2007年04月28日

洞爺湖(短歌と写真)

toyayuyake.jpg

〔洞爺湖〕

広々と洞爺湖より吹く風や湖畔通りの涼しき夕辺

洞爺湖の涼しく暮れて羊蹄の姿美し夕焼けの雲

洞爺湖の岸辺をわたり飛ぶ鳥の声の澄みしも朝の静けし

洞爺湖の湖畔の道に小雨ふり丈高きかもアザミ見上げる

洞爺湖の朝の岸辺にヒメマスの銀鱗光り群れ寄りにき

洞爺湖の朝の岡の畑とり入れや郭公鳴きて旅人の去る


洞爺湖の写真がでてきたのでこちらにまとめた。人間の記憶ほど頼りにならないものはない、いかに記憶では写真が優れているかわかる。アザミも丈が高いなとは記録していたがこれほどには記憶していなかった。このアザミは何のアザミかわからない、でもこれだけ丈が高いのである。写真で見て驚いたのだ。洞爺湖から羊蹄山が見えた。あの山も独立峰だから美しいのだ。岩手山もそうである。独立峰は見るだけでもいい、洞爺湖は確かに北海道的な輪郭の明確な美しい場所である。

プログは分類するのに向いている。一つの場所やテ−マで分類する。それにコメントをつけてゆくのに向いている。前はホ−ムペ−ジに一度に出していたがここでは場所ごとに分類してゆくのもいい、短いからその場所についてふりかえることもできる。一連のものとして書くとホ−ムペ−ジがいいのである。検索ではある場所の情報を欲しい人がいるのでその人には役に立つ。

toyaazap1.jpg
 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3858839
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック