2010年02月12日

相馬野馬追いとヨ-ロッパ戦争の叙事詩(ミルトンの詩より)-消えた記事を回復


相馬野馬追いとヨ-ロッパ戦争の叙事詩(ミルトンの詩より)

さて今や厳しき命下る

勇ましき喇叭高らかに響き・・・と鳴りわたれば

彼の大いなる 旗を掲ぐべしと

丈高き天使ゼイゼルこの高き誉れは我がものぞと思う

彼ただちに煌めく旗竿より

帝王のしるしをひろげぬ

いと高く掲げられ風になびきて流星のごとく輝く

天使の紋章勝利のしるしなど

宝石と黄金の光ゆたかにちりばめられたり

この間喇叭は戦いの調べを・・・と吹き鳴らしたり

今や群れいる全軍の将兵一せいに喊声をあげ

地獄の底をつんざき

かなた老いたる夜との国土をも震駭す

たちまち薄暗をすかして見ゆ

一万の幟虚空にそそりたち

華やかなる色どりもてはためけるさま

同時に巨いなる林のごとく槍もそそり立ち

群れなす兜 密集せる楯の列限りなく続けり

やがて彼らは整然たる方形陣を成して

横笛 縦笛のド-リア風の調べに合わせつつ

前進を開始したり

ミルトン(失楽園)

この詩と相馬野馬追いの祭りが酷似していた。

勇ましき喇叭鳴り渡り
勇ましき法螺貝鳴りわたり
天使ゼイゼルこの高き誉れは我がものぞと思う
妙見の神、北斗七星の旗を高く掲げ殿の誉れを得むと
横笛 縦笛のド-リア風の調べに合わせつつ前進を開始したり
相馬流山の軍歌をひびかせて誇らかに前進せり


今や城より出て主君から厳しき命下る

馬上一せいに勇ましき法螺貝鳴りわたり

相馬の山々、大地、海にも木霊して

藩主の下に 集結して打ち揃う相馬の武士(もののふ)

先祖代々の旗印はなびきて華麗に練り歩く

相馬流山の軍歌の雄々しくひびき

藩内の社もここに総結集して雲雀が原へ

武田菱の旗の護衛に北郷の大将の紫の母衣(ほろ)鮮やかに

先導す一の旗の伝令の若者は駆けめぐる

雲雀が原に千の旗ゆれ御神旗を馬せりあいて奪い合う

主君の誉れを得むと馳せ上る若武者の馬よ

この時老将も勇みかつての武勲の蘇る

人馬一体、荒ぶる馬の鼻息荒しも

山中郷、中ノ郷、小高郷、標葉郷、北郷、宇多郷

代々の郷士、大地を耕し郷土を守る者たち

今雲雀が原に相馬藩の力は結集せり

夏の大空に法螺貝はひびきわたり

村々に土着して、代々の旗は眩しい光のなかにはためけり

相馬藩の隅々の力のここに総決起して伊達に立ち向かう

三百年つづきて変わらず君主をいただき

相馬の武士の誇らかに年に一度の祭りかな

旗の役割
http://members.jcom.home.ne.jp/bamen1/souma2.htm

nomaoigenerall12.jpg


ヨ-ロッパというと日本と相当違っているように見えるけど共通点がかてりある。城があることや紋章が豊富なことは旗印が豊富なことににている。このミルトンの詩もまさにそうだった。野馬追いを詩にしたとしても違和感は全くなかったのだ。野馬追いの魅力は相馬藩のすべての力が結集することあった。そこが一番の魅力なのである。祭りにはそういう村や村々が藩が一体となるものがあった。今のようにすべてがばらばらとなってしまったとき、老いも若きも雲雀が原にすべて結集して一つとなることが魅力なのである。現代では世代もつながりがなくばらばらであり地域もばらばらであり総合につながりが希薄になる、ということは実は大地とのつながりも自然とのつながりもばらばらであり一体化しないことにも通じている。現代はあらゆるものが分割して部分化してばらばらになりすぎたのである。そのことが生きる力すら喪失させてしまっているのだ。これからは総合的な全体としてのつながりを回復することにある。それは自然と一体化して成される必要があるのだ。それを再現するのが相馬野馬追いやその他の各地の祭りなのである。そんなことは旧弊な昔にもどることであるとかなるが人間は常に一体化するものを目指す、大地(自然)と人間とが総合的に一体化することが人間の回復(ルネサンス)なのである。現代文明はあまりにも人間がばらばらになり部品化して生命力が疲弊してしまったのである。


平和の祭りならいいが戦争で一体化していいのかともなるが今の時代とは違う価値観の中で生きていたのだから今の考え方を時代を見ることはできない、ともかく当時はどういう感覚で生きていたのか、戦場に向かったのか、やはり今でも野馬追いに出る人は馬にのって先祖代々の旗をなびかせて出陣する人は当時の感覚を実感するのである。会社員とか事務員とか工場で働く人とか商人とかとは違う、何か誇らしいものを感じる。馬上の雄姿を再現する。だからおそらく金がかかるけど年に一度、昔に帰り侍に戻ることがやめられないのだろう。そうでなければなかなか野馬追いも文化財の維持だからというだけではつづかないだろう。別にこれを賛歌しても今の戦争賛歌とは違ったものである。


辛うじてこれだけは残っていた。結局「今日の一句一首」と「相馬郷土史研究」を二つに分けたときいくつかの記録が消失した。二つにそのまま残したおけば問題はなかった。別々にして一方だけにしたとき消失したのである。プログはホ-ムペ-ジのようにオフラインでは同じ様にみれないいし記事が無数に分割しているから消えやすいのだ。二つのプログに同じものを必ず記録していないとまずかった。プログは記録するには危険だった。この詩も結構貴重なものだった。あとは回復できなくなった。
 
posted by 老鶯 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史(相馬郷土史など)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35280447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック