2011年01月22日

未来への詩(2011)


未来への詩(2011)


Right appealed mountain


軽やかに未来の空は透き通っている

冬の真澄の空のようにどこまでも

力強く真直に樹々は立つ

塵も凍りて大気は澄みきひきしまる樹

風は寥々と梢に鳴りぬ

飛翔する鳥は喜々と彼方の未知なる世界へ

希望は高く天に達せむ

大地を踏みしめ牛のごとく歩め

力は大地よりわき上がり

大地の実りこそ真の実り

今の忍耐の一歩は未来に通ず一歩

人は今にはあらじ未来に向かって進む

大いなる未来こそ夢見て死すべし

今成らざるものが未来に成らむ

神の御意によりて成らむ

広々とした世界の大気を吸いこみ

その視界をさらに拡大せよ

新しき陽は赫燿と未来に向かって昇る

衰えざる光明の強さに新年は明けぬ

闇を払う光のますます強かれ

さらなる崇高なる峰を仰ぎ心高鳴る

厳しくも真を顕かに示現す大山岳

高らかに正義の詩を発揚すべし

この世に闇は深けれど神の力は全地に満ちむ

全地は神のものなり人のものにあらず

全権は神にあり人にあらじも

新しき天と地を望み成るべし

全能の神は成しえざることを成しぬ

海は割れエジプトの軛を脱して

新しき神の都、エレサレムを目指す

永久なる都よ、神に祝福されし都よ、闇なき都よ

朽ちざる命のそこにあるべし

posted by 老鶯 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書の言葉と詩など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42783808
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック