2010年12月20日

冬は万物の眠りの季(詩)



     冬は万物の眠りの季

純白の静謐の衣をまとい白鳥は眠りにつく

鴨の群れも侍従のように眠りにつく

山も樹も石も眠りにつく

互いに傷つけることなく

平和がそこにあり深い眠りにつく

人のみが乱れ心が休まらない

人のみが絶えず傷つけあいぬ

人の騒擾は終わることがない

冬は万物の眠りの季

死者も今は騒がず深い眠りにつきぬ

やがて雪が再び大地を覆い

地上の汚れを覆い隠す

大いなる自然のリズムに合わせるがよし

人のいかに文明に誇るとも

大いなる自然にかなうことなし

自然に人は従い生きるが定め

冬は万物の眠りの季

自然に逆らわず眠るべしかな

posted by 老鶯 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42174619
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック