は記録されていない。

 

3月13日は何も起きていないから放射性物質は流れてこない
南相馬市でも急速に4マイクロシ-ベルトかに下落している

福島市もいわき市も0・0代であり通常の放射線量だった。


■3月14日午前11時1分■  3号機原子炉建屋で水素爆発が発生

水素爆発しても南相馬市でも3マイクロシ-ベルトとか下落したままである。
福島市でもいわき市でも放射線量は上がっていない


■3月15日午前9時38分■  4号機の使用済み燃料プールで火災が発生。
このプールには1300本以上の使用済み燃料が保管されていた。

2-iwki.jpg

赤枠はいわき市の放射線量

この時いわき市で方放射線量が午前2時から3時代に急激に増大した。でも火災が発生したのは午前9時であり放射線量が増えたのは午前2時ころだった。火災の前に放射線量が増大した。その前に何らか燃料から放射線がもれたのかもしれない・・・
いわきでもここだけが放射線量が増大してあとは増えていない、南相馬市も最初の12日が増大したが増えていないのだ。

3-fukushima.jpg
赤枠は福島市の放射線量

3月15日午後4時から16日まで福島市で放射線量が増大している。福島市の放射線量はその後もなかなか減らない、ここでは郡山市と飯館村は計測されていない。

kazehoushasen1.jpg

南相馬市が放射線量が増大したのはベント開始した3月12日午前9時でありこの時一時的にでも南風が吹いた。次に午後3時に水素爆発した。南相馬市には午後8時から11まで放射線量が一番増大したがすぐに低下した。つまり風によって一時的に増える。でも継続的に南相馬市には放射性物質が流れなかった。その時福島市やいわき市には放射性物質が流れなかった。放射性物質はその時の風の影響が大きい。風の方向が違うと全然量が違う。ベント開始して水素爆発した日にいわき市には放射線量は計られていないか13日は南相馬市でも4マイクロシ-ベルトくらいに減っている。南相馬市ではあとはふえていない。
 


■3月14日午前11時1分■  3号機原子炉建屋で水素爆発が発生。

■3月15日午前9時38分■  4号機の使用済み燃料プールで火災が発生。
このプールには1300本以上の使用済み燃料が保管されていた。


3月15日午前2時にいわき市で放射線量が増大した。水素爆発の影響だった。その時は北風だったのだろう。

3月15日午後4時から福島市で放射線量が20マイクロシ-ベルト代に増えた。それまでは平常だった。ここで急激に増えた。これは使用済み燃料の火災の影響でそうなったのだろうか?その時東風が吹いていたことが福島市に影響した。その時浪江の赤字木椚平など一番放射線量が高くなったところは計測されていない、飯館村も高くなって福島市も高くなったのである。その原因は東風にあった。なぜなら南相馬市も12日のベント開始したとき風の影響で20マイクロシ-ベルトにもなっていたからである。
その後放射性物質は浪江の赤字木椚平から手七朗や津島や飯館村の長泥に東風にのり堆積した。それでそこを中心として福島市に東風で流れて福島市で放射線量が高い日が長くつづいた。
やはり放射性物質は風の影響が大きい。南相馬市だって12日にベントが開始された日に20マイクロシ-ベルトと高くなっていた。その時南風だった。その後は一時北風になりいわき市が高くなりあとは飯館村から福島市に東風が吹き山が壁となり放射性物質を土に貯えてしまった。それで今もその土に堆積した放射性物質がセシウムなどが風にのって福島市や郡山市に拡散しているのだろう。南相馬市といわき市には堆積しなかったのは山がないからなのか、空中に拡散したのだろうか?ともかく放射性物質の流れは風の影響が大きいことは確かである。風向きで大きく変わる。同心円では計られないのだ。そして一旦密度が高く堆積したところは飯館村のようになかなか放射線量が低下しない、福島市も低下しない、でも1・5マイクロシ−ベルトくらいだからたいしたことはないようだが南相馬市よりは高いのである。飯館村が堆積したのは山間でありその山が壁となり放射性物質が堆積してしまった。福島市も盆地であり山が壁となり堆積したのだろうか?山は低くても壁となり堆積しやすいということがあるのかもしれない、とにかく風向きで変わる放射性物質の流れには注意である。



福島県放射線量の変化
http://www.pref.fukushima.jp/j/7houbu86.pdf

.houshasuui.jpg

放射線量は最初のベントや水素爆発-燃料棒の火災のとき大量に放出されたがその後積算では一定であり
その後は原子炉から放射線はそれほど流出していなようである。
やはり最初の爆発など放出が大量の放射性物質の流出が起きた。

posted by 老鶯 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44923836
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック