2009年12月18日

相馬藩内の人の移動について


相馬藩内の人の移動について

●相馬藩の外部からの移民

南相馬市の鹿島区でも原町区でも前は鹿島町であり原町市であって街としてあり中心だったがもともとは鹿島村であり原町村だった。原町市が原町村だったというのは意外お思うかもしれないが原町村からは野馬追いに一つの姓で一つの旗しか記録のっていないのだ。他の村はいくつも旗が記されているから昔から農家として郷士が住み着いていたのである。一地域内にも人の移動がある。大きな移動は相馬氏の移住だった。次に大きな移動は越中や薩摩など全国にわたり相馬藩は飢饉に陥って人工が激減したとき三分の一くらい減ったとき相馬藩では「相馬、相馬と草木もなびく・・・」と民謡のコマ-シャルソングを作り全国から人を呼び寄せたのだ。だから鹿島区に薩摩内とか他にも九州地名が残っている。なぜ九州の方からまで相馬に来たのかというと様々な事情があった。薩摩に真宗が広まったのは越中などの薬売りが広めた。薩摩とは薬を通して深くかかわっていたのである。真宗が薩摩で禁止されて移住したとかあるのは薩摩と越中が薬を通して結ばれていたからである。相馬藩内で移民の影響はかなり大きかった。相馬藩の墓所を見れば必ず真宗系の墓が二割三割とありその影響を如実に知る。
今日見た六号線の脇の川子の小高い山の上の八龍神社のあるところから下ったところの墓所は三分の二くらい真宗系の墓であり越中などの移民でしめられていた。ここは集中的に越中の移民が住んだ場所だった。

富山の薬売りと薩摩藩」の周辺
http://atky.cocolog-nifty.com/bushou/2008/07/magn_8ec0.html

●鹿島区塩崎からの鹿島町への移動(中田氏など)
塩崎の中田氏は文政十年十月、越中砺波郡中田村より当地に来る
中田氏と大岩氏は一緒に来た

記録にはこうあるがこれは塩崎であり川子ではない、でも川子にも越中系の移民が多く住んだのである。塩崎から川子へと移民は拡大して住んだ。塩崎は越中の移民が多い場所だった。
中田とか大岩という姓は実際に鹿島区の鹿島町内にその姓の人が住んでいてその子孫である。もともと農家だったのだが町にきて大工とか菓子屋とかその他商売やら職人となって町を形成した。町はまず近郊の在-農村から移動した人たちによって人が集まり形成された。だから代々続いている家は少ない、でも農家だった家は町のなかでもかなりある。その家は広い庭と敷地をもっていたし今ももっている家がある。その家は古い家なのである。そのあとに職人や商売する人がすみついたのである。面白いのは鹿島区の鹿島村の橲原(じさばら)に橲原田がある。これも橲原の人が移り住んで田を作ってなづけた。橲原(じさばら)という奥から鹿島村に移り新しく田を作ったという不思議があるのだ。中田氏については明確だが大岩氏は大岩村から移り住んだのだろうか?不思議なのは詳細な字を記した地図に大岩下とある。これも地名だとするとこの大岩から大岩の姓となったのか、越中から移住したとなるともともと大岩姓だったのか、移住しても土地の名前をとることがある。相馬氏は移住しても相馬という地名はなかった。土地の名前の中村をとって中村と名乗る人はいた。とするとここに大岩という地名がありその地名を名にしたのか、この辺が混乱するのが姓と地名の関係なのである。

nakadajisa12.jpg
ooiwamura1.jpg
kawago12.JPG
●明治になってからの人の移動
相馬藩は小さいから中村市(今の相馬市)に城が作られてもそこに城勤めする人は少ない、郷士として農家として住み着いた。農業と武士の兼業だった。相馬藩で一揆が起こらなかったのは農民のなかに郷士が多く武士が多いから純粋の農民が少ないから不満があっても反乱できなかった。北朝鮮では兵士の数が多い、農民のなかにも兵士がどこでも交じっているからなかなか農民が苦しくても反乱を起こせないという、監視役の兵士がいたるところにいるからだ。明治維新で郷士が武士階級が廃止されると武士は失業したのだから職探しが大変だった。それで北海道への移民が推奨され武士が大量に移動した。仙台藩は伊達氏は大打撃を受けたし武士の数も多かったから移住した先が伊達氏となった。ゲルマン人の移動ではないが社会の大変革時期には大きな人の移動が起こる。絶えず人は移住している。小さい地域内でも移住しているのだ。また移住を強いられる運命にもあるのが人間である。一カ所で人が住むにも人が増えれば耕作地域を広げねばならない、それで分家して新しい土地を耕すことになる。明治維新でもやはり農業中心であり開墾することが新しく住む地域を広げることだった。それで相馬藩の中村の城下の武士は鹿島区の八沢浦を干拓して移り住んだ。田の中に妙見神社があるからわかる。普通は田の中には妙見神社はあまりないだろう。つまり城下に住んだ武士はまた郷士のように農業に帰ったのである。その頃まだ農業が主産業でありそれで人を養うほかなかった。相馬藩でも北海道にかなり移住した。どこだか不明になったが鹿島区江垂の宝財(ほうさい)踊りをしていた町があった。祭りも北海道に移民した人がそのまま伝えたのである。その後も人の移住はつづいた。遂には農耕地を開墾地を外国までにも求めるようになった。満州がそうでありそれが戦争にもつながったのである。日本にはもう開墾する土地がない、外国しかない、満州はどでかい、いくらでも土地はあるとなり移住が戦争となり悲劇を生んだのである。ゲルマン人の移動でないにしろ移住することが戦争になることがある。アメリカも移民がインディアンを殺戮してできた国であった。戦後も土地を求めて移民はつづいた。アメリカにもブラジルにもペル-にも移民がつづき藤森大統領まで出たことでもわかる。農業は土地が必要だから土地を求めて移動するようになるのだ。二十世紀になり工業化したが基本的には農業中心の世界だったのである。

原町の名の起こり
http://musubu.sblo.jp/article/25384267.html

 
 八沢浦の妙見の祠
http://www.musubu.jp/somahantokushoku.htm
posted by 老鶯 at 20:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 歴史(相馬郷土史など)
この記事へのコメント
始めまして! たまたま見つけまして、古い記事のようですが、書き込みさせていただきます。
実は私、大岩姓なので、内容に関心を持ちました。移動されて来た大岩氏は既に農業、商業に従事されていたのでしょうか? また、そこには大岩姓が多いのでしょうか? もし、よかったら教えていただけると嬉しいです。(笑)

実は、私の祖父は富山出身ですが、それより以前の記録は残っていません。
それで少し調べてみると、大岩姓というのは
近江で起こり、木地師と言われる人達を登録管理するようなことを9世紀頃から明治初期まで行った人達だということが分かってきました。
ただ、富山の大岩姓が果たして滋賀、岐阜、木曽辺りと繋がるかは今は全く不明です。
いずれにせよ、富山辺りから福島に大岩姓が移動したとなると興味はわきます。
全く別なサイトでは、会津藩の記録として大岩姓の士族が出てきたりもしました。もしかして、武家株でも手に入れ、身分を変えたのか等々、分からないことは沢山です。(笑)

また、拝見させてください。
Posted by 大岩と申します at 2011年06月08日 18:24
今になって気づきましたが、こんな書き込みは時節的には良くなかったような気がしてきました。
失礼致しました。
復興お祈り致します。
では。
Posted by BIG ROCK!! at 2011年06月09日 23:04
 こんにちは、光延 勉と申します。今回、初めてmailさせて頂きます。私は「日本家紋研究会」http://www.nihonkamon.com/ 会員で、自己サイト「姓氏地名研究会」http://blog.goo.ne.jp/sabroemon を開設しております。
 さて、私のサイトへ「BR(大岩の略)さん」という方から、「自家の大岩姓」について調べて欲しいということで、2か月間、調査して参りました。今回、その第一弾として「越中の大岩姓 part1」を記事発表しました。
 さて、今回調べて行く中で、富山県の大岩氏(出自調査中)が、関東方面へ移動した事実を探しておりましたら、こちら様の記事を見ました。
「塩崎の中田氏は文政十年十月、越中砺波郡中田村より当地に来る。中田氏と大岩氏は一緒に来た。」の記事を引用させて頂きたくお願いいたします。
 当然、こちら様のサイトを出典先として表記させて頂きます。             

 どうぞ、宜しくお願い致します。 光延 勉
Posted by 光延 勉 at 2011年06月29日 11:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34271217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック