2011年04月02日

八沢浦が元の美しい入江に戻った!(南相馬市鹿島区の津波の被害写真)



八沢浦が元の美しい入江に戻った!
(南相馬市鹿島区の津波の被害写真)


kashimatunami111111.jpg
クリック拡大!

yasawa3333.jpg

美しい八沢浦に戻った!
IMG_1160.JPG

ヤ沢浦干拓の記念碑が倒れる

IMG_1198.JPG


IMG_1201.JPG
IMG_1184.JPG
IMG_1183.JPG

IMG_1200.JPG
IMG_1203.JPG


IMG_1161.JPG
明治に干拓された八沢浦の記念碑が倒されていた

IMG_1162.JPG
高台の中間地点まで津波が来た



海老村は壊滅

IMG_1253.JPG

IMG_1147.JPG



IMG_1095.JPG
IMG_1100.JPG


IMG_1233.JPG

IMG_1244.JPG


坂を下った六号線(小島田)に流れ着いたもの(烏崎からのもの)
港があった烏崎は壊滅した

IMG_1108.JPG
IMG_1114.JPG

 


今回の大津波は八沢浦を元の風景に戻したし縄文海進の時代に逆戻りした。八沢浦は明治になってから干拓されたのであり江戸時代は浦だった。その浦に戻った不思議がある。一般的に津波の後は瓦礫の山になっているがここは家も少ないから潮水が大量に入りこみ美しい入江の風景に戻った。前から海が入り込んで湿地帯だったということを書いてきたし八沢浦は元の状態になったらどれだけ美しいかと書いてきたがそれが現実になった驚きがある。確かに人が多数死んだからそんなこと言っていられないということもあるがここは瓦礫の山ではない、美しい自然の風景を一時的でも現実になった驚きがある。思うに陸前高田市とか三陸沿岸の入江はみんな元は海が入り込んでいた。平地には海だった。その平地に街を作った。そこは津波になったら海になるところだった。そういうところに街を作ること自体、自然に逆らった街作りであり今回の大津波で全滅した。高台の家だけが残った。自然の地形に沿って自然に逆らわず生きていればこうはならなかった。


太平洋沿岸でも仙台平野でも福島県の浜通りでもそもそも海をだったところを埋め立て田を作ってきたところであり右田の松原も塩害を防ぐものとしてあった。もともとそこは何もなかった砂浜だった。松原は人間の手で作った人工の自然だった。それが根こそぎ喪失したのである。元の自然の状態に戻ったのである。津波は確かに悲惨だったがこんな風景を生きてみること自体ありえないことであり驚きだった。人生でこれほど驚いたことはない、信じられないことだった。

確かに街などが全滅して悲惨な光景となっているが八沢浦などは瓦礫の山はなく美しい元の自然の風景になっている。それを生きてる内にこの目で見ることができたということは信じられないとなる。八沢浦はもともと家が少ないから被害が少ない、海老村は壊滅した。烏崎村も壊滅した。沿岸はどこも壊滅状態である。津波の潮水は鹿島小学校の前まで来ている。海から約3キロも入っている。そこまでは昔は海だった。古代の真野の入江は塩崎(しおのさき)まで来ていたことを書いてきたが実際に船着という地名の残っているすぐ近くまで来ていたことに驚きである。船は烏崎から津波で流されて6号線まで来ていた驚きである。


今回は風景を変えてしまった。右田の松原は喪失して名残りの松が何本か残されただけである。陸前高田では一本だけ松が奇跡のように残った。いたるところで松も根こそぎ津波に倒され流された。しかし松も流されずに残ったものがかなりありそれが一つの伝説と名所になった不思議がある。いたるところに伝説を後世に残す物語を作り出したのである。写真はやはり部分的に見てもわからない、地図と照らし合わせて見る必要がある。これはやはりそこに住んだ人でないとわかりにくいのだ。

posted by 老鶯 at 22:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 地震津波関係
この記事へのコメント
とても生々しい写真ですね…。
被害の大きさを改めて感じます。
日本の国土面積が更に小さくなり、御位牌は被害の悲惨さ、祀ってくれる家族を失った寂しさを物語っているようです…。言葉が出ません。
墓地も想像を絶する状態でしょう。
小林様、お体の具合はいかがですか?
お母様は不安定になっておられませんか?
認知低下によって精神的にも負担増しになられておられるかもしれませんが、どうぞ、前だけを見つめて下さい。お疲れの出ませんように。
お住まいが、ギリギリのセーフティゾーンでも安全性が解除される事だってあるでしょう。
避難できない方々は車など移動手段がないからですか?避難しても避難場所は不便で住みにくいでしょうけれど、支援者がいますから心丈夫ではないでしょうか?
今回の震災で改めて、運命は計り知れないもので、命の大切さ、無事に生きている1日1日の大切さが分かりました。

御不便な生活を送っておられ心細かったでしょう。電話は使用できるのですか?
然しながら、命は大事にして下さい。
天災、予期せぬ難病、不慮の事故…寿命は計り知る事が出来ませんが、生かされている現在を乗り切って下さいね。そして、御一人で抱え込まないで協力を求めて下さい。
Posted by Ayumi at 2011年04月03日 02:11
追伸:私も母も前向きで1日1日を大事に過ごしています。1日1日の積み重ねが大きな実りになると信じるのみです。
こちらが天災に見舞われたら…考えただけでゾ〜ッとしました。
でも、何時何が起こっても母を守り生き抜きます。大事な家族ですものね。
御無理なさらないで頑張って下さい。
Posted by Ayumi at 2011年04月03日 02:16
追伸:私も母も前向きに1日1日を大事にしながら、乗り越えております。
一日一日の積み重ねが大きな実りになると信じるのみです。
こちらが被災したら…考えただけで恐ろしくなりました。でも、何時何があっても、私は掛け替えのない(欠けたら、その人の変わりは誰にも出来ない)母を背負い、手を繋いで守り抜きます。大事な家族ですから。
心から応援しております。
Posted by Ayumi at 2011年04月03日 02:22
美しい入江に戻った?瓦礫の山じゃない?
頭悪いんですか?
海水の底になって瓦礫が見えないだけです。

元々家が少ないから?
亡くなった方もたくさんいました。
0歳児から高齢者まで。本当にたくさん。

干拓記念碑が倒されていた?
あれは倒されたのではなく
地震で倒れたんです。
考えなくても普通にわかりますよね。
考えられないなら仕方ないですが。

ポンプで海水を汲み上げたあとの光景は悲惨でした。
たくさんの瓦礫。
ボールのように丸くなった自動車。
たくさんの方達の思い出の品。

半月以上海水に沈んでいたので
自衛隊さんによる本格的な捜索が行われたのは
4月になってから。

そんな状況に置かれていた場所をあなたは

美しい元の風景に戻った

などと不謹慎極まりない発言をされたのですよ。
人として理解不能な発言ですね。
Posted by あなたは被害にあった方を考えないのですか? at 2012年08月06日 11:30

>海水の底になって瓦礫が見えないだけです。

水が退いてからの八沢浦に行ったけど
あそこは瓦礫の山ではなかった

やはり家が密集していなかったため他とは違っていた、田んぼの中には家は一軒くらいしかなかった

>元々家が少ないから?
>亡くなった方もたくさんいました。
>0歳児から高齢者まで。本当にたくさん。

正確に報告できますか?
自分の感じでは死者はどれくらいでしたか
村が壊滅したのとは違う

>干拓記念碑が倒されていた?
>あれは倒されたのではなく
>地震で倒れたんです。

地震で倒れたんです、他に倒れようがないでしょう
誤解しているようです


八沢浦は正直、入江になったとき驚嘆した
元の自然状態にもどったことは確かです
それは美しい光景でした

確かにそこで被害にあった人はいました
津浪では無惨な被害だけが伝えられていますが
自然の驚異があり自然の美が再現した所もあった

あなたは自衛隊の方ですか?
死体を探していした人もいました
被害にあった人の冥福はお祈りします
また自衛隊の方には感謝します

ただ自分としては正直に報告しただけです
このペ-ジは相当の人が見たようです

確かに無数の無惨な被害がありました
その凄惨な写真ばかりが放送されています

ここでは確かに被害にあった人はいます
でも人家が少ないから被害は少なかった

原初の自然の美が一時的に再現した
それに驚嘆したことを正直に伝えるのも
報道の一つでしょう

海老村とか烏崎村は悲惨でした
村自体が壊滅しましたから

でも八沢浦は家がまばらでありあのような
凄惨な被害はなかった

津浪についてはいろいろな伝え方があります
だからあなたの発言も一方的であり
すべての人が凄惨な被害だけしかなかったとは言えない

一部でも美しい自然が再現したことは事実です
これは否定できないです

一時にしろ本当に原初の入江にもどった
凄惨な風景はそこにはなかった
それは美しい驚嘆すべき光景でした
それはただ奇跡のように正直驚嘆しました

被害にあった方の冥福はお祈りしますが
このことはまた別問題です
Posted by プログ主(小林) at 2012年08月07日 19:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44114737
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック