2011年04月07日

南相馬市原町区の北原や小浜の被害写真(20キロ内の立ち入り禁止地域へ)


kitahara.jpg
クリック拡大

obamamap1.jpg

KFBTELEBI.jpg

harabbbb1.jpg
兵庫からのボランティア

haratettou.jpg

haramichi.jpg

obamasaka1.jpg
obamasakaie1.jpg

takadai11.jpg
一番高い所にも津波が

obamasakakudaru1.jpg
坂を上りきって下る所-右側が小浜の部落


obamasakakudaru2.jpg

磐城大田の海を望む

obamanohiall.jpg
江戸時代の古い碑があった(この下は小浜部落)

ootamatu1.jpg

ootagawakawakekkai.jpg

ootagawamatu2.jpg

tachiirikinshi1.jpg

南相馬市原町区の北原や小浜の被害写真(20キロ内の立ち入り禁止地域へ)

今日は南相馬市の北原地区を回り海沿いを太田川が海にそそぐ小浜という村を回って20キロ の禁止区域の所まで行ってきた。ここはまだ原町区内であり小高区ではなかった。磐城太田駅がある地域だった。太田神社のある所であり太田川が海に注ぐ地域だった。北原で兵庫県から来たというボランティアの人が一人で泥を掘り返していた。はなまるホ-ムとあるから福祉関係の仕事の人なのだろう。ホ-ムペ-ジに兵庫県とでていたからそこのホ-ムの人なのか?
兵庫県というと神戸があるから震災の被害には同情するのである。ともかく全国から支援の人が入ってきている。

かなりの坂を上ってゆくがその坂の頂上まで津波が来たことに驚く。テレビで見ただけではこの高さがわかりにくいのだ。その高さにびっくりするだろう。こんなに高い所まで来たのかと信じられないのである。高台には松が残っていた。高台だからこそ残ったのである。その坂を越えて下ると磐城太田地域であり防波堤は崩れ海が入りこんでいた。津波が越えた崖の下は「小浜」という村だった。江戸時代の碑があったから古い部落である。ここで土地の人がいて聞いたら6人死んだという、死体を探している小沢地域では多く死んだらしい。小浜地区は直接海に面していないから被害が少ないと思ったが6人死んだ。やはり高く津波が来たので被害があった。


今日NHKで写していた白い防護服の人がこの地域で小沢地域で死体探しをするのを放送していた。小浜地域は坂を下りたところでありその向こうが小沢地域だった。そこは確かに20キロ圏内であり立ち入り禁止地域になっている。なぜそこでも白い防護服を着ているのか、そんなに放射能が危険なのか?あれを見たらいかにも放射能が強く危険だということを示している。でも車で来た人もいる、土浦の人とボランティアの兵庫の人は阿武隈高原の方を遠回りして来た。その人たちはマスクもしていない、仙台から来た人もマスクをしていない、放射能は別に恐れなければ恐れることはない、原子力発電所内で作業するのとは違っている。なのになぜあんなに白い防護服を着て死体探しをしているのおそらくそういう決まりだからそうしているだけなのだろう。そんなに危険だとは思えないのだ。

南相馬市の原町区は自主避難地域であるからややこしい。一度避難した人も長く避難所にいられないので帰ってきている。知人の夫婦は帰っていくが孫は学校に行けないということで避難している親戚の家からその土地の学校に通うそうである。だから両親は残っている。孫の夫婦はのこらざるをえない、でもその妻の夫は原子力発電所のある大熊のス-パ-で働いていたのである。その職も失った。今原町区で問題のはこうして職を失った人が多いことである。これは他の津波被害にあったところでも同じである。特に放射能の被害にあった地域はさらにひどいことになっているのだ。仕事がなければ住めなくなるのだ。そして小高区は立ち入り禁止であり小高区から原町区に避難して来た人がある。ホテルをもっていたので原町区に移った。でもそこも30キロ圏内であり30キロ圏内は避難指示にするという方針だと政府で言っている。とするとそこにも住めなくなるかもしれない、自分の住んでいるところは30キロから2キロ離れているにすぎない、避難地域を50キロまで延長するとも言っていたからそうなると本当に困る。人間長く住んでいたところに住めなくなるほど苦しいことはない、そんなことがありうるのかと今度の原子力事故でつくづく思った。チェルノブエリでは確かに30キロ圏内は立ち入り禁止となった。ここもそうなってしまうのではないかと浪江の人がテレビで言っていた。これは本当に深刻な問題である。
人間そんな簡単に今まで長く住んでいたところから移り住めないからだ。茨城県に移った人は住宅を与えられて中国人がいなくなった農家で農作業をして金を稼いでいる。中国人までいなくなるのか?中国人も放射能を恐れるのか、中国ではもっとひどい汚染がある地域がある。その中国人まで逃げているということがわからない、風評被害としか思えないのだ。

posted by 老鶯 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44192248
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック